2018年02月08日

「What is 和食 WASHOKU?」

20180208「What is 和食 WASHOKU?」.png

服部 幸應/服部 津貴子 監修
こどもくらぶ 編
ミネルヴァ書房 出版

 出張で来日した外国の同僚と食事に行くときなど、日本食について説明することができれば、おそらく喜んでもらえると思っても、わたしには難しくてできません。それで、この本に惹かれ、読んでみました。この本では、日常的な和食だけでなく、地方色豊かな名物料理やハレの日の料理も、薀蓄とともに紹介されていて、英訳も添えられています。(しかも日本語学習者も日本語で読めるよう、すべての漢字にルビがふられています。)

 読んでわかったのは、日本食を外国の方々に説明できずにきた理由は、知らないことが多過ぎたということです。

 知らずにいたことのひとつは、英語の語彙を使うコツがわかっていなかったことです。たとえば、きのこ。この本では、mushroomと訳されていて、しめじ、干しいたけ、えのきといった違いを説明する必要があるときは、それぞれ、shimeji mushroom、dried shiitake mushroom、enoki mushroomとされています。しめじを shimeji と呼べば、shimeji の説明が必要になりますが、shimeji mushroom とすれば、誰でもわかります。見れば納得のテクニックなのですが、考えつきませんでした。

 ほかにも、これまでウン十年ものあいだ接してきた懐石料理が、もともとは茶の湯の席に招いたお客さまに、お茶を飲む前に食べていただく質素な料理のことだったとは、知りませんでした。おなかをすかせたままではお茶をおいしく味わえないため、お茶を飲むのにさしつかえのない程度の食事を準備していたとか。この『懐石』は、禅宗のお坊さんが、懐にあたためた石を入れて、空腹や寒さをしのいだことからきたことばだそうです。こういった背景は、漢字を見ておおよその見当のつく中国系の人たちに説明すると楽しんでいただけそうです。

 これからは、外国の方々と食事に行く前にこの本を引っ張りだして、予習していきたいと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

「謎解きの英文法 文の意味」

20171023「謎解きの英文法 文の意味」.png

久野 すすむ/高見 健一 著
くろしお出版 出版

 あまり期待せず軽い気持ちで借りたのですが、想像を遥かに超えて良かったです。こういう本で文法を学べば、文法に対する苦手意識を持つわたしのような学習者が減るのではないかと思ったほどです。

 特に勉強になったと思ったのは、I.二重目的語構文と II.受動態です。

I.二重目的語構文

 二重目的語は、以下の a. ような文です。
a. John taught Mary English.
b. John taught English to Mary.

 まず、驚いたのが、a. と b. では、b. のほうが基本だということです。以下 c. から d. は、どれも似ていますが、冠詞の違いに気をつけてみると、c. だけが旧情報 (the) よりあとに新情報 (a) 情報が出現します。よって、c. は自然な流れです。いっぽう、d. も e. も新情報より旧情報があとにきていますが、d. は基本形なので、自然な文になりますが、e. は不自然になります。あくまで、この一文で見た場合に限るので、前後の流れによって結果が変わることはあるそうです。

c. John gave the book to a girl. (自然)
d. John gave a book to the girl. (自然)
e. John gave a girl the book. (不自然)
 
 さらに、a. と b. には、ニュアンスの違いがあって、a. は、「ジョンがメアリーに英語を教えた」結果、メアリーが英語を学んで身につけたという含意があるのに対して、b. には、そのような含意がないそうです。いままで知らずに使っていました。

II.受動態

 受動態の項では、自然な受動態の文になるためには、以下の 1. と 2. (2-1.または2-2.) の条件を満たす必要があると説明されていました。

1. 能動形で他動詞となる文は、目的語の指示対象(つまり他動詞の目的語)が、動詞が表す動作の総体的ターゲットでなければならない。

『総体的ターゲット』ということばが、わたしには難しかったのですが、影響を受けて変化がもたらされるといった何かのターゲットになるという意味のようです。たとえば、ふつうの教授がひとり退職したことによって大学が受ける影響はないと考えるのが一般的なのでと、以下の (1) は、受動態として不自然になるそうです。

(1) The University of Hawaii was quit by Professor Smith in 1960.

2. 2-1.または2-2.の条件を満たさなければならない。

2-1. 受け身文は、その動詞が表わす動作が、その主語の指示対象の状態に変化をもたらしたことに関心を寄せる内容でなければならない。

(2-1) Today's mail was delivered by our regular mailman.

(2-1) は、昨日の郵便ではなく、今日の郵便に注目しているので、自然な受け身文です。

2-2. 受け身文は、話し手がその主語を性格づける内容でなければならない。

(2-2) Hamlet has been ready by millions of people all over the world.

(2-2) の場合、ハムレットが世界中の何百万人という人々に読まれるほどだという特徴を表わしているので、自然な受け身文です。

 二重目的語構文にしろ受動態にしろ、学生のころ、書き換え問題を散々させられた記憶がありますが、最終的には何もないところから自分の意見を書くことが求められるのですから、能動態を受動態にする手順、あるいはその逆の手順といったことより、こういった理論を学ぶべきだったと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

「英語生活力検定」

20170929「英語生活力検定」.png

小山内 大 著
大修館書店 出版

 英語で仕事をしているので、それこそ何千回も使ってきた言い回しをいくつも知っているいっぽう、日常的な会話は、ほとんどできません。会議の合い間など些細なやりとりに困ってはいるものの、優先度の高いほかのことに時間をとられてなかなか習得できないのですが、この本は、隙間時間に三択クイズなどをこなしていけば、表現が身についていく点が便利です。知らなければ、勘違いしてしまうと思ったのは、以下のような問題です。

Q1. プレゼントを渡したら、
"It's a nice gesture."と言われました。どのような意味でしょうか?

Q2. 好きな男の子にふられてしまったことを友達に話したところ、
"What a shame!" と言われました。どのような意味でしょうか?

Q3. 「ぐっすり眠りなさい」と子どもなどに言うときは
"Good night, sleep ( )." と言いますが、 ( ) に入るのは何でしょうか?

答えは、それぞれ以下のようになっています。

A1. 親切にどうもありがとう。

A2. それは残念だね。

A3. tight、fast、sound などが決まった言い方。

 やはり学んでおくべきだと思った表現は、以下です。
「今朝は頭が割れるように痛むので、病気で仕事を休むという電話をします。」

I have a ( 1-1 ) headache this morning, so I have to call in ( 1-2 ) to my office.
選択肢:
1-1 (a) beating (b) breaking (c) pounding
1-2 (a) disease (b) ill (c) sick

答えは、

1-1 (c)
1-2 (c)

"call in sick" は、「体調が悪いので、学校や会社に電話をかけて休むことを知らせる」という意味だそうです。頻繁に起こるできごとは、短い表現であらわすことがありますが、知らないと全然わからないので、コツコツ表現をためていくしかないのだろうと思いました。

 自分でも意外だったのは、物音や動物などの鳴き声や動作に関する表現は、かなり正答率が高くなりました。ミステリなどを読むせいかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

「えっ! この表現でそんな意味? 英語おもしろノート」

20170716「英語おもしろノート」.png

 知ってよかったと思えた表現に次の2つがあります。

ーget the sack は、『クビになる』の意

『袋を手に入れる』のこの袋 sack は、職人が自分の道具を入れておく袋で、産業革命の初期、職人は雇われている間、自分の道具を袋に入れて雇い主に預けることになっていたそうです。つまり、その袋が職人の手に戻るときは、クビになったときということから、この表現が生まれたそうです。(反対の立場で人をクビにするときは、『give someone the sack』。)
同様に、pink slip をもらっても解雇されたことになります。こちらは、解雇通知書がピンク色だったことから、きています。なんでも給料袋に入っていたとか。

ーred tape は、 『お役所仕事』の意

 次の例文の red tape は『(形式にこだわる)お役所仕事』、『(お役所などの)面倒な手続き』『官僚の形式主義的手続き』を意味するそうです。なぜなら、18〜19世紀のイギリスでは、役人が公文書を保管するために、書類を丸めて red tape (赤いテープ) で留めるのが習わしだったため、その赤いテープで留めたり解いたりしなければならず、かなりの時間を要したから。
A: How is your business going?
B: Not so good. I work with government offices. It takes so long to get past the red tape.

 次は、この本を読む前から知っていた表現ですが、読んだことにより、理解が深まりました。

ーhit the spot は、『満足させる』の意

 仕事を終え、花見などをしながらビールをひと口。こんなときに聞く hit the spot。この spot がどこか、気になっていました。本書によると、飲んだり食べたりする場所 (部位)、つまり『胃』のことだそうです。その場所 (部位) に、その飢えや乾きを満たすものが『触れる』ので、『満足させる』の意味になるそうです。疑問が消えました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

「歴史をかえた誤訳」

20170525「歴史をかえた誤訳」.png

鳥飼 玖美子 著
新潮社 出版

 タイトルにある『誤訳』は、時間や能力などに限りがあって、意図せず間違えてしまった訳ではなく、広い意味での誤った訳のことです。『あやまる』ということばを広辞苑 (第6版) で引くと、ひとつに『普通の状態からはずれる。正常でなくなる。』とあり、この意味が近いと思います。それら誤訳を自分なりに分類してみると、以下のようになりました。

1. 能力がまったく足りていないのに通訳や翻訳をした結果、コミュニケーションが成立しなくなったケース

 論外のケースで、著者のおっしゃるとおりという感想しかありませんでした。

2. 思い込みなどに阻まれ、意図せず一部間違えたケース

<例>
日本語:大きな航空母艦
訳された英語:unsinkable aircraft carrier (不沈空母)

 この『不沈空母』は、実際には大型船舶ではなく、沈みようのない航空基地を意味しています。この間違いの背景は、本書で詳しく説明されていますが、通訳の場合、翻訳に比べて時間的制約が大きく、つい間違えてしまうことは、あり得ると思います。首脳会談などの通訳は、本当に大変だなと思わず同情してしまいました。

3. 黒子として通訳や翻訳に携わるのではなく、自らにとって都合のいいように意図的に歪めたケース

 1999年の日米防衛協力のための指針(ガイドライン)関連法案の検討に際し、政府が意図的に軍事色が薄れる訳にしているとして、新ガイドライン研究会という団体が自らの訳と政府訳を比較対照し、説明を加えた書籍(「超明快訳で読み解く日米新ガイドライン」)を出版しました。以下は、本書で紹介されているその抜粋です。本書に紹介されている文脈では、新ガイドライン研究会の指摘が、わたしには妥当に見えました。

<例>
mutual cooperation planning in situations in areas surrounding Japan
同研究会訳:日本周辺地域における事態での相互共同作戦計画作成
政府訳:周辺事態に際しての相互協力計画

sea lines of communication
同研究会訳:海上補給路
政府訳:海上交通

logistics support activities
同研究会訳:兵站支援活動
政府訳:後方支援活動

intelligence gathering and surveillance
同研究会訳:諜報収集と監視
政府訳:情報収集及び警戒監視

4. 文化的背景を考慮すべき場面で、苦慮するケース

<例>
(日米貿易摩擦の原因となった日本の繊維製品輸出の自主規制を求められた場面で)
日本語:善処します
訳された英語:I'll do my best

『善処』すると言われて、結果を期待する日本人は少ないと思いますが、英語の best は、かなり積極的に聞こえます。ちなみに、広辞苑第6版で『善処』をひくと、『物事をうまく処置すること』とあります。辞書に載っている意味から離れて訳すのは難しく感じるいっぽう、あとになって『最善を尽くす』と言ったではないかという議論になっても困ると感じました。

 以下は文学作品からの例です。本書のタイトルからは一番離れている話題ですが、一番楽しめました。

<例>
太宰治の「斜陽」:
お昼すこし前に、下の村の先生がまた見えられた。こんどはお袴は着けていなかったが、白足袋は、やはりはいておられた。

ドナルド・キーン訳:
A little before noon the doctor appeared again. This time he was in slightly less formal attire, but he still wore his white gloves.

 男性の白足袋という日本の正装を白手袋という英語圏での正装に置き換えている点で名訳とされていると紹介されています。もしわたしがアメリカ人で、日本文学に興味をもって読む機会があったら、袴は袴として、白足袋は白足袋として登場してもらいたいと思いますが、これが名訳とされることには納得できます。

 通訳とか翻訳は、わたしにとって興味の尽きない話題です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする