2018年04月17日

「日本語は美しいか―若者の母語意識と言語観が語るもの」

20180417「日本語は美しいか」.png

遠藤 織枝/桜井 隆 著
三元社 出版

『まとまりのない残念な出来の本』です。とても興味深いコンテンツが含まれているいっぽうで、一冊の本には一定のテーマが必要だということも、本は読者との対話だということも、忘れ去られているように思いました。

 この本は、「第 1 部 美しい日本語」、「第 2 部 敬語」、「第 3 部 調査報告 4 つの言語の言語観」の三部構成になっています。「第 3 部」は、各地 (日本、韓国、ニュージーランド、中国 (北京と武漢)) の学生 (ニュージーランドは、例外的に学生に限定されません) を対象にそれぞれの言語について思い浮かぶイメージを問うた調査とその分析で、とてもおもしろく読めました。

 まず、調査地点によってニュージーランドとアジアで分けて見ることができますが、アジア内でも日本と韓国はそれぞれ日本語と韓国を母語として育つのが一般的ですが、中国は中国語 (おそらくMandarin Chinese) を母語としない学生も多く、ニュージーランドとの共通点が見つけられます。

 次に、日本と韓国では文字による違いがあらわれ、韓国ではハングルやその祖となった世宗に言及する学生が多いのですが、日本では、漢字とひらがなとカタカナという文字の混在に言及する学生が多くなっています。

 このように「第 3 部」については、読者が自身がさまざまな視点で比較もできますし、分析内容も簡潔かつ明瞭でした。

 問題なのは、表紙のタイトルと「第 3 部」のあいだにある内容です。「第 1 部」では、日本人は、「日本語は美しい」と感じたり、「美しい日本語」を大切にすべきと思っていると述べたうえで、その考えに影響を与えたであろう過去の主張を列挙し、それぞれに反論しています。「第 2 部」では、「日本語は美しい」といわれる根拠は敬語にあるかのように敬語をとりあげ、複数の映画に登場する会話から敬語を拾っています。

 出発点である『「日本語は美しい」と思っている日本人』という図式の根拠が薄弱で、「第 1 部」は、砂上の楼閣を思わせます。また、「美しい日本語」と「敬語」に客観的な関連性を見いだせず、「第 2 部」は、唐突に感じられます。さらに「第 3 部」では、現代の日本人 (学生) が『日本語は美しい』などと思っていないことが明らかになるため、全体の流れとして不自然です。

「第 3 部」の調査と分析が的確なだけに残念な印象が残りました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

「ビミョウに異なる 類義の日本語」

20180410「類義の日本語」.png

北原 保雄 著
小学館 出版

 タイトルにあるようにビミョウに違うことばを比べているのですが、驚いたことがいくつかありました。

 まず、ワイシャツとカッターシャツ。これらが同じ衣類を指していることは、実物を見ていればわかることなのですが、驚いたのはカッターシャツの語源です。スポーツ用品メーカーの美津濃 (現ミズノ) の元社長水野利八氏が「勝った」をもじって作ったそうです。『カッター』が日本語だったなんて驚きです。

 次に、ウールとカシミヤ。ウールが羊毛、カシミヤがカシミヤ山羊の軟毛から作られ、そのカシミヤ山羊はインド北部のカシミール地方およびチベットが原産で、冬は寒くて乾燥し、夏は熱帯という温度差の激しい高度 1000m の山奥に生息するという説明はいいのですが、驚いたのはその量です。カシミヤ山羊からセーターを 1 枚編むのに約 4 頭分、コートだと約 30 頭分もの原毛が必要になるそうです。カシミヤのコートを見るたび、軽くて暖かいけれど、お高いと思っていた態度をあらためる気になりました。

 最後は、同じだと思っていたのに実は違っていたもの 2 組です。まずは、クッキーとビスケット。一般社団法人全国ビスケット協会によると、「日本では糖分や脂肪分の合計が 40% 以上含まれていて、手作り風の外観をもつものを、クッキーと呼んでもよいという決まりがあり、両者を区別して使う傾向がある」とのことです。クッキーと呼ぶ要件の存在を初めて知りました。次は、ぼた餅とおはぎ。春は『ぼた餅』、秋は『おはぎ』と呼ぶのですが、両者のあいだに小豆の収穫時期が挟まります。収穫したての小豆は皮ごと食べられるいっぽう、春になると皮が固くなって口当たりが悪くなります。その結果、秋は、粒々としたつぶ餡で萩の花のように仕立て、春は、皮を取り除いた滑らかなこし餡で牡丹の花のようにするようになったというわけです。

 どれもビミョウな違いのお話でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

「オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで」

20180409「オノマトペの謎」.png

窪薗 晴夫 編
岩波書店 出版

 8人の専門家がそれぞれのオノマトペに関する論点を披露しています。とりわけ面白かったのは浜野祥子氏の『「スクスク」と「クスクス」はどうして意味が違うの?』と坂本真樹氏の『「モフモフ」はどうやって生まれたの?』です。

 ひとつめの『「スクスク」と「クスクス」はどうして意味が違うの?』。まず前提として、オノマトペでは、個々の音が意味を持っていると知る必要があります。聞いたことのないオノマトペでも、なんとなく言わんとすることが理解できるのは、そのせいです。しかし、「スクスク」と「クスクス」は、同じ音を同じ数だけ使っているのに、受ける印象が違うのが不思議だという意味で、このタイトルになっています。結論は、子音の位置が 1 番目になるか 2 番目なるかで、象徴するものが以下のように違ってくるというものです。

第 1 子音第 2 子音
k/g 硬い表面 空洞、上下、内外の動き 
t/d張りつめていない表面 打撃、接着
s/z流動体、滑らかな表面摩擦
p/b張りのある表面破裂

 以下は、オノマトペを訓令式のローマ字 (例外として撥音「ん」には N、 促音「っ」には Q) を使ってあらわした例文です。

(1) 子供が階段をストン (sutoN) と滑り落ちた。
(2) 大きな葉をバサバサ (basabasa) 切った。
(3) 濡れた紙が顔にペタッ (petaQ) と張り付いた。
(4) 名人は、刀で竹をスパッ (supaQ) と二つに切った。
(5) 酒をトクトク (tokutoku) 注いだ。
(6) きつつきが木の幹をコツコツ (kotukotu) つっついている。

s は、(1) の第 1 子音で「滑らかさ」を感じさせ、(2) のように第 2 子音になると、「運動」を感じさせています。
p は、(3) の第 1 子音で「張りのある表面」を感じさせ、(4) の第 2 子音では「破裂」を感じさせています。
t は、(5) の第 1 子音で「弛緩した表面」を感じさせ、(6) の第 2 子音では「外に出る運動」をあらわしています。

 ひとつひとつ説明されると、オノマトペの場合、聞いたことがなくてもかなり正確にニュアンスが汲みとれるのは、気のせいではないと納得できます。

 次に『「モフモフ」はどうやって生まれたの?』。『「スクスク」と「クスクス」はどうして意味が違うの?』を読んだあとだったので、最近まで存在しなかった「モフモフ」という表現が伝える感触が瞬時に理解され、広く使われるようになった事実を容易に理解することができました。

 それでも、紹介されていたオノマトペの数値化プログラムには驚きました。ひとつのオノマトペを入力すると、明るいと暗い、暖かいと冷たい、厚いと薄いなど 43 の反意語ペアそれぞれに 0 から 1 の範囲の数値が表示されます。モフモフを入力すると、『やわらかい』が 0.82、『(『鋭い』の反意語としての) 鈍い』が 0.57、『(『シャープな』の反意語としての) マイルドな』が 0.56、『暖かい』が 0.54、『(『薄い』の反意語としての) 厚い』が 0.44、『(『激しい』の反意語としての) 穏やかな』が 0.42 といった納得できる数値が並んでいます。ここまで数値化できると示されると、わたしたちが音に対して何かを感じていると思っても、感性などまったく関係なく、理詰めで考えているのではないかと思わずにはいられません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

「日本語でどづぞ」

20170914「日本語でどづぞ」.png

柳沢 有紀夫 著
中経出版 出版

 タイトルは、ケアンズの射撃場が出していた広告の間違いだそうです。オーストラリアの観光地でこんな間違いが見つかるのかと驚いて見たところ、この本の出版は2007年と、古い情報のようです。

 いまは、翻訳ソフトの精度もあがり、ソフトの出力をコピペすれば、この手の間違いは避けられ、実際同僚の外国人のなかには、日本でタクシーに乗って行き先を伝えたり、ちょっとした依頼を告げるとき、すべて翻訳ソフトで間に合わせている人もいます。そういった時代の流れを考えると、何とかして日本人観光客の気を惹こうと頑張ったものの、驚くような日本語の間違いを披露する羽目になった光景が目に浮かぶと懐かしい気分になります。

 ただ、そこに日本語を使う必要があるのかと疑問に思うケースもかなりあり、著者も紹介例の『多くは日本人ではなく、基本的には現地の人を対象にした商品』と認めています。では、なぜ日本語を見てわからない人々のためにわざわざ日本語で表記するのかを、著者は『「日本語はカッコいい」と思っているからにほかならない』と説明しています。著者がいた広告業界では、意味がわからなくてもおしゃれに見えるものを「単なるデザインエレメンツ」と呼び、日本では英語を「デザインエレメンツ」としていたという例を挙げています。根拠薄弱な説明ではありますが、否定する根拠もありません。なにしろ日本でも意味不明な英語が氾濫していたのは事実ですから。

 著者のこの考察は、わたしにとって興味深いものではありますが、この本の扱いとしては、こうなった原因を考えるのではなく、あれこれツッコミながら、笑って読むのが正解だと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

「ことばの教養」

20170727「ことばの教養」.png

外山 滋比古 著
中央公論新社 出版

 ことばに関する考察のエッセイがまとめられた書籍です。興味が湧いた話題が2点ありました。

 ひとつめは、句読点です。以下の文は、句点(。)と読点(、)の使い分けに用いられた例文です。

ひとりぼんやり考えた。このままではしかたがない。何とか動き出す必要がある。それには、しかし先立つものがほしい。それをどうするか。そのとき台所の方でガタンという大きな音がした。われにかえってあたりを見回す。

 上記の「ぼんやり考えた」内容は、どこまでかと著者は問うています。答えは、「それはどうするか。」という文までです。日本語を母語としない読者を想定すれば、考えた内容を「このままではしかたがない。」までとする解釈もあり得るとして、以下のように読点を用いることを検討しています。

ひとりぼんやり考えた。このままではしかたがない、何とか動き出す必要がある、それには、しかし先立つものがほしい、それをどうするか。そのとき台所の方でガタンという大きな音がした。われにかえってあたりを見回す。

 著者は、このような読点の使い方を推奨しているわけではありませんが、おもしろい考察だと思いました。

 ふたつめは、ことばの当たりに関する話題です。コカ・コーラのうたい文句であるドリンク・コカコーラ(コカコーラを飲め)を例にあげて、日本人はつよいことばをはばかると著者は主張しています。このうたい文句が世界中でその国のことばに訳されて使われているのにもかかわらず、日本だけは命令形が受けつけられず、"スカットさわやかコカコーラ"になったというのです。

 著者は、こういったつよいことばをはばかる慣習を重んじ、ことばの当たりをソフトにするよう提言しています。そのとおりだと思ういっぽう、著者が「イエスかノーかをはっきりさせる」ことと「マアマア、どうぞよろしくのアイマイ」を対立させて考え、「イエスかノーかをはっきりさせる」こととソフトな当たりが相容れないような印象を与えていることが残念でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする