2015年07月24日

「辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術」

20150724「辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術」.jpg

飯間 浩明 著
PHP研究所 出版

 三省堂国語辞典の編纂に携わっている著者が、日々どのようにことばを集め、それらに向き合っているかが、おぼろげながらわかってくる内容です。日本語を使いこなしていくうえで、著者なりに決めているルールがいくつか紹介されています。

<漢字と仮名の使い分けルール>

A. 「いつも文末に来ることば」「いつも文の最初に来ることば」は、基本的にひらがなで書く
たとえば、「〜事が出来る」ではなく「〜ことができる」、「〜様になる」ではなく「〜ようになる」という具合です。

B. 「むずかしい字」「みんなが読めないような字」は、できるだけひらがなで書く
たとえば、「繋がる」ではなく「つながる」と書くそうです。

 それでも迷うときは、漢字・仮名のいずれの表記がいいか示した、三省堂国語辞典のような辞書を使うという方法もあるそうです。どうやら、もともと当て字だった漢字などは、仮名で書いたほうがいいと記載されているようです。

<読点を打つルール>

1. 「出来事」と「出来事」の間に打つ
たとえば、
学校から帰ってから、彩ちゃんと渋谷へ映画を見に行ったが、つまらなかったので、途中で出てきて、カフェでずっと話していた。

2. 割り込んだ部分の直前に打つ
たとえば、
彩ちゃんが、フランスで修業したシェフのレストランに連れて行ってくれた。

2. は、読んでいる途中で、彩ちゃんがフランスで修業したかのように(読み手に)誤解させる心配がなくなるので、合理的なルールだと納得しました。1. のほうは、少し読点が多すぎる気がするのですが、このルールを読んだあとでは、どの読点を削るか悩みます。やはり出来事ごとに打つのは妥当なのでしょうか。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

「日本語相談 四」

20150327「日本語相談 四」.jpg

大野 晋/丸谷 才一/大岡 信/井上 ひさし 著
朝日新聞社 出版

日本語相談 二」同様、この四でも句読点をとりあげた相談に「おや?」と思いました。

 句読点は、そう古いものではないそうです。明治維新以後、西洋の本の影響を受けて、文章に句読点をつけて印刷するようになり、その型に合わせて、筆者が自分で句読点を打ちながら書く風俗が確立したとあります。

 優に千年を超える日本文学の歴史においては、句読点は新参者といっていいのかもしれません。

 短歌や俳句にも句読点を取り入れればわかりやすくなるという読者の問いかけに対して、丸谷氏は、『万葉』の歌に句読点を打った折口信夫の例を挙げて、「模糊たる趣を鮮明にしてしまふ」と評しています。

 誰もが散文を書く時代になってわたしたちは『わかりやすい』ことを必要以上に求めているのだろうか、ふとそう思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

「日本語相談 二」

20150313「日本語相談 二」.jpg

大野 晋/丸谷 才一/大岡 信/井上 ひさし 著
朝日新聞社 出版

 わたしが日本語関連の書籍を好んで読むのを知った方が譲ってくださった本なので、少し出版年が古く、いまは絶版になっているようです。

「週刊朝日」に寄せられた読者の質問に答えるかたちの連載コラムがまとめられたものです。回答陣が豪華メンバーですが、わたしはとりわけ丸谷氏の答えが好きです。

 句読点の使い方を問う読者にこう答えています。『わたしの好みで言へば、句読点なしでもすらすら読める文章に、ところどころ、筆者の親切として句読点がついてゐる、といふ感じの書き方が好きです。句読点に頼りすぎた文章は、面倒くさくて性に合ひません。』

 そもそも句読点に悩む読者が『句読点なしでもすらすら読める文章』を得手とするのか怪しいので、回答の名を借りた随筆のような内容です。

 また大岡氏の切り返しには、唸ってしまいました。『日一日』の読みを問う読者に次の句を紹介しています。

 梅一輪一輪ほどの暖かさ

『日一日』の読みとして『ヒヒトヒ』と『ヒイチニチ』があるように、この句にも二つの解釈があるというのです。

(1) 梅が一輪、また一輪と開くごとに、しだいに暖かさが増してゆく。春がやってきた。

(2) 梅が一輪だけ咲いた。その可憐な一輪にふさわしいほどの暖かさはたしかに感じられる。でも今はまだ冬だ。

 わからないという気持ちを二義性を愉しむ気持ちに変えてくれる切り返しです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

「日本語ってどんな言葉?」

20150214「日本語ってどんな言葉?」.jpg

佐々木 瑞枝 著
筑摩書房 出版

 日本語教師が生徒とのやりとりのなかで気づいたことが多岐にわたって書かれています。

 難しいといわれている助詞の使い方や副詞の使い分けを説明するエピソードもそれなりに得るものはありましたが、それ以上に共感できたのは、意思の疎通に問題がない日本語を話せても、日本人の気質や価値観のようなものを無視しては、円滑なコミュニケーションは難しいという考えです。

 この本のなかに遅刻をした生徒が理由を話すエピソードがあります。「〜というわけです」というフレーズを何度も使いながら、生徒が遅刻の言い訳をするのを聞いて、先生である著者は、「日本人に通用する日本語を教えるのはむずかしい。たとえ文法的に正しくても、相手に悪い感じを抱かせては、日本語が話せることが逆効果になってしまう。心して指導しなくては」と結んでいます。

 日本人の場合、たとえ理由があったとしても、まず謝罪があって、おまけとして言い訳がくるほうが、受け入れやすいと思います。ありとあらゆる背景の人が話す英語等を学ぶのに比べて、日本語学習は、日本文化の学習をも包括しているのかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

「日本語文法の謎を解く――「ある」日本語と「する」英語」

20150123「日本語文法の謎を解く」.jpg

金谷 武洋 著
筑摩書房 出版

日本人のための日本語文法入門」が面白かったので、日本語を教えるときに使われている日本語文法に関する本をまた読んでみました。

 日本語の構造に関しては、基本的に「日本人のための日本語文法入門」と似たような説明なのですが、とりわけ面白いと思ったのは、助詞の"は"を用いた"〜は"は、主語ではなく主題だという説明です。

 "〜は"は、主題であるということは、「日本人のための日本語文法入門」にも書かれてあったのですが、主語ではないという意見に納得はできても、主題というものが、いまひとつ理解できませんでした。しかし、以下のふたつの例を見ると、理解できたような気がしました。

例1) この本は、タイトルに惹かれた。すぐ読んだが面白かった。

例2) 吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生まれたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いて居た事丈は記憶して居る。

 どちらも最初に"〜は"と述べられた内容が、次の文以降に影響を及ぼしています。

 主語が登場したあとの文では、前の文と主語が変わっていないかぎり、その主語が省略されるという意見を聞いたことがあります。その意見に従って、上記の例を見てみます。例1においては、いずれの文でも"この本"が主語であるとは考えられません。また例2では、"〜は"は主語とする説に従えば、ふたつめの文の主語は"名前は"になってしまいますが、みっつめとよっつめの文の主語は、おそらく"吾輩"ではないでしょうか。

 日本語では、主語がもともと存在しないと考えるべきか、あるいは主語が省略されていると考えるべきかは不明ですが、どちらにしても助詞の"は"を目印に主語を見つけるのは意味がないと理解できました。

 これらの例文の"〜は"が次の文までも影響を及ぼしているのを見ると、主題というものが以前より把握できた気がします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする