2007年02月22日

「本を読むわたし―My Book Report」

20070222[HonwoYomuWatashi].jpg

華恵 著
筑摩書房 出版

 ラジオを聴いていると、昔なつかしい曲が流れてきました。ビーチまでドライブする途中によく聴いていた曲です。その曲を聴いていると、その当時ビーチで過ごした時間を鮮明に思い出しました。海の青さ、空と海の境界線、シャツの裾をはためかせる風、砂の熱さ、とりとめのない会話。

 静まりかえった池に、魚のえさを投げ入れたような感じです。魚のえさは、なつかしい曲。そのえさに群がる魚は、さっきまでの静かな池にいないと思っていた、昔々の記憶。

 「本を読むわたし―My Book Report」の著者、華恵さんにとって、色々な想い出と強く結びついているのは、いつもそこにあった本。本を手にとり、その表紙を眺めているとその本を選んだときのこと、読んだときに思ったこと、その当時に友達のこと、心にひっかかったできごとのこと、さまざまなことが本のページに挟まっているようです。

 華恵さんは、まだ15歳。とはいえ、文章はしっかりとしていて、彼女の繊細かつ豊かな感受性を十分に言葉に置き換える力を持っています。しかも、羨ましいことに、4歳程度の小さな頃のことを鮮明に覚えているのです。引越しをするたびに、大切に運んできた想い出の本が、昔の記憶を反芻させてくれているのかもしれません。

 14冊の本とその想い出が収められているのですが、本としての魅力を一番感じたのは、「I Like Me!」。アメリカでのひとりひとりの個性を認め尊重しようという考え方がいい方向に向けられている本のような気がします。いつか、手に取って読みたいと思いました。

 本に絡めた、彼女と人との交わりで一番羨ましいと思ったのは、「卒業」。本は卒業ですが、彼女の想い出は、おじいちゃんとおばあちゃんが入学式に来てくれたときのことや、そのあとの夏に花火を見に田舎を訪れたときのことです。華恵さんのお母さんとおじいちゃんは、色々ぶつかり合う仲です。親に対して素直になれないお母さん、子供が離婚したことに対しても怒鳴ってしまうおじいちゃん。その中に混じって華恵さんは、二人を細かく観察しながらも、おじいちゃんをいたわったり、お母さんの本当の気持ちを汲み取っています。彼女の優しさが伝わってきます。私は、華恵さんのお母さんのようなタイプなので、華恵さんや華恵さんのような素敵な娘を持つお母さんが羨ましく思います。

 この先の華恵さんの活躍を期待し、私の想い出と交わるような華恵さんの作品を心待ちにしたいと思います。
posted by 作楽 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

「豆本への招待」

20070219[MamehonhenoShoutai].jpg

桑原 宏 著
未来工房 出版

 豆本は、聖書や辞書など常に持ち歩きたい本のサイズを小さくしたことが始まりだと言われています。そのため、単に本のサイズやその中の文字サイズを小さくしただけの本が豆本であって当然なわけです。

 しかし、私個人が勝手に豆本に期待しているのは、"小さいゆえにかわいい"ということです。その上、その小さいサイズへの挑戦が感じられると、さらに嬉しくなってしまいます。

 そういう気持ちを充分満足させられる作品が数多く、写真つきで紹介されているのが、この「豆本への招待」です。

 昭和52年から平成6年にかけて、未来工房から出版された豆本が紹介されているのですが、写真が多用され、見ると欲しくなってしまうような豆本がたくさんあります。中でも、私が特別欲しいと思ったのは、ミニチュア家具シリーズです。小さな家具の中に豆本が収められているというもので、第T期5冊、第U期5冊、第V期5冊と合計で15冊にもなります。第T期は、机や本棚などの洋風家具、第U期は文机や鏡台などの和風家具、第V期は音シリーズです。おもしろいのは、音シリーズに便器が含まれていることです。私の一番のお気に入りは、第V期のジュークボックス。これは、「オルゴール美術館」で見た円盤が縦に格納されていて、コインを入れると音楽が鳴り出すタイプとそっくりにできています。

 また、この未来工房の豆本は執筆陣が豪華で肉筆サイン入りというのが特徴的です。池田満寿夫氏、五木寛之氏、田辺聖子氏、藤本義一氏、水上勉氏、宮尾登美子氏、吉行淳之介氏という考えられないような顔ぶれです。

 実物を手に取ることはできないだろうと思われる豆本ばかりですが、写真だけでも飽かずに眺めていられるものがページをめくるたびに現われます。

 豆本が好きな方は、この本自体も希少性が高いので、図書館か古本屋で探して、ぜひ眺めてみてください。興味が湧いてくる1冊があるはずです。
posted by 作楽 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

「打ちのめされるようなすごい本」

20061222[UchinomesareruyounaSugoiHon].jpg

米原 万里 著
文藝春秋 出版

 「必笑小咄のテクニック」に続いて2冊めの米原万里氏の本。

 何といっても、タイトルにインパクトがあります。「打ちのめされるようなすごい本」。どんな本だろうか、と想像は膨らみますが、話はこうです。

 ある作家がある本を読み、「これではもう私が書く意味がない、と思ったほどすごい本でした」と、米原氏に打ち明けます。そこへ米原氏が、そんな本より、もっとすごい、この本で、「打ちのめされなさい」と言うのです。どちらも読まずにはいられないと思わずメモを取ってしまいます。

 でも、すごい本はそれだけではないのです。米原氏の考えられない量の読書から選りすぐられた本に対し、するどい指摘や観察が加えられた読書日記や書評を読むにつれ、これを読みたい、読まなければ、という気持ちにさせられる本が次々と、しかも生き生きと目の前に現われてくるのです。なぜなら、米原氏の中で消化され、論理が組み立てられ、色々な本とその中のドラマが絡み合ってくるからなのです。

 この本を1冊読み終えた頃には、読みたい本が山積みになり、なぜもっと今までにこんなにいい本を読んでこなかったのか、という後悔に捕らわれ、今からでも間に合うのか、という焦りを感じます。そういう意味では、この本を手に取るのにも、それなりの覚悟が必要になります。

 そしてこの本のすごいところは、本に限った話題だけではありません。前半は読書日記、後半は書評という構成になっているのですが、前半の読書日記では、米原氏ご自身の癌との闘いやその備えとして読了された数々の本も紹介されています。

 ご自身が癌であるという状況にありながら、癌に関する本および医療についても、他の本に対するのと変わらない客観的かつ本質的な指摘が連なっているのを見ると、彼女の優れた判断力および精神力を強く感じます。

 幅広い知識、世界を見渡す視野、ユーモアのセンス、高い語学力、何をとっても、本当に惜しい人を亡くしたと、思わずにはいられません。
posted by 作楽 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(4) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

「ちいさな手づくり絵本」

20061124[ChiisanaTedukuriEhon].jpg

水野 真帆 著
毎日コミュニケーションズ 出版

 「美篶堂の「ちいさな手づくり絵本展」」を訪れたときに手にした「ちいさな手づくり絵本」。自分でも本を作ってみたいという気持ちを呼び起こさせてくれる本です。

 何かを自分で作ってみたいという気持ちを起こさせてくれるこの本の要素を考えてみました。

 一番大きな理由は、写真が多用されていて、見ながら作れば作れそうな印象を受けることだと思います。

 次に、かわいいイラストがあちらこちらに添えてあり、楽しい気分を盛り上げてくれます。かわいい〜、私も欲しい〜、といった勢いが出ます。

 最後のポイントは、事細かに指示され過ぎていないことです。こういうちょっとした工夫できれいに仕上がります、というアドバイスはありますが、この通り作りなさい、といった押し付けがましい感じが一切ありません。ご自分のアイデアで、膨らませてくださいね、といったメッセージを感じます。

 かわいい雑貨のように、見ていてかわいい5種類の本の作り方が載っていますが、私の一番のお気に入りは、「旅の写真絵本」。旅行鞄に見立てて作られた本は、旅行の写真や記念の細々したものを持っている方なら、本にまとめたくなるはず。

 実際に作っても作らなくても、楽しい気分が盛り上がる1冊は、時間を作って、何かを作りたいときのためにとっておきます。
posted by 作楽 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

「本とその周辺」

20061023[HontoSonoShuhen].jpg

武井 武雄 著
中央公論新社 出版

 このブログを始めるとき、テーマに本を選んだのは、やはり本が好きだからだと思います。でも、本が好き、と言いながら、本がどういうものだか、一度も考えたことがないのではないか、と思うようになりました。

 「」を読んだときも、本の部分部分にもきちんと名前があり、その素材やデザインなどに思いが込められて世に出てくるのだと、今さらながら思いが及んだ自分に呆れてしまいましたが、今回はそれ以上のショックを受けたように思います。

 「本とその周辺」の著者、武井武雄氏は、戦中および戦後の物資のない時代に、豆本と呼ばれる小型本を私刊本として世に送り出し続けた方です。武井氏の本に対する思い入れの深さはこの本1冊を読むだけで十分過ぎるくらい伝わってきます。

 武井氏はこの本の中でこう書いていらっしゃいます。「私のところへ来て私刊の豆本をごらんになるお客さんが、十中七八までは表紙や見返しは見ないで本文の第一頁から見出すので、そのうちまず上等の部類で最後に表紙を一寸おまけとしてみるくらいのものである。」私もその仲間に入ってしまいます。本は読むもの、その中の文章のみに意味があるもの、という考えが染み付いているように思います。そのような習慣に至った経緯、つまり何か考えたという記憶さえないのです。

 武井氏は、その理由をこう書いています。「本は読むものという観念が実に牢固としてしみついていて、本全体が一つの綜合作品だなどという事は夢にも思ってみないのだ。」私に限っていえば、その通りです。

 私は、一冊の本を出すまでに注がれた思いをちゃんと受け止めていないんじゃないか、と不安でいっぱいになりました。

 その一方で、武井氏の豆本を一度でいいから手にとって見てみたいという思いが湧いてきました。物資の乏しい時代に、採算や時間の制限を考えることなく、本を通して新しいことを新しい方法で次々と表現し続けた彼の綜合作品に対する興味は尽きません。

 武井氏のような一生を垣間見ると、私の一生は無駄の塊にしか思えず、憧れを感じながらも落ち込んでしまいます。
posted by 作楽 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする