2019年12月29日

「三つ編み」

20191229「三つ編み」.png

レティシア・コロンバニ (Laetitia Colombani) 著
齋藤 可津子 訳
早川書房 出版

 暮らす国も望みや悩みも異なる三人の女性の人生が三つ編みのように編みこまれた作品です。登場するのは、インドのカースト制度の外側に位置づけられる不可触民 (ダリット) として生まれ自らの手で糞便を集めて生計を立てているスミタ、イタリアのシチリアで祖父が始めた家業を手伝う 20 歳のジュリア、カナダでアソシエイト弁護士として働きながら 3 人の子供を育てている 40 歳のシングルマザーのサラです。

 最初は何の関わりもないように見えた三人が物語が最後で綺麗に交わる構成は見事で、よくできた作品だと思わずにいられませんでした。実際この作品は、32 か国で翻訳され、様々な環境のもとに暮らす人たちに様々な言語で読まれたベストセラーです。

 巻末の解説では『いわゆるフェミニズム小説』とありますが、わたしは、そのことばに少し違和感を覚えました。日本に住むわたしが、カナダの状況を理解できているとは言い難いかもしれませんが、カナダのサラのように、人を蹴落としてでも権力ある立場に立とうとする人たちに混じって椅子取りゲームに参加すれば、男性でもサラと似た立場に追い込まれたのではないかと思いました。

 ただ間違いないのは、インドのスミタの目には恵まれているように映るであろうサラの立場でも、闘わなければ手に入らないものが数多くあるのが現実で、人はそれぞれ自分が求めるものは自分で掴み取らなければ手に入らないということだと思います。そして、行動を起こさなければ何も変わらないということも、スミタ、ジュリア、サラのように置かれた環境が違っていても、共通するのではないでしょうか。

 三人の人生が交わったのは、それぞれが自分で行動を起こした結果だということに意味があるように思えました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

「インスマスの影 クトゥルー神話傑作選」

20191021「インスマスの影」.png

H・P・ラヴクラフト (Howard Phillips Lovecraft) 著
南條 竹則 編訳
新潮社 出版

 科学がすべてを明らかにしてくれると思って生きている多くの現代人とは違って、これらの作品をラブクラフトが書いた時代の大半の人には、地球ができる前から存在する生命体といった人智の及ばない領域を容易に信ずることができる土壌があったのだと思います。

 つまり、暗闇を見つけるのが難しいような暮らしをしているわたしが、ラブクラフトが作り上げた怪奇世界に惹きこまれることはないだろうと思って読み始めましたが、結果的に、その予想は裏切られました。

 以下の七篇のうち「暗闇の出没者」では、謎の生物が地球の外から来たことや高度な科学技術を有することなどが事細かに描かれ、その地球外生命体との接触に対し想像が膨らみました。怪奇小説と呼ばれても、SF らしさもある作品だと思います。

−異次元の色彩
−ダンウィッチの怪
−クトゥルーの呼び声
−ニャルラトホテプ
−闇にささやくもの
−暗闇の出没者
−インスマスの影

 また「インスマスの影」は、語り手が自らの恐ろしい体験を披露しているのですが、その体験を凌ぐ恐ろしい事実が最後に明かされます。伏線が張られて回収されるさまは、ミステリーを思わせます。

 初めてラヴクラフトを読みましたが、思いのほか楽しめました。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

「飛べない龍」

20190626「飛べない龍」.png

蘇 童 (Su Tong) 著
村上 満里子 訳
文芸社 出版

 日本語で読める中国の現代作品は少ないので、少し古い作品 (2007年出版) ですが、いただいたのを機に読んでみました。

 帯に『数カ国語で出版、映画化作品も多数』とあり、この作家の力量を称えていますが、この作品に限ってはそこまで秀でたものには思えませんでした。ただ、文学を目指す人たちにとって自由闊達に表現できる環境とはいいがたいであろう中国で創作を続けている作家の作品が日本語に翻訳されたことは、ある程度の評価を受けて当然だとも思います。

 この本の舞台は急速に都市化が進んだある街です。そこにあった路地や密集住宅が壊されるいっぽう高いビルが建ち、貧しい人たちが追いはらわれたあとに、いわゆるエリートが働くオフィス街ができ、何もかも変わったように見えても、そこにいた人たちもみな変われたわけではありません。

 若さを武器に夢を追いかけて街に来た女、成功を夢見て次々と事業に手を出した男、住み慣れた街が変貌を遂げてもそこに留まろうとあがく中年男、急激に栄えた街で上昇志向に燃える女、流行の波に乗って成功した兄弟、群像劇のような作品には個性の異なる人物が数多く登場しますが、この作品のなかでスポットライトが当たるのは、変貌した街の中心に踊りでることができない人たちです。

 いま貿易をめぐって米国と対立している中国では、都市部で働いていた農村出身者たちが大量に農村へ戻っているといわれています。この小説のような光景が見られているのかもしれないと思いました。気分が塞ぐ話ですが、華やかな場に留まる人たちができる範囲で夢に破れた人たちに優しく接する場面に救われました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

「ホビット―ゆきてかえりし物語」

20180108「ホビット」.png

J・R・R・トールキン (J.R.R. Tolkien) 著
ダグラス・A・アンダーソン (Douglas A. Anderson) 注
山本 史郎 訳
原書房 出版

 古典のすごさを見せつけられたように思います。

 この本の後半に収められている膨大な量の注を見ると、「ホビット」の舞台である『ミドルアース (Middle-earth)』やその登場人物などがいかに幅広く詳細に研究されているかがわかります。また、作家が納得できるかたちに向けて作品が何度も修正され版を重ねていったことも窺えます。続編の「指輪物語」との整合性がとられたり、両作品の舞台や登場人物を精緻に思い描こうと繰り返し読んだ読者が疑問に思ったりしたことが反映されたりしたのでしょう。

 この作品は、舞台も登場人物の個性もストーリー展開も魅力的なのですが、わたしが惹かれたのは、その意外性です。

 ひとつは、何に重きをおくかということです。まがまがしいドラゴンが登場するのですが、それを退治する場面はクライマックスではありません。また主人公がドラゴンを倒すわけでもありません。主人公はホビットという種族のビルボ・バギンズなのですが、冒険の旅において数々の活躍を果たすものの、いちばん人に印象を残すおこないは自己を犠牲にするある判断で、寓話らしさを感じない冒険物語に人の叡智と品性を感じさせます。

 もうひとつは、日常との融和です。タイトルに『ゆきてかえりし』とあるように、冒険に行くまでの平凡な生活と冒険から帰ってからの幸福な暮らしがうまく冒険の旅とつながっています。ビルボは、冒険の旅に出る際もハンカチを忘れてきてしまったことを気にかけるような性格で、戦闘的になることもなく、またユーモアを忘れることもなく、冒険に出たことを少しばかり後悔してしまう場面もあり、颯爽とした正義の味方とは違う持ち味を損なうことなく冒険を終えます。

 そんなビルボに親近感を感じたり、冒険前後の彼の暮らしに自分の日常を重ね合わせることができるようになっているように思います。

 おとなが夢中になるのも納得できました。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

「六つの航跡」

20181221「六つの航跡」.jpg

ムア・ラファティ (Mur Lafferty) 著
茂木 健 訳
東京創元社 出版

 倫理的問題を別にすれば、人間のクローンを作製できそうな現代においても、人間の記憶を自由自在に書きかえたり、ある身体から別の身体に移しかえたりはできそうにはありません。でもこの作品の社会では、人間の遺伝子を操作することも、記憶を書きかえたり移したりすることも、クローンを作製することもすべて法律の枠組みのなかで可能となっています。

 つまり人に死が訪れれば、クローンを作製し、マインドマップと呼ばれる記憶データをインストールし、新しい身体とバックアップされていたマインドマップでさらに生き続けられるわけです。また敵対する人物を誘拐して思想や記憶を書きかえ、自分の味方につけてしまうことなどもできます。

 タイトルは、ある宇宙船の乗組員六人がそれぞれ何百年かにわたりクローン人生を送った軌跡を宇宙船の軌跡、つまり航跡になぞらえてあります。六つの航跡がどう交わり、どう影響しあうのか、気になって先を急いで読みすすめました。

 それぞれの登場人物の心理的描写はあまり多くありません。それでも読んでいると色々考えさせられました。(ヒトから生まれた) 人間とクローンが争う場面では人間とクローンの違いが何か考えてしまいました。また遺伝子操作について、身体的障害などを取り除く操作は仕事として請け負うけれど、思想の操作は請け負わない人物が登場すると、遺伝子操作に善悪の境はあるのか考えてしまいました。

 そういう意味で、SF としてこの作品は成功していると思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする