2017年04月18日

「すべての見えない光」

20170418「すべての見えない光」.png

アンソニー・ドーア (Anthony Doerr) 著
藤井 光 訳
新潮社 出版

 2015年ピューリッツァー賞フィクション部門受賞作品(原題:All the Light We Cannot See)。

 簡潔な文章の描写が的確で、その場面や人物が映像のように浮かびあがるだけではなく、声の質まで感じられるほどでした。第二次世界大戦を背景に、ドイツ生まれの男の子とフランス生まれの女の子の人生がそれぞれに描かれています。

 精巧をきわめた作品だと感じられた理由は、いくつかありますが、そのひとつは、ジグソーパズルのピースひとつひとつが最適な大きさに切りわけられ、最適な順序で差しだされたように感じたことです。

 この作品の男の子と女の子のように主要登場人物がふたりいる場合、それぞれの登場場面が交互に、ある程度時系列に沿って語られるのがよくあるパターンですが、この作品は違います。途中から第三の人物の視点が加わったり、時系列の流れが不規則だったりします。読者は、場面が切り替わるたび、鍵となることばを頼りに、そのピースがどのピースに続いているのか、誰の視点で語られているのか、一定以上の注意を払って読むことになります。ジグソーパズルをつなぎあわせていくそのプロセスが、500ページという長さを感じさせない要因のひとつに思われます。

 ほかにも、スケールの異なる問題が、それぞれ読者との距離を保ちつつ、収まるべきところにピースとして収まっている印象を受けました。

 ひとりの男の子の気持ちも、戦争といった大きな課題も、そのあいだにあるさまざまな問題も、それぞれが、現実社会と同じように収まるべきところに収まり、安易な結論を声高に主張することなく、さまざまな思いを巡らす余地を読者に残しているように見えました。逆にいうと、読む者がどのピースをハイライトしてもいいように描かれていた気がします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

「通い猫アルフィーの奇跡」

20170407「通い猫アルフィーの奇跡」.png

レイチェル・ウェルズ 著
中西 和美 訳
ハーパーコリンズ・ ジャパン 出版

 動物が語る小説としては、犬が主人公の『名犬チェットと探偵バーニーシリーズ』が好きですが、この作品の語り手であるアルフィーは、チェットとは違って、飼い主に死なれてしまったかわいそうな猫です。不遇な時期にあっても堅実かつ勤勉に生活を立て直そうとする前向きな姿勢が、とても健気です。しかも、エサを前にして我を忘れてしまうチェットとは違って、人間の心理を鋭く分析しつつ、計画的に自分の家族を助けようと奔走します。

 そんなしっかり者のアルフィーですが、捕まえてきたネズミを持ち帰るという人間にとっては甚だ迷惑な贈り物を繰り返したり、あまり仕事のできないビジネスパーソンのように『忙しい』を連呼したり、意外な面を見せたりもします。随所にユーモアが感じられ、ほのぼのとした気分に浸れるので、風邪をひいて横になっていたときの読み物として最適でした。

 少子化が進む日本では、猫と犬を合わせたペット人口は、子供の人口を軽く上回ると言われているだけに、読めば癒されるこんな作品が増えるのかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

「トレント最後の事件」

20170324「トレント最後の事件」.png

E・C・ベントリー (E. C. Bentley) 著
大久保 康雄 訳
東京創元社 出版

 帯に『乱歩が惚れた大傑作』とあります。半世紀以上にわたって読み継がれている作家、江戸川乱歩が高く評価したのも頷ける作品です。

 妻とはこうあるべきといった常識、携帯電話ではなく電報が最速の通信手段であるといったインフラ、指紋採取が最先端だという科学捜査、さまざまな面で古さを感じるのですが、ストーリー展開は、古さを感じさせるどころか、いまでも斬新にうつります。

 この作品の探偵役は、新聞社から派遣されたトレントで、実業界の大物の死を調査します。トレントは、ほかの探偵同様、精力的に証拠を集め、推理を巡らせ、ひとつの結論に達します。通常の探偵小説なら、探偵役が推理を披露して、犯人が特定された時点で、結末を迎えます。この作品の場合、探偵が新聞社から派遣されている関係で、警察を出し抜いて真実を新聞で報道しようとトレントは文章をしたためます。その記事が新聞に掲載されると思いきや、まったく異なる道をたどります。さらに、これで一件落着と思ってから、またひとつ読者の予想を裏切るできごとが起こります。

 そういった基本展開を裏切るストーリーであるにもかかわらず、プロットに無理が感じられません。トリックを開陳するためだけの推理小説と違って、心理面でも辻褄があうよう巧みに作りこまれています。

 探偵が結論を出した中盤以降が、特に楽しめました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

「失踪者」

20170307「失踪人」.png

シャルロッテ・リンク 著
浅井 晶子 訳
東京創元社 出版

『疑心暗鬼を生ず』ということばがありますが、そういった心境に似た思いで登場人物の誰も彼も疑ってしまうくらい、犯人が誰だかわかりませんでした。いかにも犯人といった特徴の人は、下巻に入ってから疑いの目を向けられなくなってしまい、犯人ではないという印象をもつ登場人物に目を向けざるを得なくなったからです。ミステリ作家の思惑どおり「はやく結末が知りたい!」と先を急ぐ始末です。

 それだけでもじゅうぶんに作品として成功しているのですが、この作品では、謎を解く立場にあるロザンナやその周辺人物の心理描写が巧みで、それぞれの望み、焦り、疑い、怒りなどの感情に共感してしまい、犯人探しがさらに難しくなります。

 そして最後に「そういう可能性があったのか!」と唸ってしまう結末が待っています。最後の最後に本音が出てくるあたりは、辛い事情や感情の機微がそれまでの描写を活かしたかたちで描かれ、さらに惹きこまれました。

 登場人物の心理描写が巧みなこと、社会的な問題に触れていること、登場人物それぞれが自分が抱えている問題に向き合い成長していくことなどの要素が以前読んだことのあるアンナ・ヤンソンの「消えた少年」に似ている気がしますが、こちらの結末のほうが、ずっとリアリティがあり、犯人探しの面ではすっきりできました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

「聖エセルドレダ女学院の殺人」

20170225「聖エセルドレダ女学院の殺人」.png

ジュリー・ベリー (Julie Berry) 著
神林 美和 訳
東京創元社 出版

 物語の舞台は、1890年のイングランドのイーリー。聖エセルドレダ女学院というのは、大きな屋敷に住む未亡人が自ら校長をつとめ、たった7人の女生徒を引き受ける寄宿学校(フィニッシングスクール)です。

 わたしが好きなコージーミステリだと思って読み始めたものの、すぐさまその展開にとまどってしまいました。タイトルにあるとおり、寄宿学校で殺人が起こったのですが、女生徒たちは遺体を見つからないように埋め、殺人があった痕跡を隠そうと躍起になり、次から次へと嘘を繰り出していくのです。『素人探偵はどこに?』そんなわたしの疑問をよそに、ありえない幸運に次から次へと恵まれた生徒たちは、おとなのいない学校生活を続けます。そんななか、7人の生徒のうち、リーダーシップを握る生徒が財務責任者に、最年少の生徒が探偵に仲間内から任命されます。その12歳の探偵に調査らしいことができるはずもなく、物語はどんどん進み……。

 嘘に嘘を重ねる生徒たちが一番会いたくない人が大詰めに登場し、あらたな悲劇が起こり、物語がどこに向かっているのか、予想もつかなくなったところで、しゅるしゅると大団円へと収束していきました。意外性に満ちてはいましたが、消化不良を起こしそうなシュールな流れについていけませんでした。コージーミステリでも、もう少しリアリティが欲しいと思う筋書きだったので、この続編が出されても読むことはないと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする