2017年10月28日

「ガイコツと探偵をする方法」

20171028「ガイコツと探偵をする方法」.png

レイ・ペリー (Leigh Perry) 著
木下 淳子 訳
東京創元社 出版

 原題は「A SKELETON IN THE FAMILY」です。これは「A SKELETON IN THE CLOSET」とか「A SKELETON IN THE CUPBOARD」とか「A FAMILY SKELETON」(直訳すると「クローゼット(戸棚)のなかの骸骨」とか「家族の骸骨」という意味)をモジッています。「英語クリーシェ辞典」(ベティ・カークパトリック著、研究社出版)によると、恥ずべき秘密を指す言い回しだそうです。殺された人の遺体が戸棚などに隠されていて、もう白骨化しているという発想からくるもので、19世紀中頃からクリーシェになったそうです。「Scholastic Dictionary of Idioms」(Marvin Terban著、Scholastic Inc.出版)では、語源は不明としつつも、もう少し踏みこんで、ある男が敵を殺してクローゼットに隠していたものの結局はその骸骨が見つかってしまった話があったと書かれています。

 このクリーシェを文字どおりにとって、その意味としたのが本作品です。つまり、クローゼットのなか(あるいは屋根裏部屋)に骸骨がいて、その骸骨が外聞をはばかる秘密だという設定です。タイトルのとおり、そのガイコツと一緒に謎を解かんと探偵のように奮闘するのですから、そのガイコツ(名前はシド)は、眼球もないのみ見ることができ、脳もないのに考えることができ、舌もないのに喋ることができます。おまけにユーモアのセンス(少し子供っぽいというかオジサンっぽい)も持ちあわせています。そして、その相棒となるのは、一家の次女ジョージアです。ジョージアは、6歳のときに初めてシドと出会い、約30年経ったいまは、ティーンエージャーの娘を抱えるシングルマザーです。

 語源どおり、この作品でもガイコツが見つかってしまうのかハラハラしますが、シドの描写と人格というか骸骨格(純粋に『人』とは呼びにくいですから)が、ことばの遊びにもなっていて、謎解きと同じくらい楽しめました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

「凍った夏」

20170928「凍った夏」.png

ジム・ケリー (Jim Kelly) 著
玉木 亨 訳
東京創元社 出版

 主人公が新聞記者フィリップ・ドライデンの「水時計」「火焔の鎖」「逆さの骨」と同じシリーズです。

 少し変わったタイトルですが、もちろん夏が本当に凍ったわけではありません。大寒波に襲われ、凍るように寒い冬に31年前の夏の事件を追っています。このシリーズは、英国のあまり良くない気候がクローズアップされることが多いのですが、今回もそのパターンです。ただ、いままでと違うのは、その31年前の事件に新聞記者のドライデン自身が多少かかわっていて、子どものころ知らされなかったものの知りたいと思ったことも解き明かしていく点です。その夏の思い出も、大寒波に見舞われた冬と同じく、氷に閉じこめられたようにドライデンのなかで凍っていたのかもしれません。

 もうひとつ、これまでと違うように感じられたのは、ドライデンが、事件を追うなかで、妻のローラと重ね合わせてみてしまう人物と出会い、何か影響を受けたように見えた点です。高次脳機能障害と思われるその登場人物は、自ら昏睡状態に閉じこもっているようなローラに比べると自由に見えるものの、ローラに比べて恵まれているとは到底思えません。そんな経験のあと、ドライデンは、ローラと一緒に暮らす決断をします。もちろん、病院の全面的なサポートを受けながらですが、一大決心であることに変わりはありません。

 これまでの三作と違った印象をもった点もありましたが、忘れ去られていい事件などないのだといわんばかりに昔の事件を掘りかえしたり、気候に恵まれない英国の暗い雰囲気満載だったり、最後の最後までドライデンが謎解きに手こずったり、ドライデンシリーズらしさもあって、いままでどおり楽しめました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

「アメリカ銃の謎」

20170922「アメリカ銃の謎」.png

エラリー・クイーン (Ellery Queen) 著
中村 有希 訳
東京創元社 出版

 数十年ぶりにエラリー・クイーンシリーズを読みました。夢中になって読んでいた学生のころを思い出しながら読み、もっとも懐かしいと感じたのは、『読者への挑戦状』で、もっとも違いを感じたのは、エラリーの若さです。

『読者への挑戦状』とは、作者はフェアプレイに徹し、読者にも謎解きをするエラリーと同じだけの手がかりを与えてきたのだから、読者もエラリーと同様に謎を解いて犯罪の形を突きとめることができるはずだと挑戦するもので、謎解きが始まる前に差しはさまれています。その『読者への挑戦状』を読むたび、きちんと手がかりを拾えなかった自分にがっかりし、そのあとの謎解きを読むたび、人々の言動ばかりに眼がいってモノに対する観察を怠ったことを思い知ったものですが、今回もまったく同じ感想を抱きました。変化のない自分を情けなく感じたものの、昔と変わらず謎解きを楽しめました。

 昔とは違って見えたのは、学生のころ、眼光鋭いオトナに見えていたエラリーが、数十年経って自分が老いたいま、細かい観察力を持つ青年に見えたことです。時の流れを痛感しました。

 今作では、2万人の観客の眼の前で殺人事件が起こり、その凶器は銃と判明します。犯人も手口も不明という謎だらけの殺人事件なのですが、最大の謎は、2万人の観客の身体検査したり、犯行現場となったザ・コロシアム(ニューヨーク)を隈なく捜索したりしても、凶器の銃が見つからなかったことです。

 最後の謎解きで、どのように凶器が持ち出されたのか判明するのですが、それは、犯人が誰かわからなければ、辿りつけない答えで、その犯人は、わたしが一番最初に犯人から除外した人物でした。あまりにあっさりと作者に騙されてしまい、小気味よいくらいでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

「平和の玩具」

20170915「平和の玩具」.png

サキ 著
和爾 桃子 訳
白水社 出版

 300ページほどの本です。そこにクスッとかニヤッとか小さく笑ってしまう33編もの掌編が収められています。当たり前過ぎて既成概念に捉われているとさえ認識できていないことの逆をいく展開、仕方がないと諦めてしまう場面で知恵を絞って相手に一矢報い溜飲を下げる結末、正義や国民のことを露ほども考えず自らの利害だけを公然かつ堂々と追い求める政治家の悪あがきなど、どれも独特のおかしみが感じられます。

 この作家には、人という生き物に対する鋭い観察眼、自身が含まれていようとも人という生き物を茶化す余裕、読む者を楽しませるユーモアがあります。時代が変わっても変わらない人間の本質のようなものをつく作品は、一世紀ほど経って読まれても色褪せて見えません。

 ただ、この一世紀のあいだ、人の本質は大して変わっていないようですが、時代は大きく変わったのだと感じました。サキ(1870-1916)は、44歳のとき志願して一兵卒として前線に赴き、46歳で戦死しています。もし、生き延びていたら、作品のなかで戦後の平和や政治をどう描いていたのだろうかと、ふと気になりました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

「いま見てはいけない」

20170827「いま見てはいけない」.png

ダフネ・デュ・モーリア (Daphne du Maurier) 著
務台 夏子 訳
東京創元社 出版

 友人がわざわざ送ってくれた本です。それだけでも十分にありがたいことですが、面白い本だったので、こうして読むことができて良かったと思います。

 短篇集で、以下の五作が収められています。どの作品も人物像が立ちあがってくるような描写です。とりわけ、群像劇のような「十字架の道」は、こういう人いるなあと思わずにいられない、どこにでもいそうな、だけどちょっと癖がある人たちがエルサレムをツアーで訪れ、こういうことあるなあと思わずにいられない、ちょっとしたつまづきを経て立ち直る様子が、キリストの復活のエピソードと並行して描かれています。そのコントラストが皮肉の利いたユーモラスな雰囲気を醸しています。

−いま見てはいけない
ー真夜中になる前に
ーボーダーライン
ー十字架の道
ー第六の力

 わたしが一番気に入ったのは、冒頭で死んだ父親が残した不思議な最期のことばの意味が結末で明かされる「ボーダーライン」です。最期のことばと結末のあいだにある、女優の卵の浮き立つようなロマンスの予感と演じることを楽しんでいる様子が彼女の若さをとらえていて、楽しく読めました。「いま見てはいけない」も、夫婦のちょっとしたゲームやヴェネチアの東郊トルチェロ島という非日常的な舞台を楽しむことができましたが、結末には、わたしが苦手とする不可解な現象が起こって、ちょっと怖かったです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする