2017年08月25日

「動物農場」

20170825「動物農場」.png

ジョージ・オーウェル (George Orwell) 著
開高 健 訳
筑摩書房 出版

一九八四年」を思い出さずにはいられない内容です。こちらを読むと、「一九八四年」は、あれもこれもと詰めこまれ過ぎていた気がしてきます。本作の翻訳者である開高氏がジョージ・オーウェルの作品について本書で語っているところによると、「一九八四年」に比べ、「動物農場」のほうが作品として、はるかによくできているそうです。具体的には、「動物農場」を以下のように評価しています。
<<<<<
『動物農場』というのは、プルーストやらジェイムズ・ジョイスを通過した二十世紀のヨーロッパ文学フィールドの中では、先祖帰りといいたくなるくらいのプリミティヴな小説なのですが、よくこれだけ単純な物語を書く勇気が出たものだと感心させられます。これは成功作ですね。暗い作品なのにあちらこちらにユーモアの閃きもある。大人の読む寓話であって、政治小説としては筆頭の、一、二に挙げられる小説です。
>>>>>

 そのいっぽうで、「一九八四年」については、以下のように述べています。
<<<<<
『一九八四年』は『動物農場』に比べて文学作品としてはるかに破綻の多い、どちらかといえば失敗作に近いものと思われるのですが、にもかかわらず私にはその名状しがたいほどの気魄の激しさゆえに、本棚からいつでも下してきたくなる書物の一冊です。失敗作だが貴重な作品だと評価したくなる本がときたまあるものですが、これはその一冊です。
>>>>>

 これらの評価を読んで思ったことは、「動物農場」からは諦念を、「一九八四年」からは熱を感じたことと、諦念は現実に、熱は理想につながっていて、現実より理想のほうがパワーを持っているのかもしれないということです。わたし自身は、ユーモラスな描写が散りばめられたシンプルな「動物農場」のほうが好きですし、熱よりも諦念のほうが向いている気がします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

「忘れられた花園」

20170715「忘れられた花園」.png

ケイト・モートン (Kate Morton) 著
青木 純子 訳
東京創元社 出版

 ひとりの年配女性が亡くなり、同居する孫娘が謎めいた遺言を受け取って、それまでその存在を知らされていなかったコテージを相続したところから、物語が始まります。被相続人であるネルは、相続人のカサンドラと一緒にオーストラリアでアンティークショップを経営していたのですが、相続物件のコテージは、イングランドのコーンウォールにありました。コテージの存在を知らされていなかったのはなぜか、なぜイングランドに不動産を所有しているのか、そういった疑問のほか、祖母の知らなかった一面を知る機会を得たこともあり、カサンドラは、祖母の過去を辿ります。

 カサンドラが祖母の過去を辿ると同時に、祖母自身が自らの過去を辿った経緯と、実際に過去で起こったできごとが少しずつ明らかにされるのですが、その謎の散りばめ方と明かし方が巧みで、引きこまれました。家族の過去を探る旅というのは、わたしには退屈に感じられることが多いテーマですが、この作品では、ミステリ同様、伏線が緻密に張られ回収されている効果で、眼が離せなくなりました。(読み終えてみると、あまりに無駄なく登場人物が絡み合いすぎているうえ、ミステリと違って登場人物が辿りつかなかった過去の事実も描写されているせいで、ミステリの謎解きにある到達したという感覚は感じられませんでした。)

 ボリュームのある作品で、執拗な執着を見せる人たちが次々と登場し、ややうんざりするものの、意外な展開が続いたおかげで、飽きることはありませんでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

「楽園 (シドニー州都警察殺人捜査課)」

20170713「楽園」.png

キャンディス・フォックス (Candice Fox) 著
冨田 ひろみ 訳
東京創元社 出版

邂逅」の続編で、前作と同じくカットバック手法がとられています。前作では女性刑事エデンと兄の過去が明らかになりましたが、今作で明らかになるのはエデンの養父ハデスの過去です。そして前作同様男性刑事フランクの視点で現在の事件捜査が語られます。

邂逅」のときも、型に嵌らない展開にとまどったのですが、今作もその点は同じです。警察を舞台にした小説でありながら、警察官が公務として追う事件よりも警察官が個人として追う過去や悪人に重きがおかれています。それは、警察官という公僕であっても、理不尽な目に遭えば憤りを覚えるひとりの人間だということを突きつけ、正義とは何か、善と悪の線引きはどこにあるのかを問う意図があるのかもしれません。

 あと特徴的なのは、このシリーズは、一作一作がいちおう完結していても、連続ドラマのように各作品の最後に思いもかけない展開があり、それが次の作品でどうつながるかが気になるよう作られていて、シリーズの途中から読んだ場合、その世界に入り込めないようになっています。シリーズ作品では、シリーズ全体がぶどうの房で、一作が一粒のぶどうに当たり、どの一粒を取っても楽しめるようになっている場合が多いのですが、このシリーズはそうなっていません。読む場合は、第一作の「邂逅」から読み始めることをお勧めします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

「邂逅 (シドニー州都警察殺人捜査課)」

20170610「邂逅」.png

キャンディス・フォックス (Candice Fox) 著
冨田 ひろみ 訳
東京創元社 出版

 転属してきた男性刑事の視点で語られる現在の捜査、その男性刑事を相棒として迎えた女性刑事の過去、両刑事が追う犯人とその被害者の動き、その3つの軸で展開します。

 カットバック手法で描かれる女性刑事の過去は、警察官として登場したあとに読むには、驚くほど意外な内容です。その影響で読む側の感覚が麻痺するのか、凄惨な現在の事件のインパクトが弱まったように感じられるほどです。また、女性刑事の個性が強く、いろいろな問題を抱えている男性刑事でさえ相対的に霞んで見えてしまうほどです。

 警察小説で、捜査が進行している事件よりも刑事の過去にスポットが当たり、事件を語る刑事より相棒の刑事の個性が際立っているのが気になりつつ読み進めると、最後の最後で、この本のタイトル「邂逅」の意味がわかる仕掛けになっています。この一冊全体が序章といってもいいのかもしれません。

 警察小説だからといって、勧善懲悪やわかりやすい正義を期待すると、その期待が裏切られるタイプの作品だと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

「日はまた昇る」

20170502「日はまた昇る」.png

ヘミングウェイ (E. Hemingway) 著
大久保 康雄 訳
新潮社 出版

文豪おもしろ豆事典」を読んで、文句なしに文豪と認められるヘミングウェイが最初に発表した長篇を読みなおしてみました。数十年前、この作品を読んだとき、日本はバブル経済のなかにありながら、わたし自身はまったくバブルを意識しておらず、そんな状況でも、祝祭ということばが似合うこの作品の華やかな場面にばかり圧倒され、陽気でお気楽な場面しか記憶に残っていませんでした。

 日本のバブル経済が弾け、『失われた10年』が『失われた20年』になって、この作品で『失われた世代』が描く浮かれた日常を読むと、その自堕落な日常から滲みでるような諦念には、的を射た指摘が数多く潜んでいたことに、いまさらながら気がつきました。

 その場しのぎの日常を送っているだけに見えても、自分の力では如何ともしがたいことを抱え、自分を律している部分を見過ごしていたように思います。

 経済がどうであろうとも、戦争を現実として考えにくい、きょうの暮らしの延長線上に将来の暮らしをイメージできる幸運に、日々もっと目を向けるべきなのだと思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする