2011年07月25日

「一冊でわかる名画と聖書―107の名画とともに聖書のストーリーを解説」

20110725「一冊でわかる名画と聖書」.jpg

船本 弘毅 監修
成美堂出版 出版

 これに類する本では「聖書入門」や「すぐわかる キリスト教絵画の見かた」を読んだことがあるのですが、それらに比べると、とてもわかりやすい内容でした。

 ひとつひとつの逸話がわたしのなかでこれほど関連づいたことはありませんでした。たとえば、「イエスはダビデから数えて28代目にあたるとされている」と書かれてあるのですが、それによって、どれくらいの期間にわたってイエスのルーツが語られているのか、具体的なイメージで理解できます。それと同時にあの有名な『エッサイの木』がどれほど簡略化されているのかも、感覚的にわかります。

 これ一冊で、聖書の内容を追うこともでき、宗教画を見るときのポイントもわかるようになっているので、聖書のことをまったく知らないけれど、宗教画を鑑賞してみたい方には、お勧めしたい内容です。入門レベルでは優れた本だと思います。

 理由としては、時代背景が初心者向けに説明されている点が挙げられます。たとえば、その当時、女性はどう見られていたのか、ユダヤ教徒はどういう宗派がどういう価値観で布教していたのか、職業の貴賤概念はどのようなものであったかなどです。

 宗教画を観るうえで興味深いと思ったのは、聖書に記述がないのに敢えて描き入れられている人物や事象の解説です。また、随所でアトリビュートに触れられていたので人物を特定する際に参考になりましたし、画家のエピソードも盛り込まれていて、広く浅く絵画を知ることができ、愉しめました。
posted by 作楽 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

「聖書入門」

20110203「聖書入門」.jpg

ピエール ジベール (Pierre Gibert) 著
船本 弘毅 監修
遠藤 ゆかり 訳
創元社 出版

 聖書を知る入門書としては、残念ながらお勧めできる内容ではありませんでした。入門と謳われているわりには、基本的な知識を前提として書かれてあり、少なくともキリスト教と縁の薄い日本人には入門レベルと呼べる内容ではありません。また、カラー版ですが、その良さがあまり出ていませんでした。本文、絵とその解説、の二種類の内容がそれぞれが気ままに配置されていて読みにくい構成です。本文の内容を効果的に絵が補っているとは言い難いのが残念です。

 肝心の説明の文章に対しても、納得しづらい点がありました。たとえば優れていると評されていても、聖書自体を読んだことがなければ、どういう点がどう優れているのかという根拠の説明がなければ頷けません。

 唯一良かったと感じたのは、巻末にインデックスが設けられている点です。

 聖書を知る最初の一冊に選ぶのだけは避けるべき本だと思います。
posted by 作楽 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

「すぐわかる キリスト教絵画の見かた」

20101220「すぐわかるキリスト教絵画の見かた」.jpg

千足 伸行 監修
東京美術 出版

 見開き2ページでひとつの絵画作品を紹介する構成です。おおまかな年代にわけて章立てされています。

第一章 旧約聖書の世界
第二章 キリストの生涯(T)降誕〜活動
第三章 キリストの生涯(U)受難〜復活
第四章 聖母マリアと聖家族
第五章 預言者と聖人の世界

 宗教画がまったくわからないので、画家や作品が適切に選ばれているのかなど評価することはできませんが、広く浅く紹介されている点は、宗教画に親しみのない者としては助かりました。

 シンボルやアトリビュートがわかると、絵を見るのが以前より楽しく感じられます。単なる自己満足なのですが。

 わたしが好きなブリューゲルの「バベルの塔」も載っているのですが、今回初めてみたバーン=ジョーンズの「天地創造」がとても気に入りました。天地創造の6日間が連作になっていて、第5日と第6日が掲載されています。機会があれば、全6作を観てみたいと思いました。
posted by 作楽 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

「よくわかるキリスト教」

20100811[YokuWakaruChristianity].jpg

土井 かおる 著
PHP研究所 出版

 タイトルに偽りなし。そう太鼓判を捺したくなる本です。分厚い本でもなく、文章も少ないのですが、要点が明快な一覧・地図・イラストなどが使われていて、読み返したりするのも苦にならないほどの分量ながら、キリスト教の根本が理解できた気がします。

 一覧のなかでも特にわたしの理解を助けてくれたのがふたつあります。ひとつはユダヤ教・キリスト教・イスラム教の違いを示めす一覧で、もうひとつは旧約聖書と新訳聖書の内訳とそれぞれの位置づけがまとめられた一覧です。聖書に含まれるそれぞれのおおよその年代や推定著者がひと目でわかるようになっています。

 また、今後もリファレンスのように繰り返し見るだろうなと思ったものもふたつあります。ひとつは、旧約および新訳聖書に登場する主要人物の系図です。よく聞く名前の人物がこういう関係になっているのかと興味深く見ることができました。もうひとつは、ローマ・カトリック教会、東方正教会、プロテスタントなどの違いをまとめたものです。どういう時期にどういう理由で分離したのかが、数ページで説明されています。

 特に覚えたいというほどのこともありませんが、これだけの知識がこの本にあると知っていると、いざ何かキリスト教に関する調べものが必要になったとき便利だと思いました。
posted by 作楽 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

「新約聖書訳と註 3 パウロ書簡 その一」

20090227[ShinyakuSeishoYakutoChu3].jpg

田川 建三 訳
作品社 出版

 「新約聖書を知っていますか」を選んだくらいなので、新約聖書のことを何も知らないのですが、翻訳、言語、宗教などの点から興味深い本です。著者の本来の目的とはたぶん違うので、いささか申し訳ないのですが。

 著者は、新約聖書の解説を書こうとしていたら、既存の日本語訳をもとにした場合、古代ギリシア語の解釈が間違っているのではないか、英語からの重訳のために意味がずれたのではないか、宣教の観点から都合のいいように変えられたのではないか、という点が多く、まずは原文に忠実な訳が必要なのではないか、という考えに至ったそうです。たしかに、解釈しようとするときに、この訳の場合はこの部分が不適切と思われるという説明のほうが多くなったら大変です。

 著者は、代表的な訳書に対して、解説しているのですが、それを読むとかなり興味深いです。

 まず、当時は印刷技術誕生よりずっと前なので、写本になるのですが、やはりこれだけのものとなると、すごい量の写本があるらしく、そのどれを採用するかによって内容が異なってきます。文章の流れとして自然でないから写本家が修正を加えたことも考えられますし、人間ですから思い込みで写し間違えたりすることもあるでしょう。そのあたりの事情を考えながら、どれを採用していくかを解説なさっているあたり、ときには迷いも伝わってきたりして、研究者の苦悩が垣間見えます。

 次はやはり、書簡という性質から、理路整然としていなかったり、書き手の個性が顕著に出ていると思われる点です。そこまで言うかな、と思ってしまうほど、著者は手厳しく批判しています。
<<<<<
何せこの人は、自分の文章に自己矛盾がいくら多く存在しようと平気のへいざ、その瞬間瞬間に好き勝手なことを言いつのり、次の瞬間にはそれとまったく矛盾することを言うのもまったく平気な人なのだから。
>>>>>

 使徒の中でも別格として扱われているパウロでさえ、ここまで言われるのです。また、こんなことも書かれています。
<<<<<
パウロは何とか自分の主張とイエス自身の発言を区別して説明しようと試みはじめる。しかし、そもそもパウロはイエスの発言など極端に僅かしか知らないのだから、それを区別しはじめたら、自分の言っていることは、あれもこれも何でも、イエスの発言ではありません、イエスとは関係のない私の意見です、と言わねばならなくなってしまう。だからパウロはその努力が嫌になって、第二コリントス書簡になると逆に居直り、自分はかつて生きていたイエスのことなどもう相手にする気はない、と宣言してしまうのである。
>>>>>

 イエスが今の時代のキリスト教を見たら、どう思うのかを想像すると笑えてきます。でも、途中で内容が変化しない伝言ゲームなどありえないわけです。新約聖書としてまとめられているものの大部分はイエスの死後、かなりの時間を経て書かれているわけですから。でも、こう具体的に指摘されると、実感の湧き方が違います。

 かなり辛辣な口調なので、これを延々6巻読み続けるのは辛いかもしれません。たしかに、現在一般的に普及している訳書には、勝手な解釈が訳に入り込んでいることも多いでしょう。しかし、著者自身が指摘されているように原文が支離滅裂なら、ほかに現実的な選択肢はなかったように思います。訳する理由は、読んでもらうことにあるのですから。そして、読んでもらいたい一番の理由は、宣教にあると思うのです。その目的の前に、原文から離れてしまったのでしょう。研究目的からすると、許されないことだとはわかります。でも、一般的な人は、読んでわからなければ、継続できない場合のほうが多いでしょう。著者の解説はとても興味深いですし、元の意味をより正確に知りたいと思われるかたには、よき案内書になってくれることと思います。
posted by 作楽 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする