2009年02月26日

「新約聖書訳と註 3 パウロ書簡 その一」

20090227[ShinyakuSeishoYakutoChu3].jpg

田川 建三 訳
作品社 出版

 「新約聖書を知っていますか」を選んだくらいなので、新約聖書のことを何も知らないのですが、翻訳、言語、宗教などの点から興味深い本です。著者の本来の目的とはたぶん違うので、いささか申し訳ないのですが。

 著者は、新約聖書の解説を書こうとしていたら、既存の日本語訳をもとにした場合、古代ギリシア語の解釈が間違っているのではないか、英語からの重訳のために意味がずれたのではないか、宣教の観点から都合のいいように変えられたのではないか、という点が多く、まずは原文に忠実な訳が必要なのではないか、という考えに至ったそうです。たしかに、解釈しようとするときに、この訳の場合はこの部分が不適切と思われるという説明のほうが多くなったら大変です。

 著者は、代表的な訳書に対して、解説しているのですが、それを読むとかなり興味深いです。

 まず、当時は印刷技術誕生よりずっと前なので、写本になるのですが、やはりこれだけのものとなると、すごい量の写本があるらしく、そのどれを採用するかによって内容が異なってきます。文章の流れとして自然でないから写本家が修正を加えたことも考えられますし、人間ですから思い込みで写し間違えたりすることもあるでしょう。そのあたりの事情を考えながら、どれを採用していくかを解説なさっているあたり、ときには迷いも伝わってきたりして、研究者の苦悩が垣間見えます。

 次はやはり、書簡という性質から、理路整然としていなかったり、書き手の個性が顕著に出ていると思われる点です。そこまで言うかな、と思ってしまうほど、著者は手厳しく批判しています。
<<<<<
何せこの人は、自分の文章に自己矛盾がいくら多く存在しようと平気のへいざ、その瞬間瞬間に好き勝手なことを言いつのり、次の瞬間にはそれとまったく矛盾することを言うのもまったく平気な人なのだから。
>>>>>

 使徒の中でも別格として扱われているパウロでさえ、ここまで言われるのです。また、こんなことも書かれています。
<<<<<
パウロは何とか自分の主張とイエス自身の発言を区別して説明しようと試みはじめる。しかし、そもそもパウロはイエスの発言など極端に僅かしか知らないのだから、それを区別しはじめたら、自分の言っていることは、あれもこれも何でも、イエスの発言ではありません、イエスとは関係のない私の意見です、と言わねばならなくなってしまう。だからパウロはその努力が嫌になって、第二コリントス書簡になると逆に居直り、自分はかつて生きていたイエスのことなどもう相手にする気はない、と宣言してしまうのである。
>>>>>

 イエスが今の時代のキリスト教を見たら、どう思うのかを想像すると笑えてきます。でも、途中で内容が変化しない伝言ゲームなどありえないわけです。新約聖書としてまとめられているものの大部分はイエスの死後、かなりの時間を経て書かれているわけですから。でも、こう具体的に指摘されると、実感の湧き方が違います。

 かなり辛辣な口調なので、これを延々6巻読み続けるのは辛いかもしれません。たしかに、現在一般的に普及している訳書には、勝手な解釈が訳に入り込んでいることも多いでしょう。しかし、著者自身が指摘されているように原文が支離滅裂なら、ほかに現実的な選択肢はなかったように思います。訳する理由は、読んでもらうことにあるのですから。そして、読んでもらいたい一番の理由は、宣教にあると思うのです。その目的の前に、原文から離れてしまったのでしょう。研究目的からすると、許されないことだとはわかります。でも、一般的な人は、読んでわからなければ、継続できない場合のほうが多いでしょう。著者の解説はとても興味深いですし、元の意味をより正確に知りたいと思われるかたには、よき案内書になってくれることと思います。
posted by 作楽 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

「ギリシア神話を知っていますか」

20080905[GirishaShinwawoShitteimasuka].jpg

阿刀田 高 著
新潮社 出版

 「神話の心理学」でも書いたのですが、神話がよくわかりません。なので、「旧約聖書を知っていますか」、「新約聖書を知っていますか」に続いて、同シリーズの「ギリシア神話を知っていますか」も読んでみました。

 ギリシャ神話と言われて、私が一番に思い出すのは、「オイディプス王」。大学で、一般教養の人文科学の授業で読まされました。まさしく「読まされた」という表現が似合う物語です。読むだけなら、予言や運命、親子関係などに思いをめぐらせるだけなので、「おもしろい展開だ」で済みます。しかし、授業ですからレポートを提出しなければなりません。何よりも大変だったのは、一般教養科目でわたしがレポートを書けるレベルとギリシア神話のスケールの違いです。苦しかった思い出です。

 しかし、こう振り返ってみて思うのは、よくこれだけのものが出来上がったな、ということです。この本の説明によると、ギリシャ神話の成り立ちはこうです。
<<<<<
 ギリシア神話の主要な部分はすでに先史時代に作られていたと推定されている。紀元前三千年頃から地中海のクレタ島を中心にして、いわゆるクレタ文明が繁栄し、これがギリシア本土にも影響を与えた。やがて北方からアカイア人が侵入して来て、ミケネー文化を創る。さらに紀元前千年頃にドリス人が南下して来てギリシアを征服する。こうした諸民族の混合の中から生成発展淘汰された伝説群が、現在に残るギリシア神話である。
>>>>>

 人間が身にまとうものではなく、人そのもの、特にその内面を直視しなければならない内容になっているのも、その古さを考えると納得できます。

 しかし、オイディプスひとつを例にとっても、予言がすべて的中したり、母と息子が男女として交わったり、現実味があまりありません。神話に向き合って思うのは、「もし、現実にそういうことがあったとしたら」「もし、わたしがオイディプスの立場だったら」という仮定です。

 しかし、神話を実話と真剣に受け取った子どもがいました。今回、この本を読んで一番わたしが感動したのは、その子どもの話でした。

 その子どもとは、ハインリッヒ・シュリーマン。7歳のときに牧師である父親からトロイア戦争の話をきき感動した彼は、実話だと信じ込み、負けたトロイア方に同情して涙まで流したということです。そして、いつかそのトロイアの城を見つけると決意します。

 勤勉な彼は、遺跡発見のために財を成し、いよいよ発掘に着手します。そこで彼が見当をつけた場所は、従来の考え方に囚われず、ホメロスの物語に沿ったものでした。
<<<<<
 彼は"イリアス物語"の細かい詩句を思い出したにちがいない。ギリシア軍は海岸に陣営を張っていた。トロイア軍は当然丘の上にいた。両軍の間でたびたびおこなわれた使者の往復、戦場における進退の情況、おただいに敵の陣営の松明が見えたこと・・・・・・などなどから推察して、海岸から直線距離で八キロ、ギリシア軍の陣営があったとおぼしきあたりから十五キロもあるピナルバシの丘は遠過ぎる。また、ピナルバシの丘は巨大過ぎて「アキレスがヘクトルを追って城壁をぐるぐると三度も廻った」という記述にもそぐわない。
>>>>>

 結果、その推測は当たっていた。しかし、信念というか何というか、発掘を始めて最初の2年はそれらしい遺跡を見つけられずにいても、神話を信じ掘り進めた彼のすごさに感動しました。

 しかし、そうなると、神話のどこまでが真実でどこからが空想か、気になるものです。
posted by 作楽 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

「新約聖書を知っていますか」

20080829[ShinyakuSeishowoShitteimasuka].jpg

阿刀田 高 著
新潮社 出版

 本当に何も知らなかったんだ、としみじみと感じてしまいました。こんなに有名な書物で、何度も耳にしているのに、新約聖書が書かれた時期もボリュームも、恥ずかしながら知りませんでした。この本の中では、わたしにもわかるように平易に説明されていました。
<<<<<
 新約聖書の各巻の名称は次の通り。括弧内の数字は、それぞれがどれほどの分量か、手元にある新共同訳聖書に占めるページ数を記してみた。
*マタイによる福音書(60) マルコによる福音書(38) ルカによる福音書(64) ヨハネによる福音書(50)
*使徒言行録
*ローマの信徒への手紙(26) コリントの信徒への手紙一(26) コリントの信徒への手紙二(17) ガラテヤの信徒への手紙(10) エフェソの信徒への手紙(9) フィリピの信徒への手紙(7) コロサイの信徒への手紙(6) テサロニケの信徒への手紙(4) テモテへの手紙一(7) テモテへの手紙二(5) テトスへの手紙(3) フィレモンへの手紙(2)
*ヘブライ人への手紙(20) ヤコブの手紙(7) ペトロの手紙一(8) ペトロの手紙二(5) ヨハネの手紙一(7) ヨハネの手紙二(1) ヨハネの手紙三(1) ユダの手紙(2)
*ヨハネの黙示録(29)
 全体で四八〇ページ。分量に際のあることに注目あれ。*をつけて、五つのグループに分けておいたが、おわかりだろうか。福音書、使徒たちの言行録、パウロの手紙、その他の手紙、黙示録の五つである。
 中核をなすのは、もちろん四つの福音書で、この中ではマルコが一番はじめに書かれて、西暦六〇年代。ついでマタイ、ルカが八○年代、ヨハネが一番遅く九○年代であろうか。それぞれに著者らしい人名が付されているけれど、現代の著述のように著者がはっきりと確定されているわけではない
>>>>>

 イエスが死に、復活されたと言われているときから数十年もあとに新約聖書ができたのなら、それは本当にイエスの教えなのだろうか、と思ってしまいます。昔のことなら、人も長くは生きなかったでしょうし、世代が変わって、変わらないものなどあるのでしょうか。イエスの死後、のちの人々に都合のいいようにイエスの話が作り上げられたと考えるほうが自然のような気もします。

 そもそも、わたしにはイエスが復活したなどは信じられません。そのことは、阿刀田氏は次のように考えていらっしゃいます。
<<<<<
 ディテールはともかく、ポイントは一つである。イエスの復活は、その信奉者たちにとって絶対に必要なことであった。まだ脆弱であった集団の基礎を確かなものとするために欠くことができないことであった。だからイエスは復活したのである。ちがうだろうか。
>>>>>

 阿刀田氏のこのような推理を目にすると、キリスト教がなぜここまで発展してきたのか、わかる気がします。「旧約聖書を知っていますか」を読んだときに感じた、神さまは随分惨いことをするものだ、という感想とは違って、イエスは旧約聖書の解釈をし、罪を背負って死に、復活を遂げただけ、という気がするからです。("だけ"というのは、ユダヤ教の選民思想のようなものも感じもないし、神を信じない者がひどい目に遭うという感じもない、という意味です。)

 それなのに、現実にはキリスト教を巡った争いも起こっているわけです。それは教典の問題ではなく、やはり、それを信じる側の人に問題があるのでしょうか。
posted by 作楽 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

「旧約聖書を知っていますか」

20080523[KyuyakuSeishowoShitteimasuka].jpg

阿刀田 高 著
新潮社 出版

 「新バイブル・ストーリーズ」は、聖書を清く現代版にリメイクしたような感じでしたが、こちらは、「ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座」を読んだときの印象に近いものがありました。しかも、かなり、ざっくばらんというか、あけすけというか、語りかけや独り言のような独特のムードで進んでいきます。でも、何の知識ももたなかった私にはすごくわかりやすい内容です。

 何の知識ももたないといっても、現代においてもテロや紛争に関わる宗教というものについて何も聞いたことがない、とはいえないのですが、私にとっては、そもそも、神との「契約」ということは何かが理解できていませんでした。それが、この本を読んでなんとなくではありますが、雰囲気をつかめたような気がします。

 私にとって、宗教とは、人としての正しい道へ導いてくれるもの、というイメージがあったのですが、それも今では「なんか違う」という気がしています。本では次のように説明されています。
<<<<<
 イスラエルの神にとっては、常識的な善悪も大切だが、それ以上に、その男が神を敬っているかどうか、その男が神の祝福を受けた者であるかどうか、それが第一義である。あえて簡単に、はっきりと言えば、神が愛している人間であれば、神を裏切ること以外はなにをやっても、まあ、おおめに見てもらえる。
>>>>>

 こう説明されているのは、預言者として有名なヤコブが結構、卑劣なことをしているからです。まず、ヤコブには、エサウという双子の兄がいるのですが、その長子にあたるエサウが父、イサクから祝福を受ける予定だったのです。それを、卑怯にも、ヤコブは兄エサウのふりをして、目の弱った父イサクから、祝福を受けたのです。そんな卑怯な人間が預言者になっていいものなのでしょうか。「なんか違う」気がします。

 それでも、このヤコブはどうもとても主要な人物のようです。ヤコブは子だくさんで、12人の息子がいて、この12人が12部族の祖となるのです。そして、その12部族の中のひとつユダ族が、ユダヤ人だと言われています。本の中では、このように説明されています。
<<<<<
 ユダヤ人は、ユダ族の血を引く者の意であり、南北分裂の頃には、北がイスラエル人、南がユダヤ人と区別されていた。十二部族の中の一つがユダ族なのだから、それ以前のことを語るときにはユダヤ人はまずかろう。ところが、北イスラエルは壊滅的に滅びてしまい、それ以後はユダ族の末裔が歴史上の主たる登場人物となるために、アブラハムの末裔がすべてユダヤ人であるような言い方もされるようになったわけである。
>>>>>

 アブラハムは、イサクの父で、ヤコブの祖父にあたります。やはり、ヤコブは卑怯だけど、重要な役割を担った預言者だったことに間違いはないようです。個人的には納得できませんが。

 しかも、このイスラエルの神はとても嫉妬深いそうです。
<<<<<
 しかし、師士が死んでしまうと、またすぐにイスラエル人は自分たちの神を忘れ、バアルとかアシュラとか、ほかの神を拝み始める。イスラエルの神は嫉妬深いから、これが一番きらいである。周辺の民族の反攻が起き、イスラエル人は圧倒されて苦しむ。
>>>>>

 神を敬うのをやめると、天罰がくだる、ということです。「どの神を崇めようと個人の自由じゃないですか」などと言ったら、どういうことになるのか、恐ろしいです。

 つまり、神との「契約」というのは、神を敬い続ける限り守られるが、ほかの神に気持ちが傾くと罰を受ける、という契約なんでしょう。そういう契約には、個人的には魅力を感じられませんでしたが、なんとなくでも旧約聖書の内容を知ることができて、よかったです。
posted by 作楽 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

「新バイブル・ストーリーズ」

20080331[ShinBibleStories].jpg

ロジャー・パルバース 著
柴田 元幸 訳
集英社 出版

 ありとあらゆる本で引用されたり、前提知識になっていたりするので、聖書のことは知っておいたほうがいいと思いながらも、なかなか読もうという気が起こりません。アメリカなどのホテルだと、部屋に聖書が置いてあることが多いので、ちらっと見てみたりするのですが、残念ながら興味が湧きません。

 それで、この本を読んでみました。

 とても、読みやすいです。知っている話もありましたし、知らない話もありました。私が知っていたのは、以下の話です。

 −ノアの箱舟
 −バベルの塔
 −ヨブ
 −アダムとイブ

 この中で、「ヨブ」が私の中では一番印象に残りました。理不尽な神とのやり取りはなく、そこにあるのは、自分自身と向き合うヨブと、偏見をもたない女の子。一神教の物語といった感じはぜんぜんありません。この話を読むと「あの女の子に」そして「すべてを受け容れられるヨブに」少しでも近づくことができたら、と思える話です。

 知らなかったのは、以下です。

 −ダビデとゴリアテ
 −サムソンとデリラ
 −スザンナ
 −ヨナ
 −よきサマリア人
 −ヨシュア
 −ヨセフ
 −エステル

 失ってしまったものを、しみじみと実感したのが「よきサマリア人」。地位を持っていても、金持ちであっても、人を助けようとしない人もあれば、人から蔑まれるような立場にあっても、困った人を見過ごせない人もいる。後者のような人間になりたいと思うのが、ひととして自然だと思います。でも、世知辛い昨今、どんなことで、どんな逆恨みをされるかわかりません。命を賭けなければ、ひとも救えないと思えるような事件を次から次へと耳にします。そんな中で、私ひとりでも変われば、世の中なにか変わるのだろうか、と思わず自分に問いかけてしまいました。もちろん、簡単に答えは出ません。

 でも、もしこの話を聖書の中で読んだ場合、私は、自分にこういう問いかけをしたのか考えてみましたが、たぶん、そこまで考えないような気がします。

 そういう意味において、この新バイブルは、おもしろくもあり、有益でもあると思います。聖書に抵抗がある私が、これを機会に、聖書のことを少し調べてみたいという気持ちも生まれたのですから。
posted by 作楽 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(宗教・神話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする