2017年02月25日

「聖エセルドレダ女学院の殺人」

20170225「聖エセルドレダ女学院の殺人」.png

ジュリー・ベリー (Julie Berry) 著
神林 美和 訳
東京創元社 出版

 物語の舞台は、1890年のイングランドのイーリー。聖エセルドレダ女学院というのは、大きな屋敷に住む未亡人が自ら校長をつとめ、たった7人の女生徒を引き受ける寄宿学校(フィニッシングスクール)です。

 わたしが好きなコージーミステリだと思って読み始めたものの、すぐさまその展開にとまどってしまいました。タイトルにあるとおり、寄宿学校で殺人が起こったのですが、女生徒たちは遺体を見つからないように埋め、殺人があった痕跡を隠そうと躍起になり、次から次へと嘘を繰り出していくのです。『素人探偵はどこに?』そんなわたしの疑問をよそに、ありえない幸運に次から次へと恵まれた生徒たちは、おとなのいない学校生活を続けます。そんななか、7人の生徒のうち、リーダーシップを握る生徒が財務責任者に、最年少の生徒が探偵に仲間内から任命されます。その12歳の探偵に調査らしいことができるはずもなく、物語はどんどん進み……。

 嘘に嘘を重ねる生徒たちが一番会いたくない人が大詰めに登場し、あらたな悲劇が起こり、物語がどこに向かっているのか、予想もつかなくなったところで、しゅるしゅると大団円へと収束していきました。意外性に満ちてはいましたが、消化不良を起こしそうなシュールな流れについていけませんでした。コージーミステリでも、もう少しリアリティが欲しいと思う筋書きだったので、この続編が出されても読むことはないと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

「翻訳夜話」

20170224「翻訳夜話」.jpg

村上 春樹/柴田 元幸 著
文藝春秋 出版

 柴田氏が大学で開いている翻訳の授業に村上氏を招き、学生の質問に答えながら対談したことをきっかけにできた本だそうです。そのほか、翻訳家を志望する人たちや若手翻訳家を前に対談した内容も収められています。

 それらの対談以上に面白かったのは、村上氏が翻訳して出版された短篇(レイモンド・カーヴァーの「収集」。原題は「Collectors」)を柴田氏も新たに翻訳して比べられるようにしてある章です。逆バージョンもあって、柴田氏の既訳(ポール・オースターの「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」。原題は「Auggie Wren's Christmas Story」)と村上氏の訳しおろしも比べられます。しかも、両氏がそれぞれの違いに驚きつつ、それぞれの訳にコメントなさっている部分が対談中にあって、読んでいて贅沢な試みだなと思いました。

 しかも、それらの短篇が作品としておもしろく読めるものなので、行きつ戻りつしながら、英文、村上氏訳、柴田氏訳と何度も目を通しても飽きませんでした。村上氏の訳もそれだけで読むと、何の違和感もなく楽しく読めるのですが、重箱の隅をつつくように細かく柴田氏訳と比べて読むと、柴田氏訳のほうがわたしの好みにあう部分がわずかに多かった気がします。たぶん、カタカナ英語の取り入れ方など、些細なことでありながら馴染まない箇所が村上氏訳にあったのだと思います。そういう自分の好みの発見もあって、これだけ読者を楽しませてくれる試みもそうはないのではないかと思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

「相手を思いのままに「心理操作」できる!」

20170223「相手を思いのままに「心理操作」できる!」.png

デヴィッド・リーバーマン (David J. Lieberman) 著
斎藤 勇 訳
三笠書房 出版

 タイトルだけを見ると、相手を騙したり、悪いことに使えるテクニックに見えなくもないですが、対人心理学に基づく社会生活に役立つ手法のようです。

 数多くの手法が紹介されていましたが、そのなかでも一部、わたしの日常で使ってみたいと思った手法を、自分がこれまでに困った場面に当てはめて選んでみました。

(1) 肯定的だけれども表面的な感想を言われ、本音が聞けないとき

Q「新案のコンセプトは気に入っていただけたでしょうか?」
A「ああ、とても独創的でよかったよ」
Q「では、もっとよくするには、どうしたらいいでしょうか?」

 上記のように、相手の意見を否定せず、まだ改善の余地があることを示せば本音が出てくるそうです。

(2) 相手が暴言を吐いて、くってかかってきたとき

「どうして私にこんなことをするのよ」という代わりに、「『あなた』、今日は何か不愉快なことでもあったみたいね」というように『私』のことを防御せず、『あなた』のことを話すと、問題は、相手のなかにのみ存在することをはっきりさせることができ、鎮静作用が働くそうです。

(3) 嫉妬されて困ったとき

 AさんがBさんを妬んでいる場合、Aさんのよさを褒めても効果は見込めないそうです。AさんになくてBさんにあるもの、つまり嫉妬の原因となる事柄について、価値がないと伝えることが大切だそうです。友人が多く収入の少ないAさんが、収入の多いBさんを妬んでいる場合、収入が多いことよりも友人が多いことが重要であると、さりげなく話すと効果が高いとか。

(4) 相手に行動を起こさせようと説得するものの、応じてもらえないとき

 行動することにより得られるものを説明し、行動を促すよう説得するより、行動しないことにより失うものを説明し、行動を促すよう説得するほうが応じてもらえる確率が格段に高くなるそうです。決断は感情に支えられていて、何かを失う怖さが決断を引き起こすという理屈です。

(5) 相手の指摘や質問によって窮地に立たされたとき

「あなたは、もう○○する年じゃないでしょ。やめれば?」といわれたとき、「そんなことはないよ。だって……」といった守りに入れば途端に窮地に立たされるそうです。「何歳までならいいと思う?」と質問で返せば、その問題を自分からは遠ざけ、相手の問題にしてしまうことができます。40歳と答えても、30歳と答えても、41歳にはダメで40歳にはいい理由、31歳にはダメで30歳にはいい理由を説明する羽目に追い込まれるのは、相手だからです。

 こういう手法を知り尽くした人と議論したくはないと思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

「四人の交差点」

20170222「四人の交差点」.png

トンミ・キンヌネン (Tommi Kinnunen) 著
古市 真由美 訳
新潮社 出版

 フィンランドを舞台とした長篇です。フィンランドに対する知識が皆無に近いので、読んでいてすんなりと理解できない場面もありました。訳者あとがきを読んで初めて合点がいったこともあります。たとえばフィンランドでは、同性愛行為は男女ともに刑事罰の対象となる犯罪でした。この法律が撤廃されたのは1971年で、北欧諸国の中では最も遅かったそうです。しかも、そこからさらに10年を経て、同性愛が病気の一種に分類されなくなったそうです。宗教の面で日本とは違うとはいえ、1968年の裁判まで公立学校で進化論を教えることを禁じていたアーカンソー州法と同じくらいのインパクトがわたしにはありました。

 タイトルにある四人は、助産師のマリア、その娘のラハヤ、ラハヤの息子の妻であるカーリナ、ラハヤの夫であるオンニです。それぞれの視点で、各章が語られるのですが、並行して語られるわけでも、まったく同じ場面がとりあげられるわけでもないので、読みながら、ジグソーパズルのピースを嵌めこむように全体像をつくりあげることになります。

 そのプロセスにおいて重要な役割を果たすのは、家です。その時々に応じて、経済的自由であったり、支配であったり、慈しみであったり、さまざまな思いの象徴として描かれる家は、家族が集い、語り合う場ではありません。孤独を感じる場所であり、他者の侵入を阻む場所であり、秘密を隠す場所です。それらの秘密を紐解くようにこの本を読んでいくのですが、ミステリ本のように手がかりを拾いながら読むうち、そうであって欲しくはないと思う事実に行き着きます。それぞれの思いが語られ過ぎることもなく、想像の余地を残して終わるので、わたしとしては好みの作品でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

「日本人の英語」

20170211「日本人の英語」.png

マーク・ピーターセン 著
岩波書店 出版

 1988年初版のこの本は、ロングセラーと呼べると思います。わたしが読んだのも、20年以上も前のことです。当時、英語のことを何も理解できていなかったと思うほど驚いたことを覚えています。

 再読して思ったのは、かなり細かく覚えていた内容は、当時どころか現在も苦手とする分野でした。それは、この本の最初に登場する冠詞です。中盤以降の前置詞や時制・相については、説明されている内容がすんなりと理解できる部分も多いのですが、それでも身につかず忘れてしまっていた部分もありました。

 冠詞で、いまもそこまで読めていないと思った例文は、次のようなものです。

<<<<<
In April, I introduced the coach of my tennis club to an ex-wife of my brother, and by June the two were already married. (4月に、私のテニス・クラブのコーチを、弟の離婚した妻に紹介したが、6月になったら、二人はもう結婚していた。)
>>>>>

 この文の冠詞を見て、(1) 私のテニス・クラブには、コーチがひとりしかいないこと、(2) 弟は少なくとも二回は離婚していること、この2点がわかります。ただ、問われると考えてわかりますが、さらっと読んで、そう認識することはできません。

 また、定冠詞の使い方では、He is interested in the painting pictures. は、誤りとあります。単に "the" をとるか、He is interested in the painting of pictures. とすれば良いそうです。つまり、painting of pictures と painting pictures には明確な違いがあることになります。前者は、of があるから、painting と pictures は修飾関係にあり、house painting (家のペンキ塗り) ではなく、picture painting (絵を描くこと) だと、painting の意味の範囲が限定されている、そう著者は説明しています。いっぽう後者は、pictures が painting の「目的語」にすぎず、修飾関係ではないので、十分な限定にならないそうです。このあたりの『限定』されているかいないかの判断は、わたしにとって難題です。

 上記で要となっている of のような前置詞は、大きな役割があるにもかかわらず、わたしは意外と見過ごしてしまいます。

<<<<<
He is out of it today. (今日、彼はどうかしている。)
He is off of it today. (今日、彼は調子が出ない。)
>>>>>

 off は、out に比べ、相対的に位置が近いというか、距離が短いというか、そういうニュアンスがありますは、こうして並べられると意識しますが、普段はできていません。

 日常的に英語を使っているだけに、情けないかぎりです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

「万年筆で極める美文字」

20170210「万年筆で極める美文字」.png

青山 浩之 著
実務教育出版 出版

 わたしの親しい友人が、かなり万年筆に凝っていて、廉価なものから高価なものまで、100本とまではいかなくとも、かなりの数を揃えています。それで、タイトルの『万年筆』が目につき、万年筆の魅力を知りたくて読んだ次第です。

 コレクションしたくなるほどの魅力が万年筆のどこにあるのか知りたいという軽い気持ちだったのが、読み終えたときには、わたしも少し練習すれば、万年筆で綺麗な文字が書けるような気がしたのが、意外でした。

 本書では、『表情の豊かな文字』が書けることを万年筆の魅力としてあげています。微妙な力加減やスピードの違いによって、文字に濃淡が出て、文字に表情があらわれるというのです。説得力のある実例が添えられています。

 しかも、『美文字』を書くためのルールを絞り、簡潔に説明しているので、なんとなく実践できそうな気がしてきます。

(A) すき間均等法
 文字を書くとき、線ばかりに意識を向けてしまいますが、すき間の大きさも注意する必要があります。たとえば禾編では、線に区切られるすき間が6箇所あり、このスペースを同じにすれば、バランスがとれます。
(B) 中心線串刺し法
 文全体としてバランスをとるには、漢字とかなで大きさを変える必要がありますが、それぞれの縦の中心線を合わせると見栄えがよくなります。
(C) 手首固定法
 手首を机につけることにより、安定して一画一画を書けるようになります。

 文字を丁寧に見せるルール(ただし、楷書に限定)もあります。
(a)「ピタ」のルール
 横画の最後を筆圧を加えて「ピタ」と止めれば、整った印象になります。
(b)「カク」のルール
 折れる部分は、横画の終わりで、いったん力をゆるめてからコブができるくらいしっかり押さえて折ることで、丸く書いた角にはないメリハリがうまれます。たとえば『口』の右上の折れなどに使えます。
(c)「ピト」のルール
 つけるべきところを筆圧をかけてしっかりつけると、きちんと感がうまれます。たとえば『目』のあいだの二本をきちんと左右につけると乱暴に書いたようには見えません。

 文字ひとつひとつの書き方を覚えるのではなく、多くの漢字に当てはまる基本ルールを覚えるよう説明されているので、きれいな字を書くのはそう難しくはないように思えてきます。実際は、難しいのでしょうけれど、少し意識するだけで、かなり違う印象の文字を書けそうな気はします。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

「少年少女」

20170209「少年少女」.jpg

アナトール・フランス 著
三好 達治 訳

 ある女性が愛読書として紹介くださったので読んでみました。

 100ページほどの本に19編収められているので、どれも小品です。すべての虚飾がとりのぞかれたような清楚さを感じる文章です。詩人が訳した作品だけに、声に出して読むのがふさわしいような流れがあります。

 表紙には、「また明日を生きようとする少年少女には、優しい有益な忠告を与えてくれるのである」とあります。その忠告はどれも、大人になってみれば、ごく自然に受け止められることばかりですが、小さな子供たちには知らせたくないような苦い面をもった内容がほとんどです。

 この本を勧めてくださった女性は「学校」という作品で、このアナトール・フランスを知ったそうです。その「学校」では、次のような一節があります。学校の成績でいい点数を得た少女が母親にいい点数が何に役立つかを聞いている場面です。

<<<<<
「いい点数は、何かの役にたつというような、そんなものではありません。しかしそれだから、いい点数をもらったことを喜ばなければなりません。お前も今に、一番貴いご褒美は、ただ名誉だけが与えられて、それから受ける利益はない、そんなご褒美だということがわかるようになるでしょう。」
>>>>>


 頑張っていい点をとっても役立つことなど何もないと言い切る大人に、子供を対等に見る視線を感じました。子供を見下ろし「大きくなったらわかることだし、今は頑張ったらいいことがあると言っておこう」という姿勢は微塵もありません。思わず、「問いつめられたパパとママの本」を思い出しました。

 わたしが一番共感できた作品は「ファンション」。ファンションが小鳥にパンを分け与える場面で、ファンションは、どの小鳥にも平等にパンを与えられないことに気付き、注意します。

<<<<<
 けれども彼女のいうことはいっこう聴きいれられません。正しいことを言い出した時には、滅多に耳を藉してもらえないのが世の常です。彼女はいろいろと工夫をこらして、弱いものたちを引き立ててやり、臆病なものたちに加勢してやろうと試みました。が、どうもうまくはゆきません、どんなふうにやってみても、やせたものたちをさしおいて、肥ったものたちに食べさせることになるのです。それが彼女を悩ませました、彼女はまだほんの単純な子供だったのです、これが世間の常だとは、彼女には思いも及ばなかったのです。
>>>>>


 静かに真を伝える文章に大人の優しさを感じました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

「日本語の作法」

20170208「日本語の作法」.png

外山 滋比古 著
日経BP社 出版

 ここでいう『作法』をどう説明すればいいのか迷うところですが、『おとなの嗜み』とでもいえばいいでしょうか。著者が常日頃見聞きしたなかから、すぐれた言葉遣い、いただけない無遠慮などを紹介しています。

 決まりきった型は、無難ではあるものの、ときには相手への配慮がいまひとつ欠けているといえなくもない状況に陥ることもあります。ここでは、年賀欠礼がとりあげられています。師走に入り、年賀状を書き終えてから届いた欠礼のあいさつには、「……当方の賀状は控えますが、いただくのはありがたくお受けします。にぎやかなことの好きだった故人も喜ぶでしょう」とあったそうです。すでに書いてしまった賀状のことを考えて気が重くなる相手を慮っての素敵なことばだと思います。

 それとは違うタイプの工夫ですが、日本におびただしい外来語が入ってきた明治時代、そのままの原語ではわからないから、細工は流流の訳語をこしらえたことをあげています。それが現代では、外国から入ってきた新しい概念やものごとをよく理解しないまま、カタカナ語で誤魔化し、それを恥ずかしいと思わないと批難しています。(著者は、自国にないものを借りてくることはしかたがないと認めたうえで、わからないことを誤魔化しても恥と思わない心根を嘆いています。)適当にカタカナ語にしてしまい、日々それらを使っているIT業界の一員として、耳が痛いご指摘です。

 作法というと、決まりごとのように聞こえますが、基本は『気遣うこころ』だと、あらためて認識しました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

「できる翻訳者になるために プロフェッショナル 4 人が本気で教える 翻訳のレッスン」

20170207「翻訳のレッスン」.png

高橋 さきの/深井 裕美子/井口 耕二/高橋 聡 著
講談社 出版

 ダン・ブラウンなどの翻訳で有名な越前敏弥氏が、ある書店のトークイベントに登壇されたとき、(あくまでわたしの物差しで)鋭いご指摘(質問)をなさった方がいらっしゃいました。それが、座談会形式のこの本に登場する 4 人のうちのひとり、井口氏です。

 そのトークイベントが記憶に残っていたので、この本に興味を覚え、読んでみました。4 人は各々、受注する仕事の内容が違うそうです。そのせいかどうかわかりませんが、本書は、特定の分野に限らず、翻訳という業務のあらゆる方面に通用する話題が中心となっています。それはそれで魅力的なのですが、掘り下げられた内容とは言い難いと思います。

 ただ、翻訳に付きものの調べ物に役立つリファレンスの情報が期待以上に掲載されていて、役立ちました。また、井口氏ほどの方でも翻訳スキルをブラッシュアップするために、仕事をする際、決めたテーマ(たとえば、助詞の「は」を極力減らす、読点を極力減らすなど)に意識を集中させ、日本語の使い分けの感覚を習得するといったことを実践されているという話を読み、まだまだ先は長いという実感がわいたことは収穫でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

「日本語どっち⁉」

20170127「日本語どっち⁉」.png

北原 保雄 著
金の星社 出版

問題な日本語」の著者が書いた本なので、読んでみました。期待とは少し違って、こちらは対象読者の年代が、少々低めに設定されているようです。高校生あたりではないかと思います。

 AとBを提示して、タイトルにあるように、どっちが正しいか問い、正解を説明する構成になっています。

 読者層が高校生くらいかと思って読み始めたものの、A/Bの選択を間違えてしまったものが、いくつかありました。

『一段落』。これの読み方として正しいのは、次のどちらでしょう。A.いちだんらく、B.ひとだんらく。

 正解は、A.いちだんらく、のほうです。

「一仕事」(ひとしごと)「一安心」(ひとあんしん)「一苦労」(ひとくろう)といった読み方に影響されたのではないかと著者は分析しています。まさにわたしのことです。

『さわり』。この言葉の意味として正しいのは、次のどちらでしょう。A.物語や歌、芝居などの最初の部分。出だし。B.物語や歌、芝居などの、いちばんの見どころや聞きどころ。

 正解は、B.いちばんの見どころや聞きどころ、のほうです。

「さわり」は、もとは人形浄瑠璃で、義太夫節以外の流派の節を取りいれた部分のことだったそうです。その部分が最高の聞かせどころだったことから、見どころ、聞きどころの意味で広く使われるようになったとか。ずっと昔からも間違えて使っていたなんて、恥ずかしい話です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする