2019年07月23日

「最適な『人生のペース』が見つかる 捨てる時間術」

20190723「捨てる時間術」.png

若杉 アキラ 著
日本実業出版社 出版

 わたし自身も本音では著者と同じように無駄な時間だと考えていたのに踏ん切りがつかず行動に移せなかったことがいくつかあります。

 ひとつは、乗り気ではない飲み会への参加です。プライベートではもう、楽しい飲み会へのお誘いしかないのですが、同僚との飲み会は、乗り気ではなくとも時々参加しています。著者は、飲み会に行かないせいで不利益を被るような会社は、そもそもいる意味があるのか疑問に思うといいます。そのことばに納得できたので、これからは自分の時間優先で割り切ってお断りできそうです。

 もうひとつは、さらに難易度の高い問題です。わたしが興味をもてないイベントの集客に、わたしが大切に思っている方が関わっていてお誘いされるケースです。当日、わたしにとって大切な方とお話できればそれだけで行く価値はあるのですが、集客に関わっているくらいなのでお忙しそうで声をかけられない場合がほとんどです。著者は、そんなケースで演劇に誘われたときのお断り例をこう書いています。
++++++++++++++++++++
お誘いありがとうございます (誘いに感謝)。
先日のお話とても楽しかったです (これまでともにした時間に好意を示す)。
今回は〇〇の劇なのですね。いつも応援しています (これからも好意があると示す)。
あいにく当日伺うことはできませんが、素敵な舞台になることを願っています (理由を伝えずに断る)。
++++++++++++++++++++

 ポイントは、理由を伝えていないことです。目からウロコです。これから参考にさせていただきたいと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

「現役東大生の世界一おもしろい教養講座」

20190722「おもしろい教養講座」.png

西岡 壱誠 著
実務教育出版 出版

 この本の内容紹介にあるとおり、古今東西のできごとを『風が吹けば桶屋が儲かる』方式で解説しています。つまり、そういう因果関係の連なりを組み立てられるかもしれないけれど、そうではないかもしれないといった話を現代の若者言葉を取り込みつつ楽しく解説しています。

 たとえば、日本では 2000 年代に入ってショッピングモールが地方に増えました。(これについては説明されていませんが、大規模小売店舗法が廃止されたことが引き金になったと思われます。) それにより地方の駅前商店街はシャッター街になり、若者は自分たちの商店街を潰したショッピングモールで働くのが嫌で都会で働くようになったと説明しています。そういった心理的要因もあったと思いますが、このころ大学への進学率が 50% に迫る勢いで増えていました。そのため、都市部で大学生活を送った若者がそのまま就職したという要因もあったとわたしは推測していますが、著者はそういった要素はすべて切り捨てて簡略化しています。

 その結果、論点の展開が教養かエンターテインメントか、ちょっと微妙なラインを彷徨う感じになっていますが、この本で著者が伝えようとしたことは、大切なのは知識を覚えることではなく、知りえたこと同士の関連性を考えてみたり、応用してみたり、学んだことを活用することの大切さだと思います。

 若い人たちに向けたそのメッセージは伝わっているのではないかと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

「あんたの神さま」

20190715「あんたの神さま」.png

てんつくマン (本名:軌保 博光(のりやす ひろみつ)) 著
サンマーク出版 出版

 著者は、路上で詩を書いているそうですが、もとはお笑い芸人だそうです。そのせいかもしれませんが、突っ込みどころ満載です。人にはそれぞれ神さまがついているというのですが、ご自身の神さまの名前が『安永さん』。ぼくの神さまは『安永さん』ですと言われた時点で、誰それ? どうしてその名前? と思ってしまうのは、わたしだけではないはずです。

 でも、核心部分では極々真っ当な心掛けを勧めてくれます。もうウン十年も前に助言していただいた内容を思い出したのは『恩送り』です。著者は、こう書いています。
++++++++++
忘れたらあかんのは、苦しいときには勇気を出して、「助けて!」って言うことや。正直に「苦しい……」って言うことはすごく大事で、それによってまわりの人も生かされていくから。それで、助けてもらったときのうれしさ、喜びを知ることができたら、今度は "恩返し" もええけど、"恩送り" をするねん。助けてもらった人にお返しをするんじゃなくて、ほかにもっと困っている人、三人ぐらいに何かをしてあげることや。そうやって恩送りをしていったら、どんどんつながっていくねん。
++++++++++

 誰もが知っている当たり前のことが書かれてあるだけなのですが、その当たり前のことを実践していくなかで、たまたま自己中心的/反社会的な人たちに振り回されたりしたとき、この本を読めば、元のバランスが戻ってくるかもしれません。わたしは偶然そういうタイミングで読むことができたので、よかったです。

 そして新しいもひとつ学ぶことができました。
++++++++++
「未来は変えられるけど、過去はけっして変えられない」そうずっと思っていたけど、過去は変えられるやんって学ぶことができた。もちろん過去の出来事は変わらへん。でも、そのときに感じた恨みや苦しみ、憎しみが全部、感謝の気持ちに変えられるって思った。
++++++++++

 著者は、過去の辛い経験を無駄なことと考えず、現在の幸せに辿り着くために必要なことだったと捉えなおすことで過去に感謝できたそうです。過去も変えられるというのは、わたしには新しい考え方でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

「どうぶつ会議」

20190714「どうぶつ会議」.png

エーリヒ・ケストナー (Erich Kästner) 著
ワルター・トリヤー (Walter Trier) 絵
光吉 夏弥 訳
岩波書店 出版

 現代のわたしたちは、子供向け絵本といえば、現実社会に存在する悪意や犯罪などが完全に排除された架空の世界を舞台とした物語をイメージしがちです。しかし、この絵本は違います。正しい目的のためならば、実力行使も辞さない構えで戦う動物たちが描かれています。そういった描写を子供たちに見せるべきではないと考える方もいるかもしれませんが、わたしはこういった絵本もあっていいと思いました。

 それは、子供たちにも知ってもらいたい、考えてほしいというメッセージが感じられたからです。同時に大人たちにも自らの愚かさを知ってほしいという気持ちもこめられていたのかもしれません。

 ある程度の配慮もされていますし、ユーモアのセンスもあって、いたわしい雰囲気は感じられません。この本が日本で最初に出版されたのは、1954 年です。当時は、いまほど子供たちを無菌状態で育てたいという思いが強くない時代だったのかもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

「いっしょにうたおう♪ マザーグースのうた」

20190713「いっしょにうたおう」.jpg

鷲津 名都江 著
葉 祥明 絵
Jリサーチ出版 出版

Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king's horses,
And all the king's men,
Couldn't put Humpty together again.

 そう軽やかに歌うテープをむかし繰り返し聞いた記憶があるので懐かしくなり、手にとりました。軽い気持ちで読み始めたのですが、思った以上に読み応えがありました。

 おとな向けの解説が巻末にあり、知らなかったことが満載で、リズム感のいいマザーグースの歌の意外な面を知ることができました。

 まず、イギリス伝承童謡の総称として知られるマザーグースという名前は、日本や米国で使われている呼び名で、本家本元、イギリスでの呼称はナーサリー・ライム (Nursery Rhymes) というそうです。

 そして、昔から親しまれている童謡なら当然かもしれませんが、これらの詩から生まれた慣用句もあるようです。上記 Humpty Dumpty から生まれたのは、all the king's men。「壊れたものは元には戻らない」、つまり「覆水盆に返らず」の意味で、新聞の見出しや小説のなかでもよく使われているそうです。ウォーターゲート事件を暴き、ニクソン大統領を失脚させるきっかけとなった、ワシントンポストの記者が書いた本のタイトル「All the President's Men (邦題:大統領の陰謀)」は、all the king's men の king を大統領の President に入れ替えたもので、ニクソン政権が元に戻らないことを示しているとか。

 韻を踏んだ軽快なリズムは、翻訳では味わえないものなので、しばらくの間ダウンロードしたこの本の音源を聞きたいと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(欧米文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

「外資系コンサルが実践する 図解作成の基本」

20190629「図解作成の基本」.jpg

吉澤 準特 著
すばる舎 出版

 久しぶりに提案書を書くようになったので読みました。文だけの情報を、図解で改善していく事例が冒頭にひとつ紹介されているのですが、その前後の違いは明白でした。時間の制約があって、ここまでのことはできないのですが、図形の使い分けルールが掲載されていたので、せめてこれくらいは実践したいと思いました。

【四角形】
角ばった見た目から、具体性のある考え方や事実を示すのに適します。配置するスペースに応じて長方形と正方形を使い分けます。

【三角形】
三角形は、量の増加や減少、集中と拡大、組織モデルや上下関係、スケジュール上の目標地点やマイルストンを示すのに適します。

【丸四角形】
丸四角形は、丸みを帯びた見た目を持つため、四角形で示すよりも抽象的な概念や主観的な意見、推測を示すのに適しています。四角形と混在させる場合、より抽象的で主観的な要素を丸四角形に当てます。

【円・扇形】
円・扇形は、図形全体が曲線で成り立っているため、抽象度が高く、決まっていることが少ない情報を示すのに適しています。抽象度の小さいものは丸四角形とし、それより大きいものを円とします。半円を作ったり、円の中の要素を表現するのに扇型を使います。

【線・矢印全般】
線・矢印・円弧は、要素同士のつながる向きと強弱を示すのに用います。

【円弧・アーチ】
円弧とアーチは、円・楕円や弧に合わせて矢印を並べたい場合に適しています。

【かっこ全般】
かっこは、要素同士の集合関係 (包含関係) を示すのに役立ちます。大かっこ、中かっこがあります。これらは特性ごとに使い分け、「同じ意味を表すが見た目が異なるもの」を混在させないようにします。

【吹き出し全般】
四角形吹き出しは、具体性のある理由や追加情報に用います。丸形吹き出しは、四角形吹き出しよりも抽象的であいまいな情報・意見・推測・番号・記号に使います。雲形吹き出しは、丸形吹き出しよりもさらに抽象的な情報・想像・憶測・心理的な情報に用います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

「二度と戻らぬ」

20190628「二度と戻らぬ」.png

森巣 博 著
幻冬舎 出版

 かつての学生運動で罪を犯したこの本の主人公、森山道は、その過ち以来世間に背を向けて暮らし、博打で生計を立てています。わたしは、博打の世界をまったく知らないので、物語のなかで語られていることがどの程度現実社会に当てはまるのかもわからないまま好奇心に駆られて読み進めたのですが、読み終えての感想としては可もなく不可もなくといったところでしょうか。

 主人公の博打がひとつのストーリーで、もうひとつは 30 年前の主人公の過ちに関わる清算です。前者は、楽しめました。確率論で博打を見るおもしろさを味わえましたし、控除率 (馬券を 1000 円買うと、そのうちの 250 円分は天引きされるといったギャンブル参加者に戻らない部分の割合) の存在がわかっていてギャンブルに溺れてしまう流れもいくらか理解できました。

 後者のストーリーのほうは、読後感がよくありませんでした。理由は、わたしの価値観にあると思います。何がなんでも、つまり暴力に訴えてでも自分たちの手で変えたいという意思をもった学生たちの運動をリアルタイムに見なかったことも影響しているのかもしれませんが、わたしは暴力で手に入れたものに価値を見出せませんし、いくら暴力に訴えた解決を語られても、こじつけにしか聞こえません。

 独りよがりな主人公に共感できなかったことが作品への評価につながったと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

「思い出の作家たち―谷崎・川端・三島・安部・司馬」

20190627「思い出の作家たち」.png

ドナルド・キーン (Donald Keene) 著
松宮 史朗 訳
新潮社 出版

 ドナルド・キーン氏が昭和を代表する5人の文豪たちとの親交を振り返りながら論じています。キーン氏は、5 人の交わりを次のように述べています。
<<<<<
谷崎と川端の場合、私とは歳が離れすぎていたので、その間柄も "友人" であるよりは年少の崇拝者に二人の文豪が示した再三の親切と解釈したほうがよかろう。そこへいくと三島、安部とはまさに親友であり、長年にわたり幾多の交遊をもった。司馬の知遇を得たのは他の四人よりは数年遅く、また会う機会も比較的少なかったが、私は彼のことを友人だったと思っているし、まぎれもない恩人でもある。
>>>>>

 キーン氏が直接本人から聞いた話も興味深いですが、作家の個性や日本文化を熟知したキーン氏による作品の解釈も得るものが多く、それらを踏まえて再読したい、あるいは初めて読んでみたいと思った作品がいくつかありました。

 キーン氏が親友と呼んだ三島氏は、わたしから見て疑問に思う最期を遂げただけに、色々感ずるものがありました。まず、キーン氏は、三島氏のなかに夭折への憧れを認めていました。
<<<<<
『仮面の告白』の主人公の「私」は、夭折に心を奪われ、やせこけて魅力のない自分の身体に何らかの奇跡が起き、殉教した聖セバスチャンの栄光に達することを夢想する。いつだったか私は三島に、『仮面の告白』中に描かれた「私」の中学時代の作文 (聖セバスチャンについての散文詩を含む) は、中学生だったあなたが実際に書いたものではないかと訊いたことがあり、彼はその通りだと答えた。矢に貫かれて死ぬ美しい若者への憧憬は、早くから現れていたのだ。
>>>>>

 それなのに、三島氏は兵役を免れようとし、結果的に命拾いをします。しかし 40 代になって自決を決めた瞬間をキーン氏はこう推測しています。
<<<<<
昭和四十五年の六月、日米安保条約の更新前夜、私と三島は食事の場に向かうタクシーの中にいた。昭和三十五年の安保改定に反対するデモから十年、この年の騒乱は遥かに大きな規模になるだろうと広く予想されていた。この予想をおそらく信じていた三島が、ささやかな私兵集団「楯の会」を結成したのは、暴徒から皇居を守る目的があってのことだったかもしれない。もちろん、私兵百名では、皇居に押し入ろうとする数万人のデモ隊を抑えられるはずがないのだが、死に果てることなら可能であろうし、それこそが三島の真の目的だった。ところが、タクシーが国会議事堂にさしかかった時、そこにはデモ隊の気配すらなく、暇をもて余した警官たちが、その夜は使いそうにもない楯と棍棒を抱えているだけだった。三島が自裁しなければならぬと決意したのは、もはや皇居の石段で討ち死にする機会は永遠に失われたと痛感したあの夜……まさにこの時だったのではなかろうか。
>>>>>

 三島氏がもし兵役検査で事実を話していたら入っていたであろう部隊は、フィリピンで全滅したそうです。そこで若くして死んでいたらよかった、いまそれをなんとか再現できないだろうか、三島氏はそうとでも思っていたのでしょうか。

 同時に、自らの遺作となる『豊饒の海』が海外で出版されることを強く望み、キーン氏にあらゆる手立てを講じてほしいと別れを告げる手紙に書いていたそうです。

 もっと生きれば、さらなる代表作を書くこともノーベル賞を受賞することもたやすく実現できそうに思える作家だけに残念に思う気持ちは変わりませんが、揺るぎない価値観にしたがった行動だったということだけは、ぼんやりと理解できました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

「飛べない龍」

20190626「飛べない龍」.png

蘇 童 (Su Tong) 著
村上 満里子 訳
文芸社 出版

 日本語で読める中国の現代作品は少ないので、少し古い作品 (2007年出版) ですが、いただいたのを機に読んでみました。

 帯に『数カ国語で出版、映画化作品も多数』とあり、この作家の力量を称えていますが、この作品に限ってはそこまで秀でたものには思えませんでした。ただ、文学を目指す人たちにとって自由闊達に表現できる環境とはいいがたいであろう中国で創作を続けている作家の作品が日本語に翻訳されたことは、ある程度の評価を受けて当然だとも思います。

 この本の舞台は急速に都市化が進んだある街です。そこにあった路地や密集住宅が壊されるいっぽう高いビルが建ち、貧しい人たちが追いはらわれたあとに、いわゆるエリートが働くオフィス街ができ、何もかも変わったように見えても、そこにいた人たちもみな変われたわけではありません。

 若さを武器に夢を追いかけて街に来た女、成功を夢見て次々と事業に手を出した男、住み慣れた街が変貌を遂げてもそこに留まろうとあがく中年男、急激に栄えた街で上昇志向に燃える女、流行の波に乗って成功した兄弟、群像劇のような作品には個性の異なる人物が数多く登場しますが、この作品のなかでスポットライトが当たるのは、変貌した街の中心に踊りでることができない人たちです。

 いま貿易をめぐって米国と対立している中国では、都市部で働いていた農村出身者たちが大量に農村へ戻っているといわれています。この小説のような光景が見られているのかもしれないと思いました。気分が塞ぐ話ですが、華やかな場に留まる人たちができる範囲で夢に破れた人たちに優しく接する場面に救われました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

「エレガントな象」

20190615「エレガントな象」.png

阿川 弘之 著
文藝春秋 出版

 わたしは、著者より娘の佐和子氏のほうの話題をリアルタイムに聞いた世代で、著者の作品を読んだ記憶はありません。はじめて読んだ随筆ですが、第二次世界大戦時代を生き、原爆を経験した広島の生まれである著者が書く戦争の記述がずしんと響きました。

 たとえば、1945 年の春、東京空襲に来る B29 群は、湘南地方上空で大量の宣伝ビラを撒いたそうです。「鎌倉藤沢忘れたわけではありません」という気味の悪い傑作もあったそうです。数十年を経て、この随筆を書かれていたとき、別の傑作を見つけたとありました。

『日本よい国花の国
五月六月灰の国
七月八月よその国』

 著者は、このひとつの帝国が崩れ去る運命をたった 3 行で的確に表現し、七(八)五調の調べをつけ、しかも韻を踏ませたこちらの傑作が 1939 年にアメリカに亡命した八島太郎氏の作ではないかと推測しています。1956 年に八島氏にお会いになった際、「僕はね、戦争中志願してアメリカの情報機関で働いていたんだよ。空から撒く伝単用の諷刺漫画を描いたり、日本兵に投降をすすめる励ましの文章を書いたり、此の戦争で死ぬ日本人の数を出来るだけ少なくしたいと考へてゐたからね」と八島氏が話されていたそうです。

 特高に殺されるか、戦争で死ぬか、選択肢がふたつしかないように見えた時代に別の道を示そうとした人物がいたことはもっと知られてもいいように思います。

 そんな戦争経験者である著者が、自衛隊の派遣先に関する議論に対し『だいたい、危険な地域に自衛隊を出せないといふのは、軍の本質を無視する矛盾した議論であって、いつまでもそんなことを言つてゐると、テロリストを含む全世界の人の侮蔑嘲笑のまとにされるだらう』と書いていらっしゃることは、安全は待っていれば黙って与えられるものだと思っているわたしたちを諭しているように思えました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする