2016年12月23日

「A.E. あるいは希望をうたうこと」

20161223「A.E. あるいは希望をうたうこと」.png

新実 徳英 著
アルテスパブリッシング 出版

 まずは、内容より何より、その文体に惹きつけられてしまいました。語りかけるように柔らかく、それでいてしっかりと主張が伝わってくる文体は、カタカナがうまく取りいれられ、文末のバリエーションが豊富で、著者の個性がしっかりとあらわれています。

 タイトルにある A.E. は、After the Earthquake のことだそうです。東京を拠点に作曲活動をする著者にとってのEarthquakeは、2011年の東日本大震災です。この震災を風化させないために震災以降の作品番号には、A.E.を振っているそうです。

 和合亮一氏が震災の混乱と恐怖を詩というかたちで発し、それに共感した著者が作曲してできあがった《つぶてソング》は、よく知られていますが、そのほかにも著者の活躍は広範囲におよびます。わたしが驚いたのは、《音楽法要》です。現代語に訳された伽陀・三帰依文・回向に著者が音楽をつけて法要とされたそうです。著者は、「親しみ易い歌があって、集うごとにそれを歌うのは宗教活動にとって必要」と、さらりとおっしゃっていますが、読経にとってかわる音楽をイメージできないので、この音楽法要はぜひ聴いてみたかったと思います。

 そういった音楽活動について、わたしなどは、才能ある著者を羨む気持ちになりますが、著者は、音楽は「もらうもの」と表現しています。「自分の周りにこれだけたくさんの生命がいて、それぞれに霊性があって、そういうところに住んでいるんだから、それから多くのことをもうらうことができる」と思ったそうです。そういう謙虚さが、著者のこの文体を生んだのかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

「対岸の彼女」

20161222「対岸の彼女」.png
角田 光代 著
文藝春秋 出版

 第132回(平成16年度)下半期の直木賞受賞作品です。

 30代半ばの女性、小夜子の視点で物語は進みます。3歳のひとり娘を育てる専業主婦だった小夜子が、娘を保育園に預けて働きはじめ、仕事を通じて出会った人々との交流から、自分を見つめなおすという内容です。

 タイトルである「対岸の彼女」というのは、自分と同じ大学を卒業した同い年の会社経営者を指しています。夫も子供もいない対岸の彼女は、自由を手にして勝手きままに生きているように見え、自分の仕事を見下す夫や口うるさい姑の言葉に傷つき涙する自分とのあいだには、大きな川が立ちはだかっているように見えます。

 帯には、『だけどあたしたち、どこへいこうとしてたんだろう。』とあります。小夜子が、いくつかの経験を経て自分がいこうとしていたところを見つけて選んだ道は、前向きで建設的です。周囲の人たちのように、もっと楽な道を選ぶこともできたことを考えると、好感のもてる選択でした。そう思ったのは、わたし自身も、自分がどこへ行って何をしたいのかわからずに過ごしているからかもしれません。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

「台湾生まれ 日本語育ち」

20161210「台湾生まれ 日本語育ち」.png

温 又柔 著
白水社 出版

 著者の名前を読めませんでした。それを見透かすかのように著者は、最初にこう自身を紹介しています。『「おん・ゆうじゅう」と言います。/続けて言うと「おんゆうじゅう」。/ちょっぴり、おまんじゅう、に似ているのが自慢です。』

 著者は、台湾生まれ。父親の仕事の関係で3歳からずっと日本に住み、日本での永住権を得て日本に暮らし、日本で生まれ日本で育った日本国籍を有するひとたちと同じように日本語を操ります。しかし、日本語を自らの母国語と呼ぶのを躊躇う気持ちがあります。このエッセイは、そんな違和感のような気持ちの揺れをいろんなできごとを通して抽出したものです。

 父親が転勤したり、父と母で国籍が違ったり、さまざまな状況で著者と同じような状況におかれたひとは多いと思います。そのひとたちと著者のケースに少し違いがあるとすれば、日本が国籍と言語の範囲がほぼ重なりその境が海でわかりやすく区切られていること、著者がことばを仕事とする小説家であること、宗主国であった日本から押しつけられた結果として流暢に日本語を話す祖父母をもつことなどです。

 とりわけ、彼女の着眼点の鋭さや表現の豊かさにより、彼女の気持ちのひっかかりが、日本で生まれ育ったわたしにも、いくばくか理解できました。それと同時に、これまでずっと、ひとつの言語に頼ってきた自分をいつもと違った目で見ることができました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

「坐骨神経痛は99%完治する」

20161209「坐骨神経痛は99%完治する」.png

酒井 慎太郎 著
幻冬舎 出版

 内容紹介で、「足がしびれる、座るのがつらい、長時間歩けない、よくこむら返りが起きる……これらすべてが、一気に解決します!」とあって、この「よくこむら返りが起きる」に該当するうえ、いままで何度か腰痛に見舞われた経験から、興味がわいたので読んでみました。

 この本に書かれてあることを短くまとめると『あまり知られていない事実として、坐骨神経痛のほとんどの原因は仙腸関節の不調にあり、仙腸関節を調えれば、痛みはなくなる』というものです。少し要約しすぎの感もありますが、これだけです。仙腸関節の治療(関節包内矯正・かんせつほうないきょうせい)をしてもらえるクリニックが周辺にあるのなら、それでこの本の役目は終わりです。

 ただ、そういったクリニックが周囲にない場合を想定して、どのようなセルフケアを施せば仙腸関節を調えられるかも、後半に記載されています。いたってシンプルなケアなので、この本を読みさえすれば実践できると思います。必要なものは硬式テニスボール3個と毎日15分ほどの時間を割く根気だけです。

 拍子抜けするようなシンプルな対処ですが、わたしの周囲に脊柱管狭窄症に悩むひとも複数いるので、教えてあげたいと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

「緑のカプセルの謎」

緑のカプセルの謎.png

ジョン・ディクスン・カー (John Dickson Carr) 著
三角 和代 訳
東京創元社 出版

 1939年に発表されたミステリだとは俄かに信じがたいほど、色褪せた感じがしません。現代のデジカメには遠くおよばない、音声すら入っていない映像が重要な証拠なので、もちろん作品の古さを実感することはできます。それでも、ひとが陥りやすい錯覚を利用したトリックは、妙に説得力があります。わたしが、もしこんなふうに誘導されたら、うまうまと罠に嵌められることは間違いないと言い切れるほどです。

 見事なトリックで成り立つその事件は、ある事件のトリックを解明するために実施された実験を巧みに利用したものでした。しかし、その実験の意図がどこにあったのかも、どのようにその実験が利用されたのかも、皆目見当がつかないところから、ヒントが小出しにされていきます。そんな展開のなか、途中で読むのをやめるなんてことはできず、ついつい読んでしまいました。

 そしてすべてが明らかになり、ずいぶんと巧妙なトリックだとひとしきり感心したあと初めて、少々偶然に頼りすぎた展開があったことに気づくといったありさまで、すっかり騙されてしまいました。発表から半世紀以上経って、新訳で再登場する作品だけのことはあります。堪能いたしました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

「A Redbird Christmas」

20161118「A Redbird Christmas」.png

Fannie Flagg 著
Vintage Classics 出版

 (アメリカの) Amazon.comでは、500件を軽く越すレビューが書かれているので、ベストセラーと呼んでもいいと思います。ただ、それらレビューの高評価には、あまり同意できません。タイトルにあるとおりクリスマスのお話なので、クリスマス・ストーリーの原則どおり「めでたし、めでたし」で終わるべきだということを頭では理解していても、ここまで幸せの大盤振る舞いになると少々興ざめしてしまいました。

 物語は、孤児として育った中年男性 Oswald が肺を患って余命宣告を受け、寒さ厳しいシカゴを出て、アラバマへと引っ越すところから始まります。新天地で、さまざまな人や生き物にであい、それまで縁のなかった居心地のいい時間を過ごし、好きなことを見つけ……と展開していきます。

 登場人物それぞれの個性が際立ち、都会では見つけづらい穏やかなコミュニティの描写も優れていて、読むのが楽しかったのですが、それでも畳みかけるようなハッピー・エンドは、好きにはなれませんでした。クリスマス・ストーリーのあるべき姿を理解できていないだけかもしれませんが、わたしの気持ちとしては、ちょっぴり残念でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

「料理でわかるヨーロッパ各国気質」

20161117「料理でわかるヨーロッパ各国気質」.png

片野 優/須貝 典子 著
実務教育出版 出版

 国民の気質と料理の関係性に着目して、ヨーロッパ各国を紹介する本で、次の国が掲載されています。

 1. イギリス 2. フランス 3. オランダ 4. ベルギー 5. ドイツ 6. オーストリア 7. スイス 8. ギリシャ 9. イタリア 10. スペイン 11. ノルウェー 12. スウェーデン 13. ロシア 14. チェコ 15. ハンガリー 16. セルビア 17. クロアチア 18. ボスニア・ヘルツェゴビナ 19. マケドニア 20. トルコ

 地図上でココと指差すのが難しいほど馴染みのない国もありますが、なかには、聞きかじった話とここで解説されている内容が、つながるような国(オランダ、イタリア、スペインなど)もあります。

 オランダの場合、英語に "go Dutch" というフレーズに登場しますが、自分が飲食したぶんだけを自分で支払うこの方式は、日本でもランチのとき日常的に行なわれている方法です。しかしなぜ、この表現にオランダが選ばれたのでしょうか。その答えと受けとれるようなことが紹介されていました。

<<<<<
オランダでは午前10〜11時と午後7〜8時の1日2回、コフィテイトと呼ばれるコーヒータイムがあり、このときコーヒーと一緒にビスケットを出す習慣がある。ホストがビスケットの缶のフタを開けて回すと、ゲストは順番に1枚ずつ取る。このとき間違っても2枚取ってはいけない。1人につきビスケット1枚、これはオランダ人が長い歳月をかけて培った暗黙のルールで、ここにオランダ人の心が凝縮されている。他方、カトリックが主流のオランダ南部では、2枚以上食べてもとがめられることはない。
>>>>>


 南部以外のオランダでは、2枚目のビスケットが咎められるようです。ほかのどこの国でもなく、"go Dutch" となったのが頷ける気がします。

 次。イタリアの場合、イギリス人が "Oh, my God"(「おお、神よ」)と発するであろう場面で、イタリア人は "Mammma Mia" (この本では、「ああ、おっかさん」と訳されています) と叫んでしまうと説明され、溺愛されて育った息子は概してマザコンであり、奥さんの前でも「マンマのパスタが一番美味しい!」と、のたまうとか。

 最後。スペインの場合、冷製スープの「ガスパッチョ」のレシピが紹介されたあと、次のように続きます。

<<<<<
スペインでガスパッチョが重宝がられるのは、別の理由がある。仲間意識が強く、集団行動をとるのが大好きなスペイン人は、レストランで食事をする際も大勢でわいわいやりたがる。しかし、時間にルーズな人々は三々五々とやって来るので、全員がテーブルに着くのはそう簡単なことではない。さんざん待たされた挙句、料理まで待たされたのではやり切れない。そこでスープは、すぐに出せるガスパッチョが尊ばれる。とりわけ国民料理のパエリアなどは、素材だけそろえておけば、あとは火にかけて20分間待つだけでいい。概して、スペイン料理に簡単調理が多いのは、スペイン人気質と無関係ではない。
>>>>>

 似たような視点で、アジア各国の料理と国民性を紐づけた本もあれば面白いと思います。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(欧米文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

「羊と鋼の森」

20161113「羊と鋼の森」.png

宮下 奈都 著
文藝春秋 出版

 高い評価を受けている作品のようですが、普段本を読んでいる人がわざわざ時間を割くほどの価値がある本とは思いません。おそらく、普段本を読まない人には、こういう本がおすすめ、という意味の評価(賞)ではないでしょうか。

 ただ、わたしはまったく評価しないと、いいたいわけでもありません。百聞は一見に如かずという言い回しがありますが、その逆もあると思います。音楽というものは、何度となく読むより、実際に聴いたほうが、巧拙といった比較的客観的なことがらについても、好みといった主観的なことがらについても、わかりやすいと思います。そういう分野を敢えてテーマに選び、筆で挑んだのは、おもしろいと思います(タイトルの羊と鋼はピアノを指し、駆け出しの調律師が主人公です)。

 しかし、肝心の筆力のほうは、直截的表現が目立ち過ぎて、物足りなさを感じました。わかりやすさを求める読者、十代あるいは二十代くらいの若い読者にはおすすめできても、それ以外の人におすすめするのは少し躊躇われる作品です。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

「日本の地価が3分の1になる!」

20161112「日本の地価が3分の1になる!」.png

三浦 展 著
光文社 出版

 インパクトのあるタイトルです。このタイトルの根拠となっている考え方は、老年人口(65歳以上)を生産年齢人口(20〜64歳)で割って求められる「現役世代負担率」と地価の関係です。「現役世代負担率」が大幅に上昇すれば、地価は大幅に下落し、地域によっては3分の1になる可能性もでてくるというものです。

 そう説明されると、そんなことは知らなかったと驚いてしまいそうですが、冷静に考えると両者の関係は想像がつきます。たとえばニュータウンということばであらわされる地域は、日本経済が右肩あがりで人口が都市に集中しだしたとき、都市周辺に一気に開発されました。最初は比較的お手ごろな価格で30代を中心とする世代が住み、人気が出て地価があがり、若い世代が移り住むことが難しくなって、かつて30代を中心としていた街が40年経過して70代を中心とする街になり、税収が減り、商業地域が減り、大幅に地価が下がるというシナリオです。逆に、昔から下町として知られる地域は、常に若い人の流入も流出もあり、土地が流通し、「現役世代負担率」の増加もニュータウンなどに比べると緩やかです。

 しかしこの「現役世代負担率」を正確に地域別にシミュレーションするのは極めて困難に見えます。相対的に差が発生すると、それを見て、人々の流れも変わりそうです。ただ、そのことを考慮しても敢えて地域別の具体的な数値を示したことは著者の警鐘ではないでしょうか。地価の大幅下落は実際に起こってもおかしくない話ですから。

 もうひとつ、本書では、この老年人口の定義を65歳以上から75歳以上に変えると、「現役世代負担率」が2040年でも2014年と同程度に維持できる、つまり大幅な地価の下落は起こらないという仮説も披露されています。これも65歳でのリタイアに対する警鐘でしょうか。

 読んでいると、住宅が資産形成になると当然のように思っていたころが懐かしく感じられました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

「逆さの骨」

20161111「逆さの骨」.png

ジム・ケリー (Jim Kelly) 著
玉木 亨 訳
東京創元社 出版

「水時計」「火焔の鎖」に続くシリーズです。主人公のフィリップ・ドライデンの妻ローラがどうなったのか気になっていたはずなのに、第三弾の出版を見逃していたらしく、友人から第三作を読んだと聞き、早速読みました。

 一番気になっていたローラですが、彼女の両親が住むイタリアに行く段取りを進めているという描写から、全快とはいえないものの、数時間ならベッドを離れられる状態まで戻っていることがうかがえます。前作で登場したCOMPASSという機会を使って、外部とメールをやりとりしたり文献を検索したり、ドライデンの調査を手伝うところまで回復していました。

 ただ、装置や看護は必要で、そうした妻をもつフィリップの負担や気持ちの変化が、今作でも巧妙に描かれていました。逃れられない現実や束縛、逃れたいと思う本音、本音を肯定できない苦しみ、そういった割り切れないものが、リアルに伝わるよう描かれていて、ミステリ以外の面でも満足できる作品です。

 暗い印象が残りがちなこのシリーズですが、今作では、自立心溢れる老齢の女性がドライデンや周辺人物の優しさに救われる部分があり、読後感は悪くありませんでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする