2022年11月18日

「解決できない問題を、解決できる問題に変える思考法」

20221118「解決できない問題を、解決できる問題に変える思考法」.png

トーマス・ウェデル゠ウェデルスボルグ (Thomas Wedell=Wedellsborg) 著
千葉 敏生 訳
実務教育出版 出版

 社内教育などで認知バイアスを学ぶ機会が増えました。広辞苑によると、『バイアス』とは、『偏向』のことだそうです。色眼鏡、思いこみ、固定観念などに言い換えられるケースも多いことばだと思います。

 素人考えですが、認知バイアスは、脳が効率化を求めた結果ではないかと推測しています。つまり、ひとつひとつ吟味していては時間がかかり過ぎる状況において、これまでの経験などをもとに近道をして判断したり、心理的負担を極力減らそうと不安をなかったことにしたりといったことから成り立っているのではないかと想像しています。

 ただ、やはり思いこみや固定観念がマイナスに働く場合もあるので、大切な局面においては、バイアスに囚われないようにする必要があると思います。この本では、『解決できない問題』だと捉えているその問題は、実は、誤った考え、つまりバイアスの影響を受けた結果なのではないかと問いかけています。

 たとえば、ビジネスの現場において、競合他社の打破、イノベーションの促進、リーダーへの昇進などの目標が掲げられた場合、それを追求にふさわしい目標だと無意識に思いこんでいないか、いま一度冷静に吟味する必要があるのではないかと諭しています。

 解決できないと思い悩んでいる問題をより大局的に見て、目標を達成するためにすべきことは本当にその問題の解決なのか捉えなおす作業を著者は、『問題のリフレーミング』と呼んでいます。

 リフレーミングの手順は、この本で詳細に説明されていますが、わたしがその手順に従う価値があると思ったのは、ある事例が紹介されていたからです。それは、社内情報を共有するためのプラットフォームの利用が進まない理由は、ソフトウェアの使い勝手の悪さにあるので、そのユーザービリティを改善してほしいという依頼に対応した事例です。

 その事例では、情報共有をするメリット (インセンティブ) がなく、情報を共有しない理由としてソフトウェアが槍玉にあがっただけだということが判明しました。その対応として、インセンティブ制度を改善したところ、ソフトウェアの大幅改修をすることなく、情報共有が大幅に進みました。ソフトウェアが悪いと言われて改修しても何も変わらないという『IT 業界あるある』に陥らなかった好例だと思います。

 わたしたちは思いこみによって動いていることが多々あると認識して、意図的に自分あるいは自分たちを疑ってみる必要性を実感できた一冊でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月17日

「メタバース進化論」

20221117「メタバース進化論」.png

バーチャル美少女ねむ 著
技術評論社 出版

 学ぶことが多いだけでなく、わたしの好みに合った本でした。好ましく思った理由は複数あります。まず、新しい技術の分野では、用語の認識を合わせるのが難しいのですが、この本では、著者の視点で『メタバース』が最初に定義されている点が良かったと思います。次に、データをもとに現状を分析しようとしている点、さらには、実体験をもとにしている点なども好感がもてました。

 著者は、次の 7 つを満たしたものを『メタバース』と定義しています。

@ 空間性:三次元の空間の広がりのある世界
A 自己同一性:自分のアイデンティティを投影した唯一無二の自由なアバターの姿で存在できる世界
B 大規模同時接続性:大量のユーザーがリアルタイムに同じ場所に集まることのできる世界
C 創造性:プラットフォームによりコンテンツが提供されるだけでなく、ユーザー自身が自由にコンテンツを持ち込んだり創造できる世界
D 経済性:ユーザー同士でコンテンツ・サービス・お金を交換でき、現実と同じように経済活動をして暮らしていける世界
E アクセス性:スマートフォン・PC・AR/VR など、目的に応じて最適なアクセス手段を選ぶことができ、物理現実と仮想現実が垣根なくつながる世界
F 没入性:アクセス手段の 1 つとして AR/VR などの没入手段が用意されており、まるで実際にその世界にいるかのような没入感のある充実した体験ができる世界

 この定義から、さまざまな問題を解決せずに今後メタバースが発展していくことは難しいと理解できます。たとえば、大規模同時接続性や没入性は、技術の発展や量産展開などがなければ、現実的ではないかもしれません。また、経済性は、法整備をクリアしないといけないように思います。

 また、著者が分析しているデータは、2021 年に著者とスイスの人類学者リュドミラ・ブレディキナ氏が全世界のソーシャル VR ユーザーを対象に大規模なアンケート調査を実施して得た回答 1200 件がもとになっています。標本数も多く、とても説得力のある内容でした。

 著者自身の体験をもとにした意見のうち、一番印象に残ったのは、次の記述です。『物理現実の世界では、基本的に生まれたままの肉体の姿で生きていくことしかできませんでした。私たちの人生は、その姿の美醜や性別、属性により大きく左右されてきました。これからは、それらは旧時代の強いたやむを得ない理不尽であったと認識されるようになるでしょう。』
 
 わたしは、世の中とは理不尽なものと思って生きてきたので、天地がひっくり返るほどの衝撃を受けました。なりたい自分を創造して生きる場がメタバースだと定義する著者の思うとおりの空間としてメタバースが発展していくのを応援したくなりました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月26日

「2020 年代の最重要マーケティングトピックを 1 冊にまとめてみた」

20221026「2020年代の最重要マーケティングトピックを1冊にまとめてみた」.png

雨宮 寛二 著
KADOKAWA 出版

 2020 年代がまだ半分も終わっていないのに、なんとも気の早いタイトルだとは思いましたが、『持続的な競争優位を築き上げる経営を実現している』企業の取り組みがわかりやすく説明されていて、興味深く読めました。

 この本で取りあげられている企業は全部で 16 社で、Pfizer Inc. (ファイザー)、株式会社木村屋總本店、アイリスオーヤマ株式会社、株式会社 SUBARU (スバル)、ソニー株式会社、オムロン株式会社、Starbucks Corporation (スターバックス)、株式会社良品計画、株式会社ニトリ、株式会社リクルートホールディングス、株式会社 FOOD & LIFE COMPANIES (スシロー)、サントリーホールディングス株式会社、Microsoft Corporation (マイクロソフト)、Amazon.com, Inc. (アマゾン)、Apple Inc. (アップル)、Google Inc. (グーグル) です。

 企業の取り組み内容だけでなく、どういった点が高い評価を得ているかなど理論面の解説も添えられています。ただ、『最重要』レベルの情報がまとめられているため、わたしにとっては、ほかでも知る機会があった事例も含まれていました。そのなかで、もっとも印象に残っているのは、スターバックスが取り組むダイバーシティの推進に関する解説です。

 多様性に富む職場環境のほうが、創造的な成果が生まれやすいと一般的に言われています。この本では、『ダイバーシティは、「タスク型ダイバーシティ (task diversity)」と「デモグラフィー型ダイバーシティ (demographic diversity) の 2 つに大別』されると説明されています。

 前者は、能力や知見、経験、価値観、パーソナリティなど外見からは識別しにくい多様性を意味し、後者は、年齢、性別、国籍、人種など目で見て識別しやすい多様性を指すそうです。そして、これまでの研究から、前者は、企業にとってプラスの効果を生み、後者は、プラス効果を生み出さず、場合によってはマイナスの効果をもたらすことがわかっているそうです。マイナスの効果が生まれるのは、組織内で認知バイアスが生まれることがおもな原因になっています。

 そのため、認知バイアスを取り除くプログラムを取り入れるなどの工夫が必要になるそうです。スターバックスでは、タスク型ダイバーシティが取り入れられ、パフォーマンス向上にひと役買っているそうです。『多様性』ということばがひとり歩きしている感がある昨今ですが、スターバックスが 20 年以上という時間をかけて取り組んできたことには、重みが感じられました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月25日

「美しき魔方陣」

20221025「美しき魔方陣」.png

鳴海 風 著
小学館 出版

 デリバティブにおいて、誰もが知っているブラック-ショールズ方程式は、日本人数学者伊藤清氏 (1915 年〜 2008 年) の『伊藤の補題』なくしては証明できなかったと言われているそうです。そんな有名な数学者が日本にいたと知ったのは、最近のことです。日本では、STEM 人材が常に不足しているイメージがあったので、意外でした。

 また、この本を読むまで、久留島義太 (くるしまよしひろ、? 〜1757) という和算家 (和算とは、江戸時代に日本で独自に発達した数学) がいたことも知りませんでした。関孝和 (せきたかかず、? 〜1708) と建部賢弘 (たけべかたひろ、1661-1716) の 3 人で日本の数学を築いたといわれているほどの人物だそうです。

 タイトルにある魔方陣とは、1 辺が 4 つのマスから成る行列で、その縦の 4 マスも横の 4 マスも合計が 130 になるだけでなく、それを 4 つ重ねた状態で、上から下までの 4 マスの合計も、立方体を斜めに貫く対角線上の 4 マスの数の合計も 130 になるうえ、隣り合う 4 つの数 (2 行 2 列の組み合わせ) の和も 130 になるというものです。これを美しいといいたい気持ちはよくわかります。

 その魔方陣を導き出すまでの道のりが描かれているのが本作品です。久留島がかなり風変りな人物として描写されていますが、その奇行が彼の天才ぶりにリアリティを与えている気がするのが不思議です。また、久留島と友情を育む松永良弼 (まつながよしすけ) が対照的な人物として描かれていたり、久留島に目をかけている土屋土佐守好直 (つちやとさのかみよしなお) が彼の天賦の才を認めつつ、彼の振る舞いをおもしろがっていたりするのも、楽しく読み進められる要素になっている気がします。

 さらに、数学が江戸時代の藩政に直結していた点も興味深い気づきでした。たとえば、米の収穫高に大きく影響を及ぼす治水問題に取り組むにも数学の知識が必要でした。「天地明察」を読んだ際、いまでは当たり前に使っている暦の重要性に気づかされたときと似た感覚でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月24日

「日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉」

20221024「日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉」.png

 国語学者で、「日本国語大辞典」初版の編集長を務めた著者が「日本国語大辞典」第 2 版を参考に書いた本です。ほぼ半月で仕上げたと言い訳めいた説明が最初にあるとおり、不備な点が散見されますが、わたしにとっては、これまで意識したことのない日本語に触れる機会になりました。

 それは、洒落言葉です。現代において、言葉は短くされるいっぽうのような気がします。たとえば、ダイレクトメッセージなどでは、『り』は『了解』を意味するそうです。

 しかし、言葉を付け足した洒落言葉が、かつては数多くあったようです。この本で紹介されているのは、地名に絡んだものです。『その手は桑名の焼き蛤』、『恐れ入谷の鬼子母神』、『嘘を築地の御門跡』、『堪忍信濃の善光寺』、『なんだ (涙) は目にある神田は東京』などです。

『その手は桑名の焼き蛤』の場合、『その手は食わない』と言えば済むところを『桑名』にひっかけて、その地の名物『焼き蛤 (蛤を殻つきのまま火で焼いたり、蛤のむき身を串に刺してつけ焼きにしたりした料理)』を付け足しています。『恐れ入谷の鬼子母神』の場合、『恐れ入る』の『入る』に地名『入谷』をひっかけて、その地にある有名な『鬼子母神』を付け足しています。

 別になくてもいいことを付け足すことにより、おどけている様子や皮肉めいた印象が加わります。遊び心が感じられ、無駄なものを徹底的に排除する流れとは逆の余裕があるように、わたしには思われました。

『嘘をつく』と築地を掛け、さらに、その地にある本願寺とつなげている『嘘を築地の御門跡』(門跡は、幕府が制定したもので、出家した皇族が住職を務める格式の高い寺院) などは、真っ向から『嘘をつくな』というより、当たりが柔らかく、好ましく思えました。同様に、『堪忍しなさい』というより、『堪忍信濃の善光寺』のほうが、言われるほうも仕方がないと思える気がします。

 ときには、言葉に何か付け足すことも大切なのかもしれません。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月27日

「THE BFG」

20220927「THE BFG」.png

Roald Dahl 著
Quentin Blake イラスト
Puffin Books 出版

 ロアルド・ダールの児童向け作品も、「Charlie and the Chocolate Factory」、「Charlie and the Great Glass Elevator」、「The WITCHES」、「James and the Giant Peach」と読んできたので、なんとなく共通点がわかったように思えました。

(1) まっすぐな子どもが登場し、その子なりの幸せを手にすること
(2) (人物だったり、モノだったり、場所だったり) 突拍子もないものが存在すること
(3) ロアルド・ダール作品に登場する単語の辞書 (Oxford Roald Dahl Dictionary など) が出版されるほど、造語がふんだんに使われて、ことば遊びを楽しめること
(4) 空想の世界だけにとどまらず、現実社会の好ましくないところも、(おもにユーモアとして活かされ) 描写されていること

 本作品に登場する子どもは、孤児院に暮らす Sophie です。ある夜、witching hour になっても眠れなかった Sophie は、この本のタイトルになっている BFG を見てしまったせいで、 BFG に連れ去られてしまいます。

 BFG とは、Big Friendly Giant の略です。BFG は、全住人 10 名の Giant Country の一員ですが、そのなかで一番小柄 (それでも 7m を超えます) で、唯一人間を食べたりしない友好的な存在です。(Giant にわざわざ Big と付けるのは、名前だけでも大きく見せたいということなのでしょうか。)

 巨人などという手垢のついた登場人物が、この作品における突拍子もない存在なのかと、読んでいる途中で落胆しかけましたが、違いました。この巨人には、特殊な能力がありました。トランペットのような道具を使って夢を吹き込むことにより、人にその夢を見させることができるのです。

 夢は、Dream Country と呼ばれる、夢が生まれる場所で集めることができます。目に見えませんが、微かな音を発しているため、とても耳のよい BFG にだけその音が聞こえるため、BFG は、夢の内容を知ることもできれば、夢を集めて調合することもできます。実際、5 万もの夢を集め、瓶詰めにして保管していました。そのなかの楽しい夢を子どもたちに届けるため、人影のない夜、街に出かけて、偶然 Sophie に見られてしまったのです。

 ふたりは、ある目的を果たさんとバッキンガム宮殿に出かけます。宮殿での執事と BFG の掛け合いは、自身と執事が重なって見え、読んでいて楽しい気分になれました。ロアルド・ダールの豊かな想像力も、溢れるユーモアも、本作の著者について最後に明かされる秘密などの結末も、わたしのなかでは、これまで読んだロアルド・ダール作品のなかで最高だったように思います。

 ロアルド・ダール作品をなんとなくわかった気になっていましたが、もっと知りたいと思えた作品でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

「これを大和言葉で言えますか?」

20220926「これを大和言葉で言えますか?」.png

知的生活研究所 著
青春出版社 出版

 日本語に注目した書籍なのに、誤字 (『需要』とすべきところが『重要』、『カタカナ』とすべきところが『カナカナ』と表記されたりしています)、読みの誤り (『女丈夫』を『じょじょうふ』ではなく『おんなじょうぶ』と説明されたりしています) や語源の誤り (『つつがない』の語源が、その語より新しい『ツツガムシ』にあるとされています) が見つかったのは、少し残念です。

 ただ、大和言葉を意識する良い機会になりました。一番印象に残っているのは、月の呼び名です。こんなにあったのかと驚きました。

 月齢ごとに、これだけの呼び名があるそうです。

1 日……『新月』『朔 (さく)』
2 日……『二日月 (ふつかづき)』『既朔 (きさく)』
3 日……『三日月』『眉月 (まゆづき・びげつ)』
7 日〜 8 日頃……『上弦の月』(『上弦の月』や『下弦の月』の月は、『半月 (はんげつ)』や『弓張月 (ゆみはりづき)』とも呼ばれます)
13 日……『十三夜月 (じゅうさんやづき)』
14 日……『小望月 (こもちづき)』『幾望 (きぼう)』
15 日……『十五夜の月』『望 (ぼう)』『三五の月 (さんごのつき)』
16 日……『十六夜の月 (いざよいのつき)』
17 日……『立待月 (たちまちづき)』
18 日……『居待月 (いまちづき)』
19 日……『臥待月 (ふしまちづき)』『寝待月 (ねまちづき)』
20 日……『更待月 (ふけまちづき)』『亥中の月 (いなかのつき)』
22 日〜 23 日頃……『下弦の月』
26 日……『有明月 (ありあけづき)』
30 日頃……『三十日月 (みそかづき)』『晦日 (つごもり)』

 月を待つという習慣をもたない日常を送っているので、これらの呼び名から、空を見上げて月を待っていた頃の暮らしを少しばかり想像することができました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

「いまどきのニホン語 和英辞典」

20220925「いまどきのニホン語 和英辞典」.png

デイヴィッド・P・ダッチャー (David P. Dutcher) 著
研究社辞書編集部 編
研究社 出版

 研究社の「新和英大辞典 第 5 版」とそのオンライン版から、くだけた表現、俗語、流行語、芸能やスポーツの業界用語が集められたのが本書です。通読してみたら、日本語と英語の相違点や類似点に気づくことができました。

 日本語と英語の相違点として一番印象に残ったのが、日本語は、擬音語・擬態語が多い点です。本書では、漫画の英訳を例に、日本語の擬音語・擬態語のニュアンスを英語で伝えるための工夫が 3 種類紹介されています。

 ひとつめは、擬音語・擬態語を無視あるいは簡略化する方法です。たとえば、「のだめカンタービレ」の『ぴぎゃーっ』という悲鳴は英訳版では単に『aaah!』や『eeek!』(きゃーっ、ひゃーっ) となっているそうです。

 ふたつめは、擬音語・擬態語を動詞で代用する方法です。たとえば、抜き足差し足で歩くシーンの『ソ〜』という擬態語は、『こっそり歩く』という意味の動詞を用いて『sneak』、放心状態のシーンの『ぼーっ』は、『ぼんやりする』という動詞『daze』、あざ笑うシーンの『ニヤリ』は、『にやにや笑う』を意味する『sneer』とするそうです。おもしろいのは、『glomp』という新和英大辞典に掲載されていない単語です。人に飛びついて抱きしめる『ぎゅむっ』『ヒシ』のような擬態語が使われたときに使うことができるそうです。

 みっつめは、日本語のドカン→ドッカーンのような強調形は『ker-』や『ka-』のような接頭辞で示すことがあるそうです。たとえば、『boom』(ドーン、ズーン) に対し、『ker-boom』(ドッカーン、ズドーン) のようなバリエーションをつくるそうです。

 日英翻訳における、擬音語・擬態語の扱いの難しさを垣間見ることができました。

 いっぽう、日本語と英語の類似点で印象に残っているのは、隠語表記です。『氏ね』などインターネット上で使われている隠語は、日本語でもいろいろあるようですが、英語では leet (speak) という、アルファベットを数字や記号に、数字をアルファベットや記号に置き換える表記があるようです。

 インターネットで調べてみたところ、leetspeak 情報を多く見つけることができました。leetspeak は、検索性を低めるため、つまり、自分たちの発言が広範囲に見られることがないよう、ハッカーなどが 1990 年代に使い始めたと言われています。ただ、同音異字を使えば、検索性が一気に落ちる日本語とは違って、leetspeak を使いこなすのは難しそうに感じられました。leetspeak に変換するための一覧表やアプリが数多く見つかったからです。

 相違点や類似点の発見以外にも、ニュアンスを伝えるのが難しいと感じる用語を再認識することもできました。たとえば、『あいつちょっと天然入ってるよね』などと使われる『天然』は、癒しの雰囲気というか、少なくとも見下したニュアンスはないように思います。『何が悲しくてこんな本を買っちゃったのやら』の『何が悲しくて』というのは、もちろん何かを悲しんでいるわけではないので、説明に窮する表現です。『まだ宿題を提出していない不届き者が約一名いるようだ』の『約一名』は、一名という数に対して『約』をつけて、何をどう和らげようとしているのか説明が難しく感じられます。

 読みものとしても、おもしろい辞典だと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月14日

「殺人者の白い檻」

20220914「殺人者の白い檻」.png

長岡 弘樹 著
KADOKAWA 出版

 いわゆるフーダニットは、殺人事件などが起こり、その犯人探しという謎解きが始まるのが一般的です。本作では、解かれる謎がなんなのか、暗に示されているものの、読者は確信を得られないまま読み進み、最後にフーダニットだったのだとわかるようになっています。

 帯には『「教場」の著者が挑む長編医療ミステリ』とあります。数々のエピソードが盛り込まれている「教場」では、謎解き役の教官には、それぞれの全体図が見えているようですが、読んでいる側としては、何が明かされるのか、最後まで確信が得られないようになっています。それと似た感覚をこの作品でも味わいました。

 本作で舞台になっている病院の隣には刑務所があります。ある日、そこの死刑囚がクモ膜下出血により病院に搬送されてきます。手術にあたった外科医尾木敦也は、手術中に患者の名前を知り、激しく動揺します。自分の両親を殺害した罪により、死刑判決を下されたものの無実を訴え続けている定永宗吾だったからです。

 脳内出血の後遺症により、リハビリが必要な定永ですが、後遺症がある限り、死刑が執行されないことから、リハビリを拒否します。それがある日、前言を翻し、リハビリを受けることになります。その翻意の理由が最後に明らかになり、伏線として用意されたものがすべてぴたりと嵌まって、全体図がわかります。

 わたしは、その結末に少し違和感を覚えました。場当たり的な犯行と犯人の人物像が合わない気がしたのです。また、利己的な犯行に対する尾木の感情も理解に苦しみました。練りあげられたプロットに感心しましたが、読んでいて共感できる内容とは言い難かった気がします。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月11日

「眠れる美女」

20220911「眠れる美女」.png

川端 康成 著
新潮社 出版

 次の短篇が収められています。

−眠れる美女
−片腕
−散りぬるを

 一番印象に残ったのは、「眠れる美女」です。解説で三島由紀夫は、次のように述べています。
++++++++++
『眠れる美女』は、形式的完成美を保ちつつ、熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の逸品である。デカダン気取りの大正文学など遠く及ばぬ真の頽廃がこの作品には横溢している。私は今でも初読の強い印象を忘れることができない。ふつうの小説技法では、会話や動作で性格の動的な書き分けをするところを、この作品は作品の本質上、きわめて困難な、きわめて皮肉な技法を用いて、六人の娘を描き分けている。
++++++++++

 この六人の娘とは、ひと晩じゅう目が覚めない薬を使って、一糸まとわぬ姿で 67 歳の江口の隣で眠った女たちのことです。男として女の相手になれないような老人を相手に、若い女に添い寝をさせる『秘密のくらぶ』に友人の紹介でやってきた江口は、あるできごとが起こるまでこの宿に通います。

 眠ったままの女の寝言や微かなつぶやき、ちょっとしたしぐさ、匂い、肌の色などから滲みでる、女それぞれの個性が描かれているのは、三島由紀夫の解説どおりです。ただ、興味深いのは、江口老人がたびたび通ってくるわりには、それぞれの女と自分のあいだにこの先何か起こるかもしれないと夢想するでもなく、娘の行く末を思ったりはするものの、そこに自分の姿を見ようとはしないことです。それどころか、思いは過去に飛び、かつての愛人たちや娼婦、それに自らの娘や母のことを思い起こすばかりだということです。

 老いとは何か、突きつけられたような気がしました。江口老人は、自らを『安心の出来るお客さま』ではないとしつつも、『自分の男の残りのいのちももういくばくもないのではあるまいかと、常になく切実に考えさせられ』ています。生命の塊ともいえる娘の隣で眠ることに魅入られた老人の姿に人生の儚さや執着を感じるのは、わたしだけでしょうか。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする