2022年01月02日

「瞳の奥に」

20220102「瞳の奥に」.png

サラ・ピンバラ (Sarah Pinborough) 著
佐々木 紀子 訳
扶桑社 出版

 『かつて』と『その後』と『現在』の 3 つの時点が最初に描かれ、その後、『かつて』と『現在』を行き来しながら物語は展開し、最後の最後に『その後』がなんの場面だったのかが理解できるようになっています。おもな登場人物は 3 人で、デヴィッドとアデルのマーティン夫妻とシングルマザーのルイーズ・バーンズリーです。このうち、物語の声となるのはアデルとルイーズで、最後の最後にアデルが何者なのかを明かす第 3 の声が登場します。

 夫婦は円満とは言い難く、精神科医のデヴィッドは、自らの秘書ルイーズと不倫していて、そのいっぽうでルイーズは、アデルと親しい友人関係にあります。メロドラマの様相を呈する状況ですが、読み始めてすぐサスペンスの要素に気づかされます。アデルは、ルイーズを意のままに操って何か良からぬことを画策しているのです。また、デヴィッドは、夫婦の結婚に関する秘密をルイーズに知られまいと必死に隠し、ルイーズは、アデルの思惑に気づくことなく、マーティン夫妻が隠していることが気になって仕方ありません。そんななか、それぞれの過去や関係性が徐々に明かされていきます。

 しかし、後半になってから、これはただのサスペンスではなく、超常現象も物語の要素として鍵になるのではないかと思わされます。夜驚症のせいで体調不調に陥っているルイーズに対してアデルは、かつて夜驚症に悩まされていた経験をもとに、克服法を教えます。その結果、ルイーズは、夢を自在にコントロールできると思うに至ります。

 夜驚症は、幼児・小児ではそう珍しくはありませんが、おとなにとっては珍しい症状です。それなのに、子供でもないアデルやルイーズが夜驚症を接点として、体験を共有していくことに作者の強い作為が感じられ、なんとなく非科学的な後味の悪い結末を迎えることが読み取れました。

 そして結末までいくばくかもない段階になって、超常現象が起こり、それまで辻褄が合わないと感じていたことに合点がいきます。物語の終わりに、アデルが何を画策していたのかが明かされ、予想どおり後味の悪い事実が判明します。

 驚く結末ではありましたが、超常現象に対して抵抗があるので、解明される謎は、読者に想像の余地を残しておいてほしかったと感じ、あまり意外性を楽しめませんでした。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

「金融デジタライゼーションのすべて」

20220101「金融デジタライゼーションのすべて」.jpg

株式会社日本総合研究所先端技術ラボ/Ridgelinez株式会社 Financial Services 編/著
きんざい 出版

 書籍名に騙されてしまったように感じました。金融業界のデジタル化については、ほんの一部で、ほとんどは IT 業界全般の話でした。それも、IT 業界の情報をそれなりにチェックしていれば、目新しい情報は見つけられないレベルです。

 ただ、IT を利用した新しい金融サービスをいくつか知ることができ、新しい気づきを得ることができました。たとえば、@連携範囲の拡大、Aシステム機能提供者の変化、Bローカル事情などがあげられます。

 @では、API などを活用したオープン化により連携可能範囲が広がるにつれ、金融機関が提供できるものも広がっていくと感じました。たとえば、車や住宅の購入支援 (ローン需要の掘り起こし) です。

 米国大手金融機関 Capital One が 2018 年に始めたサービスはその一例です。街なかにある自動車にスマホのカメラでピントを合わせると、その自動車の車種を特定し、価格帯やディーラーでの販売状況、ローンを借りた場合の月々の支払いの額等がスマートフォンの画面に AR 技術を用いて表示されるようになっていて、そこでローンの仮審査を実行することも可能になっています。

 仕組みは、次のようになっています。まず、スマホのカメラでとらえた自動車の車種識別は、iOS 端末では Apple の機械学習フレームワーク『CoreML』、Android 端末では Google の機械学習ソフトウェアライブラリ『Tensorflow』を用いて開発された機械学習モデルで実行されます。次に、識別された車種をもとに、Capital One が独自開発したアルゴリズムにより、全国 12,000 以上のディーラーから収集した 300 万台以上の自動車販売状況のデータベースから、自動車の価格や融資条件が算出されます。最後に、AR での情報出力には、iOS 端末では Apple の SDK「ARKit」、Android 端末では Google の SDK「AR Core」が使われています。

 同様に、オーストラリアの Commonwealth Bank of Australia は、住宅にスマートフォンカメラをかざすことで価格や住宅ローン情報を表示する住宅ローン版アプリを提供しています。

 Aでは、金融サービスに関係するシステムを提供するのは、IT ベンダーに限らなくなってきていると思いました。たとえば、セブン銀行は、自らが開発した金融システムをその差別化を武器に外部に有償提供し、収益源の多角化を図っているとのことでした。

 Bでは、自然言語や法規制などがあげられます。Bank of America は、自行モバイルアプリに音声によって情報入力、指示可能な独自の AI アシスタント『Erica』を実装し、顧客からの情報照会や顧客へのアドバイスに活用しています。顧客のフランクな口語での問いかけに柔軟に回答できる高度な分析力を提供したことから、リリースされておよそ 1 年で、モバイルアプリユーザーの 25% が AI アシスタントを利用しているそうです。こういった自然言語に関係する部分は、やはり当該言語に長けた開発者の存在が必要で、海外のプロダクトを活用するといったことは難しい気がしました。

 また、日本でいう金融商品取引法/資金決済法や犯罪収益移転防止法などの法規制は、国や地域によって違いがあり、金融サービスが法律と密接に関係していることから、やはり海外のプロダクトを簡単に使えない面がある気がしました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(経済・金融・会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月15日

「清少納言を求めて、フィンランドから京都へ」

20211215「清少納言を求めて、フィンランドから京都へ」.png

ミア・カンキマキ (Mia Kankimäki) 著
末延 弘子 訳
草思社 出版

 フィンランド人の著者は、ある日本文学講座で、清少納言「枕草子」の英訳版 (イギリスの日本文学研究家アイヴァン・モリスが訳した「The Pillow Book of Sei Shōnagon」) を読む機会を得たとき、清少納言が着目したことの多くが、驚くほど身近で、まるで自分に話しかけているみたいに感じたそうです。それから 15 年ものあいだ清少納言の考えに触れ続け、2010 年、1 年かけて清少納言を探しにいって、そのことを書こうと決めたのでした。

 そうして書かれたこの本の内容は、少し変わっています。大きく分けて 4 種類のコンテンツから構成され、それぞれがあまり境目を感じさせず連なっています。(著者自身は、本作を『文学的な趣のある自伝紀行文学』と評しているそうです。)

 一種類目は、清少納言のことを『セイ』と呼びかけ、千年もの時を超えて清少納言に語りかけるスタイルで書かれています。清少納言および枕草子は、同時代の紫式部および源氏物語に比べて、英語で得られる情報が少なく、日本語ができない著者のいらだちとともに、彼女の想像力の豊かさが感じられます。

 二種類目は、著者が『清少納言のものづくしリスト』と呼ぶ、あるテーマのもと、数々のものや事柄を並べたものを真似て著者が書くリストです。

 三種類目は、[清少納言の言葉] という著者なりの現代語訳 (日本語古文→フィンランド語現代文→日本語現代文というプロセスを経たことになります) とそれに付随する解説です。わたしは、初めて現代語訳を読んだので、まるで見知らぬ文献のように見えましたが、解説については、それまで知らなかったことも含まれていて、意外にも楽しめました。

 四種類目は、いわゆる紀行文のようなもので、著者が清少納言や日本 (平安時代を含む日本の文化全般) を知りたいと日本に滞在した際の経験が描かれています。欧米人から見た日本といった紀行文は、珍しいものではありませんが、著者らしいユーモアのセンスが随所に見られ、和やかな気持ちで読み進められます。

 彼女が日本語ができないことなどを考えると、清少納言に触れたいと日本にやってきた彼女の決断は突拍子もないことに見えるかもしれません。でも、その決断に至るまでの話を読んだとき、わたしは、まるで自分のことのように感じました。あたかも、著者にとっての清少納言が、わたしにとっての著者であるかのように。そうして、この 500 ページ近い本を読み進めるうち、自然と彼女を応援したくなりました。

 それだけではありません。彼女が清少納言が生きた時代を知ろうと、源氏物語絵巻を観賞に出かけた際、詞書を見て、『踊る文字、あちこちに振りまかれた金や銀の塊、極細の線の模様、嵐雲のようにそこここに黒ずんだ銀の箇所を見てみる。不意に映画音楽が背景から聞こえてきた。詞書が、紙の装飾がリズムを刻み、テンポをとり、強弱をつけたリズミカルなダンスのような、三次元で繰り広げられるドラマのように見え出した』と書いた彼女の感性に触れ、時代と国を超え、彼女に枕草子を読んでもらって、清少納言も幸せだろうなと思えました。

 この本の最後で、「枕草子」がなぜ書かれたかについて、著者はひとつの結論を出しました。清少納言が仕えていた中宮定子は、定子の父 (藤原道隆) が亡くなり、叔父である藤原道長が権力を握るにつれ、宮中での立場が苦しいものになり、ふさぎこむようになりました。そんなとき、雰囲気が重苦しくならないように明るく振舞い、定子の評判を救おうと懸命に務めたのが清少納言であり、宮中での余計な苦労を忘れさせてくれる愛について語ったのが「枕草子」だと著者は見ています。さらに、清少納言のことを『中宮の宮廷道化師』であり『中宮定子の前に身を投げる守護道化師』だとも書いています。自らの評判をおとす結果になろうとも、定子の評判を守ったというのです。

 清少納言については、確かな記録があまり残っていません。まして、「枕草子」が書かれた理由など断定できるはずもありません。それでも、著者がわざわざ京都までやってきて、『セイ』と語り合いながら、精一杯宮廷を想像して出した見解を支持したくなりました。
posted by 作楽 at 22:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

「ぶるわん」

20211214「ぶるわん」.png

カルリ・ダビッドソン (Carli Davidson) 著/写真
ナショナルジオグラフィック 編集
安納 令奈 訳
日経ナショナルジオグラフィック社 出版

 犬が体をぶるぶると震わせる姿を集めた写真集です (濡れてしまったときに水気を弾き飛ばそうとするような、あのしぐさです)。撮影者は、長年犬を飼っていて、犬がぶるぶるする姿は見慣れていたはずなのに、ある日ノーバードという飼い犬がぶるぶるする姿を見て写真に撮ろうと思い立ったようです。

 エドワード・マイブリッジ* による、高速度撮影のアイデアを参考にして撮影されたこれらの写真は、どれも鮮明です。1 秒の 1 万 3000 分の 1 という閃光時間で被写体の動きを止めたかのように見えるストロボ照明が用意されたそうです。

 ぶるぶるは、犬にとって何気ないしぐさのはずなのですが、思わず笑ってしまいます。耳が長く垂れている、毛がかなり長い、口まわりなどにたるみがある、そういった特徴の犬の写真を見たときは特に、にやにやしてしまいます。写真集には、にこやかにじっとしているときの姿は 1 枚もありません。だから、この犬が気取って坐っているときは、どんな感じなのだろうと想像せずにはいられませんでした。

 わたし自身、犬のぶるぶる姿は何度も見ているはずなのですが、動きが速すぎるせいで、おもしろい瞬間を見逃していたようです。

*エドワード・マイブリッジは、動いている動物の一瞬をとらえた 19 世紀のイギリス出身の写真家。1878 年、走っている馬の四つの脚がすべて地面から離れている瞬間があることを、写真に撮って証明しました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月13日

「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」

20211213「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」png.png

ヤニス・バルファキス (英語:Yanis Varoufakis) 著
関 美和 訳
ダイヤモンド社 出版

 2009 年ごろ、ギリシャ危機が問題になり、厳しい緊縮財政・構造改革が求められたものの、負担増に耐えられなくなったギリシャ国民は、2015 年の総選挙において急進左派連合に政権を委ねることにしました。この本の著者はそのとき、財務大臣に就任しました。しかしそののち、緊縮財政を受け入れることが国民投票で決まり、反緊縮財政を掲げる著者は、半年足らずの在任期間で辞任しました。

 そんな著者が書いた、こんな長いタイトルの本に興味を惹かれました。奇をてらったタイトルに見えますが、嘘や偽りは感じられませんでした。答えの出ない難しい問題をできるわけわかりやすく説明しつつ、将来的には真摯に向き合ってほしいという娘に対する気持ちが伝わってきたように思います。

 著者は本書で、『経済について語るとはつまり、余剰によって社会に生まれる、債務と通貨と信用と国家の複雑な関係について語ることだ』と最初に述べています。そのあと、余剰と国家の関係、余剰と債務の関係、通貨と信用の関係、通貨と国家の関係など、複雑な関係を次々とひもといていきます。それぞれ、正解はひとつだけとは言えない問題ですが、著者の考え方には説得力がありました。

 たとえば、『余剰から国家が生まれた』と説明されています。『国家には、国の運営を支える官僚や、支配者と所有権を守ってくれる警官が必要になる。支配者は贅沢な暮らしをしていたし、守るものも多かった。だが、よほど大量の余剰作物がなければ、大勢の官僚や警官を養っていくことはできない、軍隊も維持できない』とし、余剰が全員に行きわたるほど多くなかった時代は、支配者だけが国を支配する権利を持っていると庶民に信じさせるために、国と一体となった宗教組織が必要だったと書かれてあります。

 さらに著者は、これまでに起こった大転換とこれから成すべき大転換について語っています。これまでに起こった大転換とは、労働力や土地にも交換価値が生まれ、世が市場社会となり、生産ののち分配されるのではなく生産前に分配が起こり、借金を糧に富が生まれ、利益が追求されるようになったことです。かつては、農奴が生産し、領主が年貢を無理やり納めさせ、残ったもので農奴は暮らしていました。領主が土地を手放すことも、農奴が自らの労働力を売ることもありませんでした。しかし、領主が農奴に農作物を生産させることをやめ、地代を徴収するようになったことを機に農奴は起業家になり、借金をもとに事業を始めました。将来の地代や必要なものの値段はわかっていて、分配をイメージしつつ生産することになり、結果的に利益を追求するという大転換が起きたと、著者は説明しています。

 これから成すべき大転換は、人ではなく機械が新しいテクノロジーを生みだし、新しいテクノロジーが生みだした富をどう分配するかを、市場に任せるのではなく民主主義で決めるというものです。現在は新しいテクノロジーを生みだした起業家が富を独占する方向に徐々に進んでいます。(著者は触れていませんが、人工知能を生みだせる人工知能を最初に開発した者が世界の富を独占するのではないかという危惧は広く知られています。) しかし著者は、市場のように富の多寡によって支配権 (投票権) が得られる仕組みではなく、法の下の平等にのっとり、ひとり一票の投票権が得られる仕組みによって富の分配を決めるべきではないかと考えているようです。

 タイトルに嘘偽りなく、美しい理想であり、壮大な夢ではないでしょうか。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(経済・金融・会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月12日

「鏡の国のアリス」

20211212「鏡の国のアリス」.png

ルイス・キャロル (Lewis Carroll) 著
河合 祥一郎 訳
角川書店 出版

 前作の「不思議の国のアリス」ほどは楽しめなかった気がします。ただ、その理由は、自分でもわかりません。著者の寂寥感のせいか、チェスを知らないせいか、アリスが目標地点に向かって突き進むせいか、折々に登場するマザーグースの歌を知らないせいか、それらのいずれか、あるいはすべてが関係しているのかもしれません。おそらく、ことば遊びに触れながら先が見えないまま進んでいった前作のほうが、わたしに合っていたのでしょう。

 著者の寂寥感は、前作の下地ができてから起きた変化に原因があるようです。オックスフォード大学クライストチャーチ校に勤務していたルイス・キャロルが、同校学寮長の次女アリスにせがまれて紡ぎだしたストーリーがのちに「不思議の国のアリス」になったのは有名な話です。しかし、「不思議の国のアリス」が世に出たころ、学寮の中庭で 13 歳になったアリスと偶然再会した著者は、彼女が物語をせがんでいたころの幼い少女ではなく、娘になりかけていたことに驚いたようです。訳者あとがきでは、本作は、前作とは違って、実在のアリスのためというより、自分の心のなかにいる小さなアリスのために書かれたものだとされています。もう戻らない時間に対する寂しさが滲みでていても不思議ではない気がします。

 トランプの世界を冒険した半年後、鏡の向こうのチェスの世界を冒険するという設定になっている本作は、景色がチェスの盤面のようになっています。『まっすぐな小川が何本もはしからはしまで横切っていて、そのあいだにはさまれた土地は、小川から小川までのびているたくさんの小さな緑の垣根によって、いくつもの正方向に区切られ』ていて、整然としています。

 そこで繰り広げられるチェスのゲームを見たアリスは、ポーン (歩兵) でもいいから自分も仲間に入りたい、できればクイーンになりたいという望みを赤のクイーンに漏らします。赤のクイーンは、8 つ目のマスまで行けばクイーンになれると答えます。そうして、8 つ目のマスまで進むという明白な目標ができ、そこに向かって物語は進みます。しかも、チェスの盤上を適当に進むのではなく、きちんとルールに則って駒は進んでいるようですが、チェスに詳しくないわたしは、展開についていけていないように感じました。

 その盤上でアリスは、いろんな登場人物に会いますが、一部はマザーグースの歌に登場する者たちです。ハンプティ・ダンプティやトゥィードルダムとトゥィードルディーのコンビなどです。もとの歌を知らないわたしにとっては、内容の理解が難しい描写もありました。

 ただ、前作同様、多くのことば遊びが盛り込まれていて、翻訳の過程でそれらが失われないよう工夫が凝らされているので、日本語でも踏韻などの音を楽しみつつ、登場人物の滑稽な物言いや所作に笑ったりできます。また、鏡の向こうに広がる世界だけに、時間軸が反対になっていて、過去から未来に進むのではなく、未来から過去に時間が流れていくという不可思議な状況に驚いたりもできます。しかし、基本的には、赤のクイーンがアリスに教えたとおりに物語は進行します。まるで、どんな子供も、おとなになるという、ひとつのゴールに向かって、決められたレールのうえを進んでいくかのように。枠にはまらない前作のほうが、わたしの好みに合っているのかもしれません。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

「新版 この1冊ですべてわかる 金融の基本」

20211211「新版 この1冊ですべてわかる 金融の基本」.png

田渕 直也 著
日本実業出版社 出版

 目次には、金融の歴史や概観、コーポレートファイナンス、株式市場、債券市場、金利、外国為替市場、投資、デリバティブなどの新しい金融などが並んでいます。幅広い話題が取りあげられているため、自分の知識に欠けている分野が見えました。

 全体的に知識がなかったのが債券で、部分的に欠けていたのがコーポレートファイナンスの分野です。

 債券の場合、安全資産である国債に比べてリスクのある社債投資には、リスクプレミアム (リスクのある資産の期待収益率から無リスク資産の収益率を引いた差) があり、社債格付けに応じた追加利回り (『クレジットスプレッド』とも呼ばれます) を上乗せした利回り曲線 (『イールドカーブ』とも呼ばれます) は、次のようなイメージになります。

20211211「新版 この1冊ですべてわかる 金融の基本」1.png

 実際には、利回りが一時的に長短で逆転することもあるでしょうし、こういうきれいなカーブにはならないのでしょうが、理論の基本を確認できました。

 コーポレートファイナンスでは、財務諸表が取りあげられています。これまで折々に貸借対照表や損益計算書を学んできましたが、キャッシュフローの重要性は意識したことがありませんでした。キャッシュフローを重視した経営を意味する、『キャッシュフロー経営』ということばさえ知らなかったくらいです。

 営業キャッシュフロー (営業活動から発生するもの)、投資キャッシュフロー (設備投資や他企業の合併・買収などに投じたり、それを回収したりするもの)、財務キャッシュフロー (資金調達に関係するもの) 別に、どのような項目があるのか、簡単に列挙されてありました。キャッシュフローについては、もう少し学びたいと思いました。

20211211「新版 この1冊ですべてわかる 金融の基本」2.png
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(経済・金融・会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

「Happiness Is … 500 Things to Be Happy About」

20211210「Happiness Is … 500 Things to Be Happy About」.png

Lisa Swerling/Ralph Lazar 著
Chronicle Books LLC 出版

 幸せな気分になれることが数多く並び、ほのぼのとしたイラストがそれぞれに添えられています。そんなことが人生に起これば、間違いなく幸せだと思うようなこと (sharing life with your soulmate) から、そんなことなら毎日幸せを見つけられると思うようなこと (bubblegum) まで次から次へと登場します。

 この本の作家たちに比べ、わたしの幸せは範囲が狭いようで、それは幸せでもなんでもないと言いたくなるようなことも含まれています。たとえば、when a ladybug lands on you とか、a snow globe などです。わたしの場合、てんとう虫が向こうからやってきてとまったら、パニックになりそうですし、スノードームは、子供騙しの代名詞のような品で落胆しそうです。

 そのいっぽうで、気づかなかったけれど、それも幸せかも……、そう思えるものもありました。登場順にあげてみます。

- music that takes you back
その音楽を頻繁に聞いていたころの光景が走馬灯のように浮かび、いっとき懐かしい気分に浸れます。

- staying in on a Friday night
金曜日の夜、明朝早起きをする必要もなく、家でのんびりしているときに感じる開放感は、やはりちょっと幸せです。

- looking forward, not back
過去を振り返り、同じ話を繰り返して過ごすのではなく、日々の移り変わりのなか、この先を思い描きながら過ごせることは、いまは当たり前に感じていても、過ぎ去れば幸福そのものなのかもしれません。

- when someone stands up for you
ことを荒立てたりせず、我慢してしまったほうが……と思うことも多いのですが、やはりこういう状況になれば、うれしく感じてしまうものです。

- good health
健康のありがたみがわかるようになりました。

 最後は、失ってしまった幸せに気づいたケースです。

- finding a new book by your favorite author
書店で 1 冊の本を手にとっているイラストが添えられてあります。今のわたしの場合、気になる作家の新刊が出ると、メールが送られてくるよう設定してあり、見逃す心配がありません。かつて、ふと立ち寄った書店で、お気に入りの小説家の新刊を見つけたとき、意外なご褒美をもらったような気分が味わえたものですが、そういった経験を忘れていたことに気づきました。

 毎日がつまらない、楽しくない、そう思ったときにお勧めの一冊です。イラストもかわいいので、癒されます。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

「新 IFRSのしくみ」

20211201「新 IFRSのしくみ」.png

あずさ監査法人 IFRS アドバイザリー室 編
中央経済社 出版

 2005 年、EU 各国の上場企業の連結財務諸表に IFRS(International Financial Reporting Standards:国際財務報告基準) が強制適用されるようになったときは、関心をもてなかったのですが、2013 年 10 月に IFRS の任意適用要件が大幅に緩和されたこともあり、IFRS を適用する日本の上場企業が増えてきて、基礎くらいは知っておかなければならなくなりました。

 この本は、基礎の基礎を学ぶのに適していると思います。たとえば、IFRS 導入のメリット・デメリットが簡潔にまとめられています。メリットとしては、(1)経営管理体制の強化、(2)同業他社との比較可能性の向上、があげられています。(1)は、企業グループ内の会計方針を統一することが求められる IFRS を導入することにより、各グループ会社の状況をタイムリーに把握することにより実現します。(2)については、投資家への説明責任を果たし、資金調達の市場や方法を戦略的に選ぶことが可能になります (他社との比較において相応の評価を得なければ、現実的にはメリットを享受できない気はしますが)。 デメリットとしては、(a)IFRS 適用準備のための時間と費用、(b)適用後も日本基準に基づき作成される単体財務諸表と二重の管理体制が必要、(c)IFRS の要請に対応できる人材の確保、があげられています。

 ほかにも、財務諸表の構成が IFRS と日本基準で比較され、一覧になっていて、基本がおさえられるようになっています。

IFRS日本基準
財政状態計算書 (Statement of financial position)貸借対照表
純損益及びその他の包括利益計算書* (Statement of profit or loss and other comprehensive income)損益及び包括利益計算書*
株主持分変動計算書 (Statement of changes in equity)株主資本等変動計算書
キャッシュ・フロー計算書 (Statement of cash flows)キャッシュ・フロー計算書
注記 (Notes)注記
*IFRS、日本基準ともに、包括利益計算書とすることも認められている。また、純損益計算書と包括利益計算書の 2 つに分離することも認められる。

 見開きでひとつのトピックが完結になっていて、多くは、前述の比較可能性が向上するというメリットに納得できる内容でした。

 たとえば、オペレーティングリース (ファイナンスリースと異なりノンフルペイアウト) の場合、借手側のリース資産は、オフバランス (バランスシートへの計上なし) でしたが、新しいリース会計モデル (2016 年 1 月に公表された IFRS 第 16 号「リース」) ではオンバランスになります(『使用権資産』と『リース負債』)。(これは、表紙にも掲載されています。)

 また、収益に関しても、どういった収益をいくらで、いつ、どのように計上するかの認識基準が明示されていて、容易に収益を比較できるようになっています。

 さらに、金融商品の場合、その信用リスク、市場リスク、為替リスクなど、さまざまなリスクについて、定性的情報および定量的情報の開示が必要になったり、分類ごとに、帳簿価額、公正価値および発生した損益を開示する必要があります。

 リスクテックに関係する仕事をしているので、リスクの情報開示については、詳しく学ぶ機会をつくりたいと思いました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(経済・金融・会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月30日

「出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記」

20211130「出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記」.png

宮崎 伸治 著
フォレスト出版 出版

 この著者が執筆した本を読むことは、もうないだろうと思いました。この本を書くことによって、出版業界で経験した辛い過去に対し溜飲をさげたい著者とそれに同調する読者という構図のもと、出版業界で働く個人事業主あたりが読者として想定されていたのかもしれません。わたしは、その想定読者からは遠い立場にいるので、得るものが何もなかったのでしょう。

 いわゆる下請法が整備されてきたことからもわかるように、企業規模が大きく圧倒的に優位な立場にある発注者に対し、零細企業や個人事業主などの受注者は、高いリスクを背負うことが予期されます。ゆえに、個人事業主などは、リスクを正しく評価し、可能な範囲でリスクをヘッジしつつ臨むことが必要になります。それを怠って被害に遭い、自分は世のために正義を貫いているという考えのもと、ユーモアの欠片もなく、相手が 100% 悪いという怒りを書きつらねても、それなりにリスクヘッジを心がけてきた人たちには響かないのは仕方のないことだと思います。

 もちろん、被害に遭われたことはお気の毒かと思いますが、出版業界に限った話でもありませんし、どう伝えるかについて、もう少し検討されても良かったのではないかと思いました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする