2020年09月03日

「難しいことはわかりませんが、統計学について教えてください!」

20200903「統計学について教えてください!」.png

小島 寛之 著
SBクリエイティブ 出版

数字に騙されないための 10 の視点 統計的な?」を読んだのをきっかけに、統計でどんなことができるか、工夫次第でうまく伝えられるようになれるかも……と思うようになり、統計関係の本を少しずつ読んでいて、これもその 1 冊です。

 本書では、ストーリー仕立てで統計の手法が扱われているのですが、『標準化』の例は参考にしたいと思いました。某大学のミスキャンパス候補 (ファイナリスト) の体型データをもとに、ミスキャンパスに選ばれた者がプロポーション面で、どう抜きん出ているのか数値であらわしてみようという試みです。

 以下のサンプルデータを見ると、ファイナリストはみなスタイルがいいように見えます。

20200903「統計学について教えてください!」1.png

 これを標準化すると、次のようになります。

20200903「統計学について教えてください!」2.png

 これらの数値はすべて、ファイナリストの平均にどれくらい近いかをあらわしています。(0 に近いほど平均に近いことをあらわします。) 赤枠の数字が目を惹きます。

 Aは、身長も体重も平均を大きく下回り、このサンプルのなかではとても小柄なのが、一目瞭然です。また、Fは、体重やウエストはほぼ平均なのにバストもヒップも平均を大きく上回り、いわゆる『ボンッキュッボン』なのが、わかります。

 標準化は、身長と体重といった単位の違うものの比較を容易にするメリットがあり、次の式で簡単に計算できます。(サンプル数によっては、それこそ電卓でも充分です。)

 {(データ) − 平均値} ÷ 標準偏差

 標準偏差は、データの偏差 ({(データ) − 平均値}) を二乗してから合計し、データの数で割り、その平方根を求めるとわかります。

 二乗してからルートを取るなどと面倒なことをする理由がわからなくても、標準化するメリットについては、このデータを見るとよくわかるので、巧みな説明だと思いました。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(データ活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

「医学統計の基礎のキソ 1」

20200902「医学統計の基礎のキソ 1」.jpg

浅井 隆 著
アトムス 出版

 タイトルに「基礎のキソ」とあるとおり、統計の基礎が説明されていますが、その説明手順が、目からウロコでした。

 たとえば、有意差について説明するとき、帰無仮説 (null hypothesis) にもとづいて仮説検定を行ない、P 値をもとに帰無仮説を棄却するか、対立仮説を採択するかが決まるという流れで説明されることが多いように思います。しかし、本書では、いろいろある仮説検定をすべて素っ飛ばし、有意差と P 値の関係をいきなり説明しています。

 しかも、95% 信頼区間を求め、ゼロが含まれていれば有意差がなく、逆にゼロが含まれなければ有意差があるという関係を示し、仮説検定なしに有意差を推定できると説明しています。

 つまり、正しい統計結果を出せるようになるより、まずは統計結果を正しく理解できるようになることを目指しているわけです。

 統計には挫折してばかりという方には、星五つ級にお勧めの書籍です。次のような内容がカバーされています。

−有意差 (significant difference)、P 値 (P values)、有意水準 (significant level)
−帰無仮説 (null hypothesis)、仮説検定 (hypothesis test)
−信頼区間 (confidence interval)
−平均値 (mean) = 算術平均値 (arithmetic mean) / 中央値 (median)
−標準偏差 (standard deviation、SD、S、σ)
−四分位範囲 (inter-quartile range)
−平均の信頼区間 (confidence intervals of the mean)
−3 の法則 (rule of 3)
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(データ活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

「ぶれない―骨太に、自分を耕す方法」

20200901「ぶれない」.png

平山 郁夫 著
三笠書房 出版

 あらゆる方の人生にあてはまる教えが詰まった本だと思います。そうは言っても、人生を豊かに過ごすための基礎といえる内容なので、もっと若いころに読みたかったと思います。

 印象に残ったのは、次のようなことばです。
++++++++++
失敗しても失敗してもくじけずに努力する姿が「生 (せい)」そのものだと思う。そこに人間としての美しさがあり、美しさは必ず相手に伝わる。
++++++++++

 この美しさが、品位や品格ということばで表現され、画品 (絵の品格) に影響すると述べられている箇所もありました。
++++++++++
品位や品格というのは、無理やりひねり出すものではなく、自然とにじみ出てくるものだと思います。にじみ出るものが何もなかったり、希薄だったりすれば、どんなに技術的なことを取り繕っても、いつかは馬脚をあらわしてしまいます。何事についても、人間的な修行が大切だというのは、にじみ出る中身、品格を充実させるためなのです。
++++++++++

 修行については、次のような表現で説明されています。
++++++++++
石をみがくのと同じ気持ちで、『より美しく』という純粋な気持ちを持って自分をみがく。
++++++++++

 純粋な気持ちというのは、損得勘定でもなく、どこかで役立てようという功利目的でもなく、自分を立ち上げていくことだそうです。

 もし、生きることが自分をみがくことだというのが本当なら、救われます。そしてみがくとどうなるかについては、こう書かれてあります。
++++++++++
芸術家だけでなく、何事においても、技術のあるなしに関係なく、一番必要なのは世界観や理念でしょう。これをみがいてこそ人は大きくなり、みんなが納得してついてくるような『ぶれない人間』になるのだと思います。
++++++++++

 この本を通して、この大家が、偉大なことを成し遂げただけでなく、品格ある偉大な方だという印象を受けたので、機会があれば、しまなみ海道にある平山郁夫美術館を訪れてみたくなりました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする