2021年02月03日

「天空の蜂」

20210203「天空の蜂」.png

東野 圭吾 著
講談社 出版

 東野圭吾ファンの父から譲り受けた本なので、いつ頃出版されたのか知らずに読み始めました、原子力発電所の安全性に対する『本音と建て前』が見え隠れする設定なので、福島第一原子力発電所の問題を機に書かれた作品かと思ったのですが、1998 年が初版でした。2015 年 7 月で 68 刷となっているので、東日本大震災以降も、たびたび増刷されたのかもしれません。

 わたしを含め、日本人の多くが原子力発電所の見せかけだけの安全神話に疑いの目を向けることもせず、ずっと過ごしてきたことを指摘されたように感じました。

 タイトルの「天空の蜂」とは、防衛庁が発注した、大型の新型ヘリコプターを指しています。そのヘリコプターがメーカーから防衛庁に引き渡される日、犯人は、それを盗み、自分たちの要求をのまなければ、ヘリコプターを高速増殖炉原型炉に墜落させると脅迫する事件を起こします。

 政府も、高速増殖炉関係者も、何が起ころうと放射能漏れは起こらないという建て前を崩さず、そのいっぽうで何が起こるかは予想がつかず、犯人を見つけるため、ヘリコプターの墜落を阻止するため、最大限の人員を動員します。

 しかし、その犯人は、読者に対して早々に明かされます。この作品は、フーダニットではなくホワイダニットなのです。最後に動機が明かされたとき、その動機や犯人像によって読後感が変わるかと思いますが、今回明白に動機が明かされるのは半分だけです。ふたりいる犯人の片方の視点でのみ語られ、もう片方については政府が動機を把握しているものの、その隠蔽体質により語られることはありません。

 政府の隠蔽体質は、リアリティある設定ですが、謎解きとしては半分が残り、読後感はすっきりしません。ただ、この小説は、謎解きを楽しませるより、わたしたち普通の人が、原子力発電所のように自分たち自身のために存在するものにもっと意識を向けさせるために書かれたように感じました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする