2021年03月09日

「『エビデンス』の落とし穴」

20210309「『エビデンス』の落とし穴」.png

松村 むつみ 著
青春出版社 出版

『エビデンスベーストヘルスケア』ということばを頻繁に耳にするようになって久しいのですが、わたしは漠然と、エビデンスを『証拠』のように考えていました。その認識の誤りをこの本は正してくれたように思います。

 著者によるとエビデンスは、信頼性がもっとも高いレベル 1 から、信頼性に劣るレベル 6 まであり、それぞれ以下のように定義されています。

- レベル 1 ……『システマティックレビュー』や『メタアナリシス』が該当します。これらは、複数の研究を統合して、結果を出したものです。これらがレベル 2 のランダム化比較試験よりも信頼性が高いのは、複数の研究を統計的な手法を使って統合している点です。ただ、集められる研究の数が少なかったり、研究方法 (デザイン) に問題のあるものが含まれたりする場合もあるので、信頼性が落ちるケースもあり得ます。

- レベル 2 ……『ランダム化比較試験』が該当します。たとえば新しい薬の効果を見極める場合など、参加する患者を 2 つのグループに分け、いっぽうのグループには新しい薬を、他方には偽薬を投与し、比較して試します。どの患者を新薬と偽薬のどちらに割り振るか、ランダムに決めたら、ランダム化比較試験になります。

- レベル 3 ……『非ランダム化比較試験』が該当します。レベル 2 と同じ手法が採られますが、グループの割り振りがランダムでない場合が非ランダム比較試験です。

- レベル 4 ……『症例対照研究』(別名:後ろ向き研究) や『コホート研究』(別名:前向き研究) が該当します。前者は、過去に遡って、病気の要因などについて研究します。たとえば、すでに肺がんを発症している患者を対象に過去に喫煙していたかなどの習慣を調べ、肺がんではない人たちと比べ、喫煙者が多いか比較分析します。後者は、現時点で肺がんを発症していない人たちを一定人数集め、喫煙者と非喫煙者を分け、それから何年か観察して、喫煙者のなかで肺がんになる人と非喫煙者のなかで肺がんになる人がどれくらいいるか比較検討します。

- レベル 5 ……専門の教科書にも載っていない珍しい症例や通常の治療は効かなかったけれど特定の治療を試して効果を得たような症例を論文にしたり、学会で発表したりしたものが該当します。

- レベル 6 ……具体的なデータなどにもとづかない『専門家の意見』が該当します。個人的には、データがなくても、エビデンスと呼ばれることを意外に思いました。

 これだけ違いのあるものがすべて『エビデンス』と呼ばれている以上、患者もそれぞれの差異を意識して、自分の治療にかかわっていく必要があると感じました。

 また、エビデンスがあるからといって、飛びつくのではなく、さまざまな意見や情報をもとに多角的に検討するまでは、結論を保留することも大切ではないかと思います。

 最後に、エビデンスが絶対ではないということも考慮しておく必要があります。こういったデータの収集は、手間も費用もかかります。つまり、金銭絡みの不正が行われる可能性もゼロではありません。著者は、あるワクチンを接種すると自閉症になるという論文が、当該ワクチンを作った企業の競合他社に有利に働くようウェイクフィールドという元医師によって発表された例をあげています。

 もしものとき、『エビデンス』の踊らされない患者になりたいものです。
posted by 作楽 at 22:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする