2021年08月05日

「Sleep, Sleep, Sleep」

20210805「Sleep, Sleep, Sleep」.png

クリスティアン・ベネディクト (Christian Benedict)/ミンナ・トゥーンベリエル (Minna Tunberger) 著
鈴木・ファストアーベント・理恵 訳
サンマーク出版 出版

 睡眠について知りうるすべての興味深い事実を読者と共有することに本書の狙いがあると書かれてあるとおり、睡眠に関する話題が次々と登場します。なかでも驚いた事実がふたつありました。

 睡眠には、レム睡眠と第 1、第 2、第 3 ステージから成るノンレム睡眠の合計 4 ステージがあり、第 1 ステージは、全体のたった 5% しかなく、第 2 ステージが全体の 50% 〜 60% を占め、石のように眠る深睡眠に該当する第 3 ステージの大半は、睡眠の前半に見られます。

 驚いたことのひとつは、この深い眠りのあいだに行なわれる『シナプスのダウンスケーリング』というプロセスに関する仮説です。このプロセスは、新たに形成された神経細胞の接合 (シナプス) のうち、余分なつながりだと分類されたものを除去し、次の覚醒時にまた新しく物事を学び、処理するために必要な容量を確保します。

 その事実から導き出された仮説とは、頭をよく使う人は、新たに得た情報の処理に深い睡眠を多く必要とするため、深い睡眠の量が多いというものです。つまり、睡眠が短くなる高齢者であっても、頭を使い続けていれば、深い眠りを得られる可能性があるというわけです。

 もうひとつ驚いたことは、『テストステロン』という筋肉を作るうえできわめて重要な役割を果たすホルモンは、睡眠時間 5 時間の日が 1 週間続いただけで、血中濃度が 10%〜15% も低下することがわかっていて、身体組成が変化し、筋肉量が減少していくシニアは、睡眠不足を防ぎ、筋肉量の減少と脂肪量の増加を加速させないようにすべきだということです。

 この本を読めば読むほど睡眠の重要性を感じるようになりますが、必ずしも理想とする睡眠が簡単に手に入るとは限りません。そんなときは、熟睡しなければならないとプレッシャーを感じることなく、暗い部屋で横になり、外部からの情報を避けるだけで、脳はリラックスできると自分に言い聞かせることも大切だと著者は説いています。

 さらに、この『暗い』という点は重要で、睡眠ホルモンといわれる『メラトニン』は、部屋が明るすぎると分泌量が減少することがわかっていて、ほんのわずかな明かりでも影響があるそうです。今晩からは、眠れないときも、暗い部屋で休むようにしたいと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする