2023年04月02日

「Matilda」

20230402「Matilda」.png

Roald Dahl 著
Viking Books for Young Readers 出版

 Matilda は、たった 5 歳半ながら、いろんな面を併せもつ魅力的な主人公です。天才的な頭脳と好奇心をもち、学校に通う前からチャールズ・ディケンズやジェイン・オースティンなどの作品を読破できるだけでなく、桁数の多い四則演算も暗算で答えを得られました。そのうえ優しくて、大人顔負けの心配りができます。そうかと思えば、いたずらが大好きという、子供らしい面もあります。

 そんな子供がいれば、周囲の大人は神童と大騒ぎしそうなものですが、両親は、Matilda をただただ邪険に扱います。学校の担任の先生 は、Matilda の可能性を信じ、飛び級させるよう校長先生に進言しますが、校長先生は頑として認めません。この校長先生は、Matilda に対してだけではなく、公私にわたって問題があり、人を人とも思わない極悪非道な人物なのです。

 この展開で、どういった結末が用意されているのか、まったく予想がつかなかったのですが、驚きのハッピーエンドを迎えます。とてもわかりやすい勧善懲悪で終わったことにも驚きましたが、そこに至る伏線にも驚かされました。Matilda の父親が自慢げに話していた中古車ディーラーの仕事も、Matilda が負けん気が強くていたずらという手段で仕返しする一面をもつことも、Matilda の担任が面倒見がよくて利己的なところが少ない先生だということも、すべてここにつながっていたのかと思いました。

 めでたしめでたし、そう言って本を閉じたくなった、児童書らしい結末を楽しめました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書(Age:9-12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする