2009年02月10日

英国の食事・飲み物・スポーツ

 上智大学で受講している、「クィーンズイングリッシュで学ぶ現代英国事情」シリーズ。13回め(最終回)の授業は「食事・飲み物・スポーツ」でした。

1. 食事

 わたしが英国料理といわれて思い浮かべるのは、フィッシュ・アンド・チップス。たぶん、日本人の多くは、イタリア料理やフランス料理に比べて、英国料理に詳しくないことと思います。英国で生まれ育ったケアリー先生が食事について力説したのは、英国人にとって食事は、車にとってのガソリンのようなもので、必要ではあっても楽しむという概念があまりない、ということでした。

 英国のレストランで食事をしようと思えば、中華料理かインド料理を選べば、ハズレはほぼないとのことでした。ただ、伝統的な英国料理の食べさせてくれるおいしいレストランも「探せばあります」とのことです。この「探せば」っていうところがミソです。労力を割かずにおいしい英国料理にはありつけない程度にしか、レストランがないということです。

 "TV dinner"のような"Television Tray Meal"が人気だそうです。あきらかに、主はテレビで、ついでに食事も一緒にできるといった印象を受けました。

 朝食に関しては、食べずにお茶だけで済ます人が多くなったとのこと。このあたりは、日本と似たようなものでしょう。ちなみに、伝統的な英国の朝食(Full English Breakfast)は豪華です。(English Breakfastと対照的にシンプルなのが、Continental Breakfast。)

−Fruit Juice
−Cereal
−Bacon & Eggs
−Fried Tomatoes
−Fried Bread
−Black Pudding
−Toast & Marmalade

 なんとなく豪華な気がします。日本びいきの先生でも、日本のベーコンはまずいそうです。もっともおいしいのは、Danish Baconとか。Black Puddingは、デザートのような名前ですが、実際は、豚の血液や脂肪でできたサラミみたいなものだそうです。(あとで画像検索してみたら、ソーセージのように見えました。)

 昼食に関しては、車にガソリンを流し込むがごとく、サンドイッチで手軽に済ますそうです。といっても、サンドイッチ・バーで、パンを選び、中の具を選び、ひとつひとつオーダーしないといけないので、日本のコンビニでサンドイッチを摘みあげるのとは違うと言われてしまいました。最近の人気は、寿司の出前だそうです。「出前」という点のほうが評価されているのではないかと疑ってしまいますが。

 日本の食事に入ってこないのが、この英国の「ティー」。そういえば、知人が留学したときに、「今日、ティー要る?」と訊かれ、「え、ティー? 別に飲みたくないかも」と思って要らないといったら、夕食抜きになったと苦笑いしていたのを思い出します。ティーの意味するのは、2パターンあります。

−High Tea
 こちらは、17:00や18:00頃にとるもので、お茶にスコーンなどのお菓子と夕食が一緒になっています。

−Afternoon Tea
 こちらは、夕食前のティーで、16:00頃にとるようです。お茶だけでなく、サンドイッチやスコーンなどを一緒に食べます。

 夕食は、外食したり、家でパーティをしたり、特別なときの食事のようです。普通は、上記のHigh Teaや、ひとりで"Television Tray Meal"をとって終わりだそうです。

2. 飲み物

 英国といえば、パブ。基本的に立って飲むそうですが、最近ではテーブルがあり、食事もできるパブ(Gastro Pub)もあるそうです。とはいえ、全面禁煙になってから、パブは減少傾向にあるそうです。(ビールを買ってきて、好きなだけ煙草をすいながら飲めるほうが人気があるとのこと。)

 人気のあるビールについて、説明があったのですが、日常的に飲んでいるものの、知らないことが多くて驚き増した。

−ラガー
 日本でも人気があり、冷やして飲みます。
−ビター
 冷やして飲まないビールです。ホップでつくられていて、フルーティ。常温のビールはおいしいのだろうか、と思ってしまいました。
−スタウト
 ギネスなどの黒いビール。この手のビールは、泡がしっかりしていて、そこに文字を書くことができるそうです。しかも、飲み干しても、その泡は残るとか。本物かどうか見分けるには、字を書いてみて、と言われました。

 パブであまり歓迎されないのが、standing one's round。週末の夜などに、みんなで丸く(round)なって飲み、順番に奢るもの。もう一杯、もう一杯となって、度が過ぎてしまい、喧嘩沙汰になるのも珍しくないので、英国に行ったら、週末はパブに近づかないように、と注意されました。

3. スポーツ

 以下が英国起源といわれるスポーツ。

−ゴルフ
 スコットランドで生まれたので、スコットランドでは、すべての階級の人たちがゴルフを楽しむそうです。イギリスでは、ワーキング・クラスの方たちまでゴルフをするということはないそうです。

−ラグビー
 ウェールズでは、すべての階級の人のスポーツですが、イギリスでは中流階級に限定されているとか。

−テニス
 court tennisではなく、lawn tennisが生まれたのが、試合で有名なウィンブルドンの地。

−バドミントン

−サッカー
 英国では、footballと言います。

 英国についていろいろ学べた実りある後期でした。ケアリー先生のこの授業はとても人気があり、このクラスのアドバンス・クラスを希望する人が多いそうですが、その評判も納得できる内容でした。こういう楽しい授業なら、また受けたいです。
posted by 作楽 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック