2020年08月22日

「ぶり返す世界恐慌と軍事衝突」

20200822「ぶり返す世界恐慌と軍事衝突」.png

副島 隆彦 著
祥伝社 出版

 2012 年出版の本書の予測を読むのは意地悪なのですが、いまのパンデミックを考えると、戦争景気に魅力を感じる方々も増えるのではないかと、素人ながら心配になり、タイトルの「軍事衝突」を見て、この本を引っぱり出しました。

 著者は、わたしたちは歴史から学ぶべきで、@ 大災害が来て、A 大恐慌が来て、そして B 戦争が来るというパターンを忘れてはならないと警鐘を鳴らしています。歴史を見るとその繰り返しだから……というのがその理由で、これは歴史の法則であり、運命だと言っています。

 いまの新型コロナは、ひとつの大災害だと思います。このあと大恐慌がくるのか、この大災害を乗り越え恐慌を避ける知恵が現代の各国のリーダーにはないのか、注視したいと思います。

 そしてもう 1 点、景気の動向を予測するのは、誰にとっても難しく不可能といってもいいのかもしれないと、あらためて思いました。著者による、60 円台まで円高が進むという予測も、さる大手金融機関が破綻するという読みも、東京都心のタワーマンションさえ価格が下落するだろうという見込みも、的中していたとは言い難いと思います。

 恐慌が来る可能性を無視することもなく、景気動向予測に振り回されることもなく、過ごしたいと思います。
posted by 作楽 at 00:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]