2020年10月25日

「グッド・ドーター」

20201025「グッド・ドーター」.png

カリン・スローター (Karin Slaughter) 著
田辺 千幸 訳
ハーパーコリンズ・ ジャパン 出版

 いわゆるページターナーであることは間違いありません。真実は別にあるという匂わせが数多く埋めこまれてあり、隠されている何がか気になって、どんどん読み進めてしまいます。

 クイン一家は、弁護士の父親、天才級の科学者の母親、ふたりの娘の四人家族でした。それがある日、母親が殺害されるという凄惨な事件に見舞われます。

 残された家族が何とか前を向いて生きていけるようになり、28 年という長い年月が過ぎてから、中学校で起こった銃乱射事件を機に 28 年前の事件の真相が明らかになります。その過程で、父親、長女、次女、それぞれが秘密を隠し続けてきたことが匂わされ、いずれも最後の最後に明らかになります。

 ふたりの娘が父親と同じ弁護士という職業に就き、弁護士一家となったクイン家の視点で見る銃乱射事件が物語のひとつの軸になっているいっぽう、クイン一家の家族としての再生がもうひとつの軸になっています。

 構成としては一般的ですが、わたしの好みとしては少し物足りないように感じました。理由は、ふたつあります。ひとつは、クイン一家以外で事件に大きく関わった登場人物の描写が少なすぎた点です。もうひとつは、最後の最後ですべての謎を明らかにするということにこだわったせいか、それまでの語りに隠蔽があったことです。

 そうなった理由を推測するに、すべてを最後の最後に明らかにするのと引き換えに、犯罪を隠蔽する動機を窺い知ることができるような描写が一切書かれなかったことにあるようです。

 わたしの好みとしては、クイン一家以外の登場人物にも厚みのある人物像が描けるような工夫が欲しかったところです。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]