2021年09月17日

「金融読本 第 31 版」

20210917「金融読本」.png

島村 嘉/中島 真志 著
東洋経済新報社 出版

 初版が出版された 1950 年から、70 年にわたって改訂されつつ読み継がれてきたことに納得できる内容でした。金融業務、金融市場、金融機関、金融政策など基本的分野を俯瞰できるだけでなく、デリバティブや証券化といった比較的新しい金融手法やフィンテック・仮想通貨 (ブロックチェーン) といったテクノロジー関連の話題も盛り込まれています。また、過去の変遷を振り返る『補論』というセクションがあり、知らなかった経緯を理解したことにより、現状に納得できた部分もありました。

 体系的に金融について学んだことがないので、この本を読むことにより、自らの視野の内と外を知ることができたのは有益でした。こういう本を一冊読んでから、必要な分野のみ深掘りするといった勉強をすれば良かったと、今更ながら自らの手際の悪さに気づけました。

 わたしはこれまで、政府・政策にかかわるものに縁がなかったように思います。たとえば、量的緩和で問題になるマネーストック (マネーサプライ) が次のように分類されているなどと思いもしませんでした。

20210917「金融読本」1.png

 それぞれ、次のように定義されています。

M1……最も容易に決済手段として用いることができる現金通貨と預金通貨とから構成されており、最も狭義の指標となります。

M3……M1 に準通貨 (定期性預金) と CD (譲渡性預金) を加えた、より広義の指標となっています (M1 と M3 は、いずれも全金融機関を対象としています)。

M2……M3 と金融商品の対象は同じですが、金融機関の範囲が限定されています (集計に時間を要するゆうちょ銀行と系統金融機関の預貯金が除かれています)。

広義流動性……M3 に比較的流動性が高い金融商品 (国債、外債、金銭の信託、投資信託、金融債など) を加えた最広義の指標です。金融商品を幅広く集計しているため、金融商品間のシフト (預金から投資信託へなど) の影響を受けにくいという特徴があります。

 日本銀行の Web サイトでは、最新の情報を見られるようになっていて、マネーストックが積みあがっていることを確認できます。

 また、通貨供給量だけでなく、貸出ファシリティ (中央銀行が金融機関からの申込みに応じて、あらかじめ決められた金利で受動的に貸付を行なう機能) と預金ファシリティ (中央銀行が金融機関からあらかじめ決められた金利で受動的に預金の受入れを行なう機能) を使って、その範囲内でのみ市場金利が動くよう誘導していることも初めて知りました。

20210917「金融読本」2.png

 仕事柄、法規制にばかり目が行っていましたが、全体に目を配ることも大切に思えました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(経済・金融) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]