2021年11月09日

「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」

20211109「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」.png

ビル・パーキンス (Bill Pearkins) 著
児島 修 訳
ダイヤモンド社 出版

 最初に、誰もが知るアリとキリギリスのイソップ寓話が持ち出され、アリはいつ楽しいときを過ごすのかという問いから始まります。

 わたしたちは、この寓話と違って、アリとキリギリスの生き方の中間にある最適なバランス、つまりキリギリスよりは節約し、アリよりも今を楽しむような人生を目指すべきだと著者は説きます。今しかできない経験のために使える金を無駄に貯めこむのはやめ、死ぬまでに金をすべて使い切ること (DIE WITH ZERO) を勧めています。

 その目標を実現するためのルールを自らの経験をもとに語っています。問題は、ヘッジファンドマネージャとして成功をおさめた著者の経験の多くが、わたしたちの状況と違い過ぎて実感がわかない点です。それがこの本の評価を少し下げている気がします。ただ、著者の考え方を理解し、自分自身の収入や資産と相談しながら、自分なりに DIE WITH ZERO を実践することは可能だと思います。

 著者は、この目標を実践するためのルールを 1 から 9 まで紹介していますが、印象に残ったのは、次のようなものです。

ルール 2:一刻も早く経験に金を使う

 老後の備えとして貯蓄する方は多いと思いますし、わたしもそのひとりです。でも、体力が衰えた老後において価値が高まるのは思い出であり、その思い出になるような経験に早い段階で投資すべきだと著者は言います。そうすれば、その思い出を楽しむ時間も増えると言うのです。

ルール 3:ゼロで死ぬ

 ゼロで死ぬことを目標に逆算しようとしたとき、病気になったとき、高額な医療費がかかるのではないかという不安をどう見積もるかが問題になります。著者は、残り数カ月を延命できる高額医療に意味は見いだせないと言い、『人は皆、遅かれ早かれ死ぬ。最後の数日、数カ月を生き延びるのに必要な医療費を貯めるために、人生の貴重な数年間を犠牲にしてまで働きたいと思うだろうか?』と、問いかけます。さらに、健康を保つための『予防』に投資することを勧めています。

ルール 4:人生最後の日を意識する

 死を意識し、人生という限られた時間の大切さを意識するためにも、自分の推定死亡日までの時間をカウントダウンするアプリを著者は勧めています。(著者は、『Final Countdown』を使っているそうです。)

ルール 7:やりたいことの「賞味期限」を意識する

 私たちが思っているほど先延ばしできない経験は多いにもかかわらず、私たちはそれを自覚していないと著者は指摘しています。

 特に大事なのは『賞味期限』を考えることではないでしょうか。平均寿命などから、自分の人生がどのくらいで終わりそうか考えていても、それまでの道のりで体力や知力がどう衰えていくのか、イメージできていませんでした。そういったイメージをこれまでより具体的に描きながら、いつまでに何を実現したいか、考えてみたいと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]