2021年11月10日

「空洞のなかみ」

20211110「空洞のなかみ」.png

松重 豊 著
毎日新聞出版 出版

「サンデー毎日」に 2018 年 10 月 14 日号から 2020 年 10 月 18 日号に掲載されたエッセイと書き下ろしの短篇連作 12 篇が収められています。

 あとがきによると、エッセイの書籍化だけでは分量が乏しく、何を加えるか検討に入ったのが COVID-19 が深刻化する前、その後撮影などが許される状況でなくなり、何か書こうかと思い立って、できあがったのがこの 12 篇の短篇だそうです。もしかしたら、COVID-19 のパンデミックがなければ、誕生しなかった短篇なのかもしれません。

 この本のタイトルは、おそらく短篇連作の内容からきているのでしょう。一連の短篇は、あまり売れていない 40 代の俳優が、ひょんなきっかけから京都の広隆寺で弥勒菩薩半跏思惟像 (みろくぼさつはんかしいぞう) と向き合う経験を得たところから始まります。彼は、この像は、中がくりぬかれてあり、空っぽだと、ある老人から教わります。そして、空っぽと無は違うとも老人から指摘されます。

 どう違うかの解釈は、ひとによって違うと思うのですが、わたしは、空っぽには、何かが入る前提あるいは何かを入れる心づもりが感じられますが、無にはそれがないと思いました。その空洞は、さまざまな役の中身が入る俳優なのかもしれません。(小説の終わりのほうに主人公の解釈も登場します。)

 そんなことを考えさせられるきっかけをつくったその老人は、最終篇でまた登場します。短篇を読み進めながら線をたどっていたつもりが、最終篇で始点とつながり、ひとつの輪になって完結したような感覚がしました。

 論理的というか、老人が最初に登場するプロローグから始まり、主人公がさまざまな役を演ずる第 1 話から最終話まで続き、エピローグで老人が再登場して終わるという構成になっていて、とてもすっきりとする構成です。しかも、第 1 話から最終話という呼び名が、テレビの連続ドラマを感じさせ、登場する俳優に合っています。

 いっぽう、エッセイのほうはどれも笑ってしまいました。どれも個性的な長いタイトルがつけられていて、なんとなく連想ゲームの雰囲気が感じられます。また、俳優の仕事を垣間見ることもできます。短篇とエッセイという組み合わせといい、個性的な一冊でした。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]