2007年08月02日

ブックカフェ「ふみくら」(東京千駄ヶ谷)

20070802Fumikura1.jpg
20070802Fumikura2.jpg20070802Fumikura3.jpg


 河出書房新社を私のものさしではかると、出版点数などの規模では大手ではないけど、時々すごい規模のインパクトの本が出てくる出版社、に分類されます。

 今まで読んだ中では、山田ズーニーさんの「おとなの小論文教室。」 や「17歳は2回くる おとなの小論文教室。(3)」。そして、まだ読めていませんが、今年の東京国際ブックフェアでも3冊入手してしまいました。

 その出版社の1階には「ふみくら」というブックカフェがあります。外から見ても、カフェの中に本棚があるのがわかるくらい、細長いカフェの奥の壁際は全面本棚になっています。

 カウンターの端あたりの席が運よく空いていれば、ちょっと手を伸ばして、次から次へと本を見放題という嬉しい状況を実現できます。本棚にはもちろん新刊のベストセラーも置いてありますが、「これ、いつ頃の本?」と思うような本もあって、そのセレクションにも興味が湧きます。

 ちょうど一般企業の営業時間にあたる時間しか営業していません。もちろん、土曜、日曜、祝日はしっかりお休みなので、会社勤めをしているとなかなか行く機会を見つけ辛いものはあります。でも、たまの機会を見つけていくと「あ、この本も河出書房の本だったんだぁ」という楽しい発見がある場所です。
posted by 作楽 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本屋さん/ブックカフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック