2008年01月24日

"soap opera"

 私のお気に入りシリーズ「Sammy Keyes」の6冊め、『Sammy Keyes and the Hollywood Mummy』で、興味惹かれることばを見つけました。"soap opera"。

 この本の主人公Sammyは、老人専用住居におばあさんと暮らしています。本来子供が住めない家に隠れて住む羽目になったのは、どうしてか。老人専用住居でひとりで暮らすおばあさんのところにSammyを預け、お母さんが女優になるためHollywoodに行ってしまったからなのです。

 そんなお母さんのことを、お母さんとも呼べず、Lanaさんと名前で呼ぶSammy。そんな気持ちを抱えているSammyが突如、Hollywoodに行って、お母さんと対決しようと決めます。

 Sammyがお母さんを訪ねたとき、お母さんはちょうど、あるテレビ番組で降板することになっている女優の後任の最終オーディションに残っているという状態でした。

 その番組は、どうも"soap opera"といわれる類のもののようです。

 最終オーディションの前に、お母さんが今までの番組を見ながら、登場人物をチェックしているシーンで、このことばが出てきます。
<<<<<
 She says, "I'm sorry," then laughs and adds, "I guess I should've left a note." She points her pen at the TV and proceeds to explain who's who on the soap opera she's watching and what she's looking for.
>>>>>

 次はまた、別のシーンです。お母さんがHollywoodで仕事に就けるようになったら、SammyもHollywoodに引っ越してしまうのかと心配している友人Marrissaに、先のことはわからないと答えている状況です。ここでも、"soap opera"が出てきますが、先のことが不確定な番組のような雰囲気です。
<<<<<
 I looked out the window and tried to tell myself that it was too early to start worrying about that. That between now and then, anything could happen.
 Especially on a soap opera.
>>>>>

 "soap opera"が具体的にどんな番組を指すのか調べてみました。そうしたら、soap operaばかりが集められた『Soap Opera Digest』というサイトがありました。どうも、『Soap Opera Digest』という週刊誌もあるようです。なんとも、すごい。これだけたくさんの番組があるのか、と驚いてしまいました。

 調べてみると、この"soap opera"は、そのままカタカナにした"ソープオペラ"ということばで、日本語でもかなり使われているようで、"昼メロ"ということばが一番近いように思います。

 『Wikipedia』によると、"soap opera"と呼ばれる理由は、石鹸(soap)メーカーが番組スポンサーになることが多いからだそうです。また、15分の番組枠が一般的だったのですが、年を経るごとに30分、1時間と長くなり、現在では8番組のうち7番組が1時間枠で平日毎日放送されているそうです。

 また、長寿番組が多いため、何年も放送されている間に、同じ役に違う俳優が次々と登用されることもあるようです。わりと柔軟なようですが、このあたりのことをSammyは言っているのかもしれません。

 平日の昼間、人気のある番組は案外日米でもあまり差がないのでしょうか。

○○出典○○

『Sammy Keyes and the Hollywood Mummy』
著者: Wendelin Van Draanen
出版社:Yearling Books

『EPWING版CD-ROM 新英和大辞典&新和英大辞典』
出版社:研究社

『Wikipedia』
URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page

『Soap Opera Digest』
URL:http://www.soapoperadigest.com/
posted by 作楽 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本で見つけた表現(英語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック