2021年10月22日

「精神科医が教える ストレスフリー超大全」

20211022「精神科医が教える ストレスフリー超大全」.jpg

樺沢 紫苑 著
ダイヤモンド社 出版

 在宅勤務疲れを感じていたこともあり、ベストセラーになっていた本書を読んでみました。『超大全』と謳っているだけあって、人間関係、プライベート、仕事、健康、メンタル、生き方など幅広いジャンルが取りあげられ、それぞれの分野でストレスになりそうな原因ごとに対処法がアドバイスされています。

 頭の片隅というか、心のどこかで、そうしたほうがいいと思っていた対処法が多く、わたしにとっては、納得できるものでした。たとえば、『コンフォートゾーン (快適領域)』を出るべきという考え方です。いつも行く場所、いつも会う人、いつも食べるものではなく、初めての場所、人、イベント、お店などに出かけ、人生を楽しむべきかもしれないと思えました。

 ただ、わたしにとって馴染みのない考え方もありました。それは、幸せには種類があり、著者は、次の@からBの順序で実現することを勧めています。

@『セロトニン』的幸福
『やすらぎ』『癒やし』『気分』の幸福感のことで、『健康』を実感する幸福と言い換えることができます。ポジティブで前向きな気分に包まれるなら、セロトニンが分泌されていて、逆に分泌されていないと、『不安』『心配』『イライラ』といった状態に陥ります。(心や体の病気になると、セロトニンは低下します。)
 朝に散歩したり、マインドフルネスや腹式呼吸を実践したり、笑顔になると、セロトニン的幸福を手に入れることができるそうです。

A『オキシトシン』的幸福
『つながり』の幸福感のことです。
 スキンシップ、コミュニケーション、ペットとの触れ合いなどを体験したり、人に親切にしたり、親切にされたときにもオキシトシンは分泌されます。

B『ドーパミン』的幸福
『やる気』による幸福感です。達成感や高揚感に関連しています。
 社会的成功を手に入れたり、設定した目標を達成したり、運動したり、笑顔や瞑想によっても、ドーパミン的幸福を手に入れることができます。

 著者は、Bドーパミン的幸福に囚われ過ぎると不幸になりかねないと注意を促しています。このように理論的に優先順位を考えたことはありませんでしたが、健康だからこそ、周囲に優しくすることもできるし、仕事なども頑張れることを考えると、こういった順位づけは大切かもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

「プロフェッショナルの言葉」

20211001「プロフェッショナルの言葉」.png

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』制作班 著
幻冬舎 出版

 番組制作班によってまとめられた 81 の仕事訓が載っています。知人から譲り受けたことをきっかけに読んだのですが、人によって響くことばは違うのだと実感しました。その知人はわたしと違って、自己肯定感がとても強く、常に人と接する仕事をしているからか基本的に人の助言には耳を貸しません。

 そんな知人に響いたことばのひとつは、企業再生弁護士の村松謙一氏のことば『情けは人のためならずってね。それは依頼者に教えてもらったんだよ』です。経済合理性が叫ばれる今でも、小さな思いやりが世の中を巡っていくと信じる村松氏の信念に共感したようです。

 また、『批評家になるな。いつも批判される側でいろ』ということばを伝えた脳神経外科医の上山 (かみやま) 博康氏の『こと患者さんに関わる問題となると、自らが正しいと信じる意見を絶対に曲げ』ない姿勢にも感銘したようです。

 翻って、わたしが共感できたのは、『やんなきゃいけないところに自分を追い込んで、どれだけ粘れるか。理由や言い訳は幾らでもある。ヘボが作る映画は、ヘボなんだよ』という宮崎駿監督のことばや、『私にできることは、最後の最後まであきらめないことだけだから』という海獣医師、勝俣悦子氏のことばです。諦めそうになったその先で差がつくと普段から思っているから、響いたのかもしれません。

 また、『結果が出なくなったときには、今まで思い続けてきたことを、どれだけ思い続けられるかが大事です』ということばは、品格を失ったら、それはもう仕事ではないのではないかと疑問に思うことの多いわたしに『思い続けてきたこと』を思い出させてくれました。このことばを発した祖母井 (うばがい) 秀隆氏は、サッカークラブでジェネラル・マネージャーを務めながら、プレーに表れる選手たちの「人となり」が与える感動を観客は望んでいると考えていました。そして、チーム成績が振るわなかったある時期、いわくつきの選手を獲得するかどうか迷っていました。その選手は、フランスでは知らぬ者のいないトップクラスでしたが、以前移籍を打診した際に、陰で別のクラブとも交渉し、天秤にかけていたひとです。結果的に交渉を打ち切った祖母井氏は、組織の居住まいを正したのです。

 そして、石橋を叩いて割ってしまい渡れなくなると揶揄されたわたしは、左官の挟土 (はさど) 秀平氏のことば『臆病な奴が勇気を出すからいいんです。臆病な奴が勇気を出してチャレンジするから、成功するんです』ということばにも励まされました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月29日

「完訳 ナンセンスの絵本」

20210929「ナンセンスの絵本」.png

エドワード・リア (Edward Lear) 著
柳瀬 尚紀 訳
岩波書店 出版

 巻末の解説によると、この本には A BOOK OF NONSENSE (1861 年版) の全訳と MORE NONSENSE, PICTURES, RHYMES, BOTANY, ETC. (1871 年版) のなかの ONE HUNDRED NONSENSE PICTURES AND RHYMES の全訳が収められています。

 いずれもリメリック (limerick)、a-a-b-b-a と韻を踏む 5 行の戯 (ざ) れ歌です。(日本語のほうも同じ形式で 2 音以上韻を踏むと決めて訳されたようです。) リメリックは英詩にしか見られないそうですが、その詩形の生まれと名称の由来は、はっきりしないとか。ただ、エドワード・リア自身は、リメリックということばをどこにも用いず、そもそもリメリックという語を知らなかったようだと説明されています。

 何の知識ももたずに読み始め、韻を踏むためにかなり頻繁に地名が使われていると思いながら読み終えて解説に進み、わたしの推測は誤りだったかもしれないと思いました。生涯独身だったエドワード・リアは『この世で全くの独りぽっちであるなら、たえず移動することだ。ニューヨークへでも、パラグアイへでも行かざるをえない』と手紙に記していたとおりの旅人だったようです。そのせいで地名がここまで多いのかもしれません。

 その地名については、翻訳家が訳した際、あるルールを設けたようです。解説に『原詩のほとんどは地名を二度繰返して韻を踏んでいるが、訳詩で同じことをするのは安直の感がある。翻訳では地名を繰返さない』と決めて訳したそうです。なんとも、自らハードルを上げられたわけです。そのほか、リアの造語に対する解釈やその日本語訳の解説など、翻訳家による解説は、詩を味わう前に読むことをお勧めしたい内容でした。

 印象に残る詩がいくつかありましたが、一番気に入ったのはこれです。

おろかおばちゃん登った柊 (ひいらぎ)
そこでしばしの心のやすらぎ
ところが刺先 (とげさき)
ドレスを引っ裂き (ひっさき)
暗い心が悲しくゆらぎ

There was an Old Lady whose folly,
Induced her to sit in a holly;
Whereon by a thorn,
Her dress being torn,
She quickly became melancholy.

 このおろかおばちゃんが自分に重なり、気持ちが吸い寄せられました。次は、オノマトペが楽しく感じられ、音やリズムを楽しむリメリックの良さが特に感じられたものです。

娘のお帽子もうむちゃくちゃ
鳥たちとまってもうもみくちゃ
ところが娘は「いいともいいとも
飛んでる鳥さんみんな友
帽子にとまってもらわなくちゃ!」

There was a Young Lady whose bonnet,
Came untied when the birds sate upon it;
But she said, 'I don't care!
All the birds in the air
Are welcome to sit on my bonnet!'

 次は、小さいことを気に病むわたし向けの詩です。

良心痛んで胸ちくちく
探し当てたぞケイパーソースのこの備蓄
巷に言うに「一混ぜ (ひとまぜ) ひんやり赤ワイン
それをごくごく毎日愛飲
胸のちくちく必ず放逐」

There was an Old Man whose remorse,
Induced him to drink Caper Sauce;
For they said, 'If mixed up,
With some cold claret-cup,
It will certainly soothe your remorse!

 ケイパーソースについて少し調べてみましたが、ある料理関連ブログで、おもしろい記事を見つけました。広く知られている、バターベースの『ケイパーソース』とは別に、バターを使わず、ケッパー、玉ねぎ、ピーマン、ニンニク、ワインビネガー、アップルビネガー、オリーブオイル、(砂糖) などを使った『ケッパーソース』があるそうです。『ラヴィコットソース』(フランス語の ravigoter の元気づけるから来ている) と呼ばれるソースとレシピが似ていることから、時間が過ぎるうちに呼び名が変わったのだと推測されます。元気づけてくれるワイン風味のソース、どんなものか一度よばれてみたいです。

 小さいことを気に病むだけでなく、理不尽なことを延々言われても、拒絶どころか溜息もつけないことの多いわたしに溜飲が下がる思いをさせてくれたのがこれです。

おっさん駅でながなが演説
何のかのと長広舌 (ちょうこうぜつ)
「もう遮る!
長すぎる
おまえさんなど断固拒絶!」

There was an Old Man at a Station,
Who made a promiscuous oration;
But they said, 'Take some snuff! ――
You have talk'd quite enough
You afflicting Old Man at a Station!'

 意味と音で日英ともに面白みを醸している詩がほかにもあり、それらを味わうなかで、この翻訳家の粘りを感じずにいられませんでした。こういうスタイルの詩もあると知り、楽しむことができたのは、こうして日本語で紹介くれる方のおかげです。感謝したいと思います。
posted by 作楽 at 08:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

「洗脳 スピリチュアルと妄言の精神防衛テクニック」

20210915「洗脳」.png

米地 英人 著
三才ブックス 出版

 2021 年 1 月 6 日、米国議会議事堂が襲撃される事件が起こり、その映像を見てから、『洗脳』というものが気になっています。その人なりの信念や事情があって違法行為に手を染めたとしても、証拠を残したくないという心理が働くと想像していましたが、彼らは自らの襲撃をスマホで記録し、SNS に投稿すらしていました。そんなことをしたのは、洗脳状態だったからだろうかという疑問をもったのです。

 脳機能学者、計算言語学者、分析哲学者などの肩書をもつ著者は、脱洗脳の専門家としてオウム事件の捜査に貢献した実績があり、軍や政府関係者がテロリストらに洗脳されることを防ぐ洗脳プログラムを開発した経験もあります。

 著者によると、洗脳では、3 つの概念、@変性意識、A内部表現の書き換え、Bアンカーとトリガーの埋め込みが重要になるそうです。

 わたしがイメージしていた『洗脳』は、この『内部表現の書き換え』に該当するようです。これは、自らつくり上げたイメージを、洗脳したい相手の心に植え付ける、要は相手にも自分が見ているイメージを見させて、なおかつそれを操作することだと著者は説明しています。

 そしてその『内部表現の書き換え』を行なうには、『変性意識』状態が必須になるそうです。『変性意識』とは、いわゆるトランス状態のことを指し、臨場感 (=リアリティ) を感じている世界が物理的な現実世界ではなく、仮想世界にある状態のことだといいます。

 『変性意識』状態で、『内部表現の書き換え』を行なう際、鍵となるのは、ホメオスタシスです。辞書では『生物体の体内諸器官が、外部環境 (気温・湿度など) の変化や主体的条件の変化 (姿勢・運動など) に応じて、統一的・合目的的に体内環境 (体温・血流量・血液成分など) を、ある一定範囲に保っている状態、および機能。哺乳類では、自律神経と内分泌腺が主体となって行われる。のち、精神内部のバランスについてもいうようになった。』とあります。洗脳者が被洗脳者のホメオスタシスに同調させることにより、『内部表現の書き換え』を実現させやすくなるそうです。

 ただ、洗脳者がいなくなると、ホメオスタシスは『正常な状態』に戻ろうとし、『内部表現の書き換え』が持続しません。それを阻止し、被洗脳者のホメオスタシスの働きそのものを書き換えるのがアンカー (記憶すること) とトリガー (引き金となること) だそうです。

 オウム真理教の場合、LSD を使って信者に至福体験を施し、その間ずっと教祖が唱えるマントラのテープを流し続けたり、教祖の顔写真を壁に貼り付けたりしてました。すると、信者はマントラを聞いたり、教祖の顔を見たりすると、LSD で得た快楽体験が蘇ってきます。この場合、教祖の声や顔が『トリガー』で、快楽体験が『アンカー』です。

 アンカーとトリガーの効果を持続させるために、トリガーを日常生活のなかで繰り返す出来事 (シャワーを浴びるなど) に設定しておき、何度もアンカーを発動させて、トリガーとアンカーの結びつきを強化させていくそうです。

 米国議会議事堂を襲撃した人たちが洗脳状態にあったと仮定すると、SNS などインターネット越しに『変性意識』状態に陥ったということなのでしょうか。あるいは、そもそも洗脳ではなかったのでしょうか。疑問は残りますが、こうした洗脳のメカニズムを知って、自分自身が洗脳されないようにすることのほうが大切かもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月30日

「ちょっとフレンチなおうち仕事」

20210830「ちょっとフレンチなおうち仕事」.png

タサン 志麻 著
ワニブックス 出版

『予約がとれない伝説の家政婦』として有名な著者が、自身の暮らしぶり、フランスの家庭料理、重宝している料理道具や調味料など幅広く紹介しています。

 今回初めて知ったのですが、レストランでよばれるコース料理と違って、フランスの家庭料理は意外にも手軽な (やや時間はかかるものの手間はそうでもない) レシピが多いそうで、そのことには驚きました。『大根と牛肉のブレゼ』のレシピなどは試してみたいと思えるほどでした。

 また、伝説の家政婦さんは、わたしが知らないような特別なものを使っているに違いないと思い込んでいましたが、限られた料理道具と調味料を最大限活用されていると知り、自分の想像が理屈に合っていなかったことに気づけました。料理をしないわたしが一番使う道具、サラダスピナーさえ、著者は使われていないとか。サラダを作るときは、野菜をざるに入れて、ボウルでふたをして上下に振るそうです。

 料理人と家政婦という、異なる考え方が求められる役割をそれぞれにこなされてきた著者の柔軟性を素晴らしいと思うと同時に、著者は、制約のあるなかで結果を出す家政婦というお仕事に挑戦する楽しさを見いだされたのかもしれないとも思いました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする