2022年11月18日

「解決できない問題を、解決できる問題に変える思考法」

20221118「解決できない問題を、解決できる問題に変える思考法」.png

トーマス・ウェデル゠ウェデルスボルグ (Thomas Wedell=Wedellsborg) 著
千葉 敏生 訳
実務教育出版 出版

 社内教育などで認知バイアスを学ぶ機会が増えました。広辞苑によると、『バイアス』とは、『偏向』のことだそうです。色眼鏡、思いこみ、固定観念などに言い換えられるケースも多いことばだと思います。

 素人考えですが、認知バイアスは、脳が効率化を求めた結果ではないかと推測しています。つまり、ひとつひとつ吟味していては時間がかかり過ぎる状況において、これまでの経験などをもとに近道をして判断したり、心理的負担を極力減らそうと不安をなかったことにしたりといったことから成り立っているのではないかと想像しています。

 ただ、やはり思いこみや固定観念がマイナスに働く場合もあるので、大切な局面においては、バイアスに囚われないようにする必要があると思います。この本では、『解決できない問題』だと捉えているその問題は、実は、誤った考え、つまりバイアスの影響を受けた結果なのではないかと問いかけています。

 たとえば、ビジネスの現場において、競合他社の打破、イノベーションの促進、リーダーへの昇進などの目標が掲げられた場合、それを追求にふさわしい目標だと無意識に思いこんでいないか、いま一度冷静に吟味する必要があるのではないかと諭しています。

 解決できないと思い悩んでいる問題をより大局的に見て、目標を達成するためにすべきことは本当にその問題の解決なのか捉えなおす作業を著者は、『問題のリフレーミング』と呼んでいます。

 リフレーミングの手順は、この本で詳細に説明されていますが、わたしがその手順に従う価値があると思ったのは、ある事例が紹介されていたからです。それは、社内情報を共有するためのプラットフォームの利用が進まない理由は、ソフトウェアの使い勝手の悪さにあるので、そのユーザービリティを改善してほしいという依頼に対応した事例です。

 その事例では、情報共有をするメリット (インセンティブ) がなく、情報を共有しない理由としてソフトウェアが槍玉にあがっただけだということが判明しました。その対応として、インセンティブ制度を改善したところ、ソフトウェアの大幅改修をすることなく、情報共有が大幅に進みました。ソフトウェアが悪いと言われて改修しても何も変わらないという『IT 業界あるある』に陥らなかった好例だと思います。

 わたしたちは思いこみによって動いていることが多々あると認識して、意図的に自分あるいは自分たちを疑ってみる必要性を実感できた一冊でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月17日

「メタバース進化論」

20221117「メタバース進化論」.png

バーチャル美少女ねむ 著
技術評論社 出版

 学ぶことが多いだけでなく、わたしの好みに合った本でした。好ましく思った理由は複数あります。まず、新しい技術の分野では、用語の認識を合わせるのが難しいのですが、この本では、著者の視点で『メタバース』が最初に定義されている点が良かったと思います。次に、データをもとに現状を分析しようとしている点、さらには、実体験をもとにしている点なども好感がもてました。

 著者は、次の 7 つを満たしたものを『メタバース』と定義しています。

@ 空間性:三次元の空間の広がりのある世界
A 自己同一性:自分のアイデンティティを投影した唯一無二の自由なアバターの姿で存在できる世界
B 大規模同時接続性:大量のユーザーがリアルタイムに同じ場所に集まることのできる世界
C 創造性:プラットフォームによりコンテンツが提供されるだけでなく、ユーザー自身が自由にコンテンツを持ち込んだり創造できる世界
D 経済性:ユーザー同士でコンテンツ・サービス・お金を交換でき、現実と同じように経済活動をして暮らしていける世界
E アクセス性:スマートフォン・PC・AR/VR など、目的に応じて最適なアクセス手段を選ぶことができ、物理現実と仮想現実が垣根なくつながる世界
F 没入性:アクセス手段の 1 つとして AR/VR などの没入手段が用意されており、まるで実際にその世界にいるかのような没入感のある充実した体験ができる世界

 この定義から、さまざまな問題を解決せずに今後メタバースが発展していくことは難しいと理解できます。たとえば、大規模同時接続性や没入性は、技術の発展や量産展開などがなければ、現実的ではないかもしれません。また、経済性は、法整備をクリアしないといけないように思います。

 また、著者が分析しているデータは、2021 年に著者とスイスの人類学者リュドミラ・ブレディキナ氏が全世界のソーシャル VR ユーザーを対象に大規模なアンケート調査を実施して得た回答 1200 件がもとになっています。標本数も多く、とても説得力のある内容でした。

 著者自身の体験をもとにした意見のうち、一番印象に残ったのは、次の記述です。『物理現実の世界では、基本的に生まれたままの肉体の姿で生きていくことしかできませんでした。私たちの人生は、その姿の美醜や性別、属性により大きく左右されてきました。これからは、それらは旧時代の強いたやむを得ない理不尽であったと認識されるようになるでしょう。』
 
 わたしは、世の中とは理不尽なものと思って生きてきたので、天地がひっくり返るほどの衝撃を受けました。なりたい自分を創造して生きる場がメタバースだと定義する著者の思うとおりの空間としてメタバースが発展していくのを応援したくなりました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月26日

「2020 年代の最重要マーケティングトピックを 1 冊にまとめてみた」

20221026「2020年代の最重要マーケティングトピックを1冊にまとめてみた」.png

雨宮 寛二 著
KADOKAWA 出版

 2020 年代がまだ半分も終わっていないのに、なんとも気の早いタイトルだとは思いましたが、『持続的な競争優位を築き上げる経営を実現している』企業の取り組みがわかりやすく説明されていて、興味深く読めました。

 この本で取りあげられている企業は全部で 16 社で、Pfizer Inc. (ファイザー)、株式会社木村屋總本店、アイリスオーヤマ株式会社、株式会社 SUBARU (スバル)、ソニー株式会社、オムロン株式会社、Starbucks Corporation (スターバックス)、株式会社良品計画、株式会社ニトリ、株式会社リクルートホールディングス、株式会社 FOOD & LIFE COMPANIES (スシロー)、サントリーホールディングス株式会社、Microsoft Corporation (マイクロソフト)、Amazon.com, Inc. (アマゾン)、Apple Inc. (アップル)、Google Inc. (グーグル) です。

 企業の取り組み内容だけでなく、どういった点が高い評価を得ているかなど理論面の解説も添えられています。ただ、『最重要』レベルの情報がまとめられているため、わたしにとっては、ほかでも知る機会があった事例も含まれていました。そのなかで、もっとも印象に残っているのは、スターバックスが取り組むダイバーシティの推進に関する解説です。

 多様性に富む職場環境のほうが、創造的な成果が生まれやすいと一般的に言われています。この本では、『ダイバーシティは、「タスク型ダイバーシティ (task diversity)」と「デモグラフィー型ダイバーシティ (demographic diversity) の 2 つに大別』されると説明されています。

 前者は、能力や知見、経験、価値観、パーソナリティなど外見からは識別しにくい多様性を意味し、後者は、年齢、性別、国籍、人種など目で見て識別しやすい多様性を指すそうです。そして、これまでの研究から、前者は、企業にとってプラスの効果を生み、後者は、プラス効果を生み出さず、場合によってはマイナスの効果をもたらすことがわかっているそうです。マイナスの効果が生まれるのは、組織内で認知バイアスが生まれることがおもな原因になっています。

 そのため、認知バイアスを取り除くプログラムを取り入れるなどの工夫が必要になるそうです。スターバックスでは、タスク型ダイバーシティが取り入れられ、パフォーマンス向上にひと役買っているそうです。『多様性』ということばがひとり歩きしている感がある昨今ですが、スターバックスが 20 年以上という時間をかけて取り組んできたことには、重みが感じられました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月01日

「デジタル革命の社会学――AI がもたらす日常世界のユートピアとディストピア」

20220801「デジタル革命の社会学」.png

アンソニー・エリオット (Anthony Elliott) 著
遠藤 英樹/須藤 廣/高岡 文章/濱野 健 訳
明石書店 出版

 タイトルにある、『AI がもたらす日常生活』を考える際、まず AI が何かをはっきりさせる必要があります。著者は、2017 年のイギリス政府による『産業戦略白書 (Industrial Strategy White Papaer)』で、AI が『視覚的知覚や音声認識、言語翻訳など人間の知能を代替する業務を行う能力があるテクノロジー』と定義されていると紹介しつつ、そこには鍵となる条件が欠けていると指摘しています。それは、『新しい情報もしくは刺激から学び、適応する能力』としています。

 そのうえで著者は、『広い意味において AI を、環境を知覚し、思考し、学習し、そのデータを感知し、それに対応して反応する (そして、予期せぬことに対処する) ことができる、あらゆるコンピュータ・システムのこと』だと定義しています。

 この本では、さまざまな考え方を紹介しつつ、著者は、『デジタル・テクノロジーの中核、特にロボット工学と AI における構造的特徴−−それは社会、文化、政治における他の多くの変容と複雑な形で絡み合っている−−とは何か、明確に示そうと』しています。

 わたしはこの本を読んで、この『他の多くの変容と複雑な形で絡み合って』いる点を軽く見ていたと気づかされた気がします。AI より少し前に起こった変革のひとつにオートメーション化があります。それと同時に通信技術などの発達により、グローバル化も進み、生産拠点などがオフショアに移されるオフショア化も進みました。これらは、お互いに影響しあっていたと考えざるをえません。似たようなことが AI の周辺で起こっても不思議ではありません。

 論文などのさまざまな意見が紹介されているなかで、一番印象に残ったのは、イギリスの作家デビッド・レヴィ (David Levy) が立てた、2050 年までに『ロボットとの愛は人間との愛と同様にノーマルなものとされる』という仮説です。その仮説だけを取りあげると突飛に思えたのですが、マージェ・デ・グラーフ (Maartje de Graaf) が、高齢者たちが、友だちロボットを楽しさ、気づかい、友だち意識を伴って受け入れたと述べている例などを見ると、ロボットをペットと同じように家族の一員とみなすのは、ありえる気がしてきます。

 このままロボット工学と AI が影響しあって発展すれば、一緒に過ごせば過ごすほど自分を深く理解してくれる AI 搭載ロボットに愛情を抱くようになっても不思議ではない気がしてきます。そしてそのとき、ロボットを愛する人間のアイデンティティも AI の影響を受けるのでしょう。

 そのほか、ソーシャルメディアがより浸透したとき、ロシアゲート (2016 年米大統領選挙におけるロシアの干渉) のようなインフルエンス活動が AI を搭載し多様なネットワークを有するソーシャルメディア・ボットによって行われる可能性もより高まり、民主主義において主権を有するとされる国民の意思は、本当に国民が自ら考えたことなのかわからなくなる可能性もあるかもしれません。

 結局のところ、わたしたちは、AI によって何が起こるのか、完全に予測することはできず、ただそれが正しく使われているかどうか評価する術を維持し、その評価を政策や法律に反映させることができる道を何とか残していく以外、できることはないのかもしれません。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月18日

「スマホ脳」

20220718「スマホ脳」.png

アンデシュ・ハンセン (Anders Hansen) 著
久山 葉子 訳
新潮社 出版

 超大手電機メーカーで研究開発をしている方が、人を豊かにするためにデバイスを作っているつもりでいたけれど、デバイスが暮らしを豊かにしているとは限らないかも……と、この本の感想を漏らしていました。

 精神科医である著者は、睡眠、運動、そして他者との関わりが、精神的な不調から身を守る 3 つの重要な要素だと説明します。逆に、スマホは、精神的な不調の原因となっている可能性が高いと指摘しています。

 医学博士だけあって、SNS などに費やすスクリーンタイムと精神的な不調の相関関係を示す数多くの研究結果を理由に、因果関係を断定するようなことは避けていますが、それでもわたしは、この作家が主張する、デジタルライフの悪影響を看過すべきではないと感じました。特に若い世代への影響は、少なくないと思います。

 信じた根拠は、わたしたちの『脳はこの 1 万年変化していない』、つまり、食べ物や安全が得やすくなった、今の『余裕のある環境に、自然はまだ人間を適応させられていない』と、この作家が語っていることにあります。

 この 200 年ほどのあいだに、わたしたちの暮らしは劇的に変わりました。でも、わたしたちが長年受け継いできた遺伝子には、『新しいもの、未知のものを探しにいきたいという衝動』が、まだしっかりと組み込まれています。

『スマホには人間の報酬系を活性化させて注目を引くという、とてつもない力』が備わっていることがわかっています。これはかつて、あらゆる刺激に迅速に対応できるよう、警戒態勢を整えておく必要があったことに起因します。つまり、わずかな気の緩みが命の危機につながる可能性があったため、何事も見逃さないよう、ドーパミンという報酬を与えてマルチタスクをさせ、簡単に気が散るよう、人間は進化してきたというのです。

 しかし、現代では状況が異なります。自動化や人工知能の普及により、集中力を要するクリエイティブな仕事をしない限り、人の価値が認められなくなりつつあります。現代に生きるわたしたちは、集中力が奪われやすいデジタル社会において集中する必要があり、スクリーンタイムを制限し、睡眠や運動や他者との関わりに時間を振り向ける必要がありそうです。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする