2021年12月15日

「清少納言を求めて、フィンランドから京都へ」

20211215「清少納言を求めて、フィンランドから京都へ」.png

ミア・カンキマキ (Mia Kankimäki) 著
末延 弘子 訳
草思社 出版

 フィンランド人の著者は、ある日本文学講座で、清少納言「枕草子」の英訳版 (イギリスの日本文学研究家アイヴァン・モリスが訳した「The Pillow Book of Sei Shōnagon」) を読む機会を得たとき、清少納言が着目したことの多くが、驚くほど身近で、まるで自分に話しかけているみたいに感じたそうです。それから 15 年ものあいだ清少納言の考えに触れ続け、2010 年、1 年かけて清少納言を探しにいって、そのことを書こうと決めたのでした。

 そうして書かれたこの本の内容は、少し変わっています。大きく分けて 4 種類のコンテンツから構成され、それぞれがあまり境目を感じさせず連なっています。(著者自身は、本作を『文学的な趣のある自伝紀行文学』と評しているそうです。)

 一種類目は、清少納言のことを『セイ』と呼びかけ、千年もの時を超えて清少納言に語りかけるスタイルで書かれています。清少納言および枕草子は、同時代の紫式部および源氏物語に比べて、英語で得られる情報が少なく、日本語ができない著者のいらだちとともに、彼女の想像力の豊かさが感じられます。

 二種類目は、著者が『清少納言のものづくしリスト』と呼ぶ、あるテーマのもと、数々のものや事柄を並べたものを真似て著者が書くリストです。

 三種類目は、[清少納言の言葉] という著者なりの現代語訳 (日本語古文→フィンランド語現代文→日本語現代文というプロセスを経たことになります) とそれに付随する解説です。わたしは、初めて現代語訳を読んだので、まるで見知らぬ文献のように見えましたが、解説については、それまで知らなかったことも含まれていて、意外にも楽しめました。

 四種類目は、いわゆる紀行文のようなもので、著者が清少納言や日本 (平安時代を含む日本の文化全般) を知りたいと日本に滞在した際の経験が描かれています。欧米人から見た日本といった紀行文は、珍しいものではありませんが、著者らしいユーモアのセンスが随所に見られ、和やかな気持ちで読み進められます。

 彼女が日本語ができないことなどを考えると、清少納言に触れたいと日本にやってきた彼女の決断は突拍子もないことに見えるかもしれません。でも、その決断に至るまでの話を読んだとき、わたしは、まるで自分のことのように感じました。あたかも、著者にとっての清少納言が、わたしにとっての著者であるかのように。そうして、この 500 ページ近い本を読み進めるうち、自然と彼女を応援したくなりました。

 それだけではありません。彼女が清少納言が生きた時代を知ろうと、源氏物語絵巻を観賞に出かけた際、詞書を見て、『踊る文字、あちこちに振りまかれた金や銀の塊、極細の線の模様、嵐雲のようにそこここに黒ずんだ銀の箇所を見てみる。不意に映画音楽が背景から聞こえてきた。詞書が、紙の装飾がリズムを刻み、テンポをとり、強弱をつけたリズミカルなダンスのような、三次元で繰り広げられるドラマのように見え出した』と書いた彼女の感性に触れ、時代と国を超え、彼女に枕草子を読んでもらって、清少納言も幸せだろうなと思えました。

 この本の最後で、「枕草子」がなぜ書かれたかについて、著者はひとつの結論を出しました。清少納言が仕えていた中宮定子は、定子の父 (藤原道隆) が亡くなり、叔父である藤原道長が権力を握るにつれ、宮中での立場が苦しいものになり、ふさぎこむようになりました。そんなとき、雰囲気が重苦しくならないように明るく振舞い、定子の評判を救おうと懸命に務めたのが清少納言であり、宮中での余計な苦労を忘れさせてくれる愛について語ったのが「枕草子」だと著者は見ています。さらに、清少納言のことを『中宮の宮廷道化師』であり『中宮定子の前に身を投げる守護道化師』だとも書いています。自らの評判をおとす結果になろうとも、定子の評判を守ったというのです。

 清少納言については、確かな記録があまり残っていません。まして、「枕草子」が書かれた理由など断定できるはずもありません。それでも、著者がわざわざ京都までやってきて、『セイ』と語り合いながら、精一杯宮廷を想像して出した見解を支持したくなりました。
posted by 作楽 at 22:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

「ぶるわん」

20211214「ぶるわん」.png

カルリ・ダビッドソン (Carli Davidson) 著/写真
ナショナルジオグラフィック 編集
安納 令奈 訳
日経ナショナルジオグラフィック社 出版

 犬が体をぶるぶると震わせる姿を集めた写真集です (濡れてしまったときに水気を弾き飛ばそうとするような、あのしぐさです)。撮影者は、長年犬を飼っていて、犬がぶるぶるする姿は見慣れていたはずなのに、ある日ノーバードという飼い犬がぶるぶるする姿を見て写真に撮ろうと思い立ったようです。

 エドワード・マイブリッジ* による、高速度撮影のアイデアを参考にして撮影されたこれらの写真は、どれも鮮明です。1 秒の 1 万 3000 分の 1 という閃光時間で被写体の動きを止めたかのように見えるストロボ照明が用意されたそうです。

 ぶるぶるは、犬にとって何気ないしぐさのはずなのですが、思わず笑ってしまいます。耳が長く垂れている、毛がかなり長い、口まわりなどにたるみがある、そういった特徴の犬の写真を見たときは特に、にやにやしてしまいます。写真集には、にこやかにじっとしているときの姿は 1 枚もありません。だから、この犬が気取って坐っているときは、どんな感じなのだろうと想像せずにはいられませんでした。

 わたし自身、犬のぶるぶる姿は何度も見ているはずなのですが、動きが速すぎるせいで、おもしろい瞬間を見逃していたようです。

*エドワード・マイブリッジは、動いている動物の一瞬をとらえた 19 世紀のイギリス出身の写真家。1878 年、走っている馬の四つの脚がすべて地面から離れている瞬間があることを、写真に撮って証明しました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

「くるねこ」「くるねこ 其の弐」

20211129「くるねこ」「くるねこ 其の弐」1.png20211129「くるねこ」「くるねこ 其の弐」2.png

くるねこ 大和 著
KADOKAWA/エンターブレイン 出版

 COVID-19のパンデミックを機に、人と会う機会が激減したのと対照的にわたしの生活で増えたのが、ペットの動画や本などに癒される機会です。

 この「くるねこ」は、20 冊以上も出版されているシリーズで、人気の高いブログがもとになっています。捨て猫を見ると忍びなくてつい飼い始めてしまう著者は、猫の個性をそれぞれうまく漫画で描きわけています。

『カラスぼん』という名の黒猫の一人称は『あっし』で、時代劇の登場人物のように喋っています。『トメ吉』は、著者が入浴する際、自分が浴室から締めだされることから、蛇口から出てくるカリカリ (ドライキャットフード) を著者が独り占めしているという妄想を抱いていることになっています。『胡坊』は、いたずらをして著者に怒られても、自分のすぐそばに居た『トメ吉』が著者に怒られたと勘違いしてしょげていても、我関せずでいたずらに熱中しつづけます。

 それら以外にも著者のさまざまな観察、たとえば、見られたくないところを見られると『猫もウロタエる』場面、何も知らない子猫が意表をつく行動に出たら、見ていた『猫もあっけにとられる』場面、『猫も味わい深い顔をする』場面など、つい笑ってしまう場面が数々登場します。

 笑えると同時に、猫に対する著者の愛が感じられ、癒されました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月26日

「AI 大図鑑」

20211126「AI 大図鑑」.jpg

松尾 豊 監修
ニュートンプレス 出版

 ヴィジュアルブックと謳っているだけあって、全ページがカラーで、視覚的に理解できるよう工夫されています。また、AI が得意とする分野と不得意とする分野、つまり、AI と人間の相違点や共通点が捉えられるよう配慮されている印象を受けました。

 ヴィジュアルにするとわかりやすいと特に感じたのは 2 点です。ひとつは、ディープラーニングの入力層・中間層 (隠れ層)・出力層の概念です。ニューラルネットワークやノードのイメージとともに層の重なりが図になっていて、なぜディープラーニングと呼ばれるのか直感的に理解できそうです。もうひとつは、クラスタリングの概念です。AI が画像診断でがん細胞を見つける際、がん細胞を正常な細胞と見分けるためにどう処理を行なっているかが、一目瞭然です。

 AI と人間の相違点や類似点には、数々の具体例があげられています。まず、AI が人間が到底できないことをいとも簡単にやってのける例は、かくれた系外惑星を AI が見つけた事例などです。惑星が、恒星と地球のあいだを横切るとき、恒星から地球に届く光がわずかに暗くなる (減光) をシグナルとして観測し、解析したケースです。ノイズを見分ける学習を少しさせたあと、大量のデータを処理させると、『Kepler-90i』と『Kepler-80g』という惑星が見つかったそうです。

 人間がいとも容易く対応しているのに AI ができない例は、フレーム問題やシンボルグラウンディング問題が取りあげられています。さらに、これらの問題に対し、AI に身体性をもたせると解決されるのではないかという意見も紹介しています。

 敵対的サンプル (adversarial example) に脆弱であったり、自然言語を扱う際、文脈から省略された内容を読み解くことができなかったり、一見、人を模しているように見える AI が実はすべて 2 進数の世界の存在だと再認識させてくれる話題も揃っています。

 わたしは知らなかったのですが、AI も、なにげない風景などを学習すると、錯視図形に騙されるそうで、人を模すのに成功している範囲が思った以上に広いと感じました。前述の AI に身体性をもたせるという仮説だけでなく、全脳アーキテクチャ・イニシアティブが進める『全脳アーキテクチャ』(人間の脳と同じような機能を有する汎用 AI を目指すため、大脳基底核、大脳新皮質、小脳、海馬などの脳の各モジュールを模して、AI を構築しようとするもの) という試みもあるそうです。それらが実現すれば、もっと人間に近づくのかもしれません。

 しかし、そうなると、自分自身を改良できる AI が登場する日が来る気がしてきます。そうなったら、一番手の AI の開発者が総どりですべてを手に入れる可能性があると同時に、複数の AI が均衡状態になる可能性もあると、この本では紹介されています。

 ペーパークリップマキシマイザーという思考実験がありますが、リスクを正しく評価する術をもたないまま、AI を開発しているのでなければいいと、あらためて思いました。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

「コンサル一年目が学ぶこと」

20211125「コンサル一年目が学ぶこと」.png

大石 哲之 著
ディスカヴァー・トゥエンティワン 出版

 コンサルティング業務の基本を新人に教えようと思っても、長らく新人という立場の方に接していなかったので、教えることが多すぎて何から始めていいのか戸惑い、この本を手にしました。新人教育の出発点として、よい本だと思います。社会人として、コンサルタントとして必要なスキル 30 点が紹介されています。

 それをわたしなりに 3 つのポイントに絞ってみました。

 最初のポイントは、考えることの大切さです。正解を覚えようとせず、どんな情報に対しても自分の意見をもち、情報を集めるのではなく、その先にある『本質を追求する思考』を身につけるべきだと著者は説いていて、この本で一番共感できました。当たり前すぎて忘れてしまいそうなポイントです。

 次は、お客さまとの関係性におけるポイントです。基本中の基本は、『ヴァリューを出す』こと、『相手の期待値を把握する』ことだと思います。前者につき、著者は、どれだけがんばったとしても、クライアントが「価値がある」と思わなければ、単なる自己満足にすぎないと語っています。また、後者については、相手が何を、どのレベルまで期待しているかを見極め、絶対に外さないようにしたうえで、相手の期待値のちょっと上を常に達成していくことを求めています。ときには、実現不可能な期待をされることもあり、相手の期待値を下げるマネジメントが必要な状況に対処することも必要になるかもしれません。いずれにせよ、クライアントのほうを常に向いているということは、最重要事項のひとつだと思います。

 最後は、作業中のポイントです。先にお客さまとの合意を形成することが大切です。仕事にとりかかる前に、まずどう考えたら答えが出るのか、その道筋を考え、そのアプローチ方法でいいのか、手順の段階で合意をとってから、作業に入るという手順を踏むことだと、著者は説明しています。

 さらにそのあとは、『アウトプットドリブン』、つまり仕事を始める時点で、最終アウトプットの骨組みをつくってしまい、そのアウトプットから逆算して作業することをあげています。また、コンサルティングするうえで外せないリサーチについては、予想できる範囲で、ストーリーラインを描いてからリサーチすることを勧めています。つまり、全般的に調査をし、集められたデータを詳細に検討して結論を出すやり方は、非効率だとしています。

 もちろん必要なスキルはこれらに限られません。ただ、自分がどこから説明すればいいのか思い出せた気がします。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする