2008年05月21日

「On What Grounds (Coffeehouse Mysteries)」

20080521[OnWhatGrounds].jpg

Cleo Coyle 著
Prime Crime 出版

 Coffeehouse Mysteriesのシリーズの第1巻です。いつも感じるのですが、シリーズの第1巻は大変です。必要となる背景を最初に説明しないと先へは進めないのですから。人気の度合いによってか、シリーズの途中で、前の設定を覆すようなとんでもない変更がでてくることもありますが、基本的には、第1巻で説明されたことがベースになって、シリーズは進行するのですから、仕方がないといえば、仕方がないのですが。

 このシリーズも例外ではありません。主人公のClare Cosiは、約1世紀という長い歴史を持つコーヒーショップVillage BlendをMadame Dreyfus Allegro Dubois(いつもは、単にMadameと呼ばれています)から任されているのですが、その経緯も説明されていますし、Clareの前のマネージャMoffat Flasteが、いかにいい加減だったかも説明されています。その上、とても不自然に見えることですが、別れた夫であるMatteo Allegroと同居している状況の説明もあります。

 本題に入る前にずいぶん色々と説明しないといけないな、と他人事ながらため息が出ますが、読むほうも、なんとなく肝心な部分が棚上げになって、テンポよく読めない気がします。

 肝心な部分、つまり本題というのは、AnabelleというClareの右腕としてVillage Blendで働くマネージャがある日、店の階段から転落した状態で発見され、事故が事件かはっきりしません。でも、Clareは事件だと直感します。事件なら、犯人がいるはず。それに動機は何か。

 一方、警察側のQuinn警部補は、特に事件と断定する要素がないことから、事故ではないかというのですが、Clareはこれに対して、勘で対抗するのみ。

 そうこうするうちに、以前Moffatが店を任されていた間に、事故保険が切れていることが発覚します。つまり、Anabelleの事故を補償できる保険がないことがわかります。事故ではなく、事件のほうが店にとってもありがたい、という状況になり、Clareと別れた夫、Matteoが協力して、犯人探しに乗り出します。というのは、店のオーナーであるMadameは、Matteoの母親なので、彼には協力する理由がいろいろあるわけです。

 なんともややこしい人間関係というか背景を抱えながらも、事件(事故)はなんともシンプル。階段から落ちて死亡。なんとなく、事件を解いているというより、複雑な人間模様を描いているという印象を拭えないので、ミステリを読んでいるという満足感は得られないのですが、このシリーズ、ちょっと気になります。というのは、ClareとQuinn警部補が今後どういう関係になっていくのか、とか、ClareはMatteoと寄りを戻すのか、とか、ロマンスの部分も見え隠れするのです。それだけではありません。ClareとMatteoの娘Joyは、この巻でボーイフレンドを連れて登場していますし、Madameは腫瘍専門医との交際を告白しています。私としては、ClareとQuinn警部補に素敵な関係が生まれればいいな、などと感情移入してしまっています。

 次の巻からはテンポよく進んでくれることを期待しつつ、恋の行方が気になって、次の巻も読んでしまうような気がします。
posted by 作楽 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

「Righteous Men」

20080122[RighteousMen].jpg

Sam Bourne 著
Harpercollins 出版

 「ダ・ヴィンチ・コード」の爆発的大ヒットの影響で出てきたともいわれる宗教関連ミステリです。

 主人公のWillはNew York Times記者。まだ駆け出しで、最初の殺人事件を担当するところから物語は始まります。その最初の事件は、Howardというポン引きが殺され、特に捜査されることもない、ありきたりの事件のはずでした。それが、Willが調べたところ、被害者のポン引きには意外な一面があったことがわかります。Letitiaという女性が、夫の保釈金を払うために身を売ろうとHowardを訪ねたところ、Howardは自分の寝具を売り払って金をつくり、Letitiaに渡したというのです。ポン引きという仕事をしながらも、被害者は正義の男(righteous man)だったのです。

 そして、Willが記事にした2件めの殺人事件の被害者も正義の男でした。財産もなく、寄付する金がないから、といって、自分の腎臓を見ず知らずの他人に提供するために手術を受けたという男です。

 物語は、正義の男がこれからも次々と殺されるという不思議な展開を予想させるのですが、そこでWillの妻Bethが誘拐されます。脅迫メールが送られてきたのですが、そこには警察の介入は許さないこと、金が目的ではないことが書かれていました。警察に届ければ妻の身の安全がおびやかされるため、Willは警察には届けません。ただ、目的もわからなければ、Bethが無事戻ってくるかどうかもわかりません。なんとかBethを助け出そうとするWillは友人の力を借り、脅迫メールの送信元を突きとめました。それは、アメリカで最も大きなユダヤ教徒コミュニティであるCrown Heights。

 こうして、Willが取材していた正義の男、ユダヤ教、妻のBethとつながってきます。

 なぜ、正義の男が次々と殺されるのか、なぜBethはユダヤ教徒に囚われているのか。謎が深まり、ぐいぐいとひっぱられてしまいます。

 謎とその謎ときは、とてもおもしろい本です。ただ、個人的には、もう少し人物描写があってもよかったと思います。感情移入できるような登場人物もなく、少し残念でした。
posted by 作楽 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

「The Hobbit : The Enchanting Prelude to The Lord of the Rings」

20071102[Hobbit].jpg

J. R. R. Tolkien 著
Ballantine Books 出版

 あの有名な映画ロード・オブ・ザ・リングの序章にあたる本です。著者のTolkien氏は、空想話が好きで、「The Hobbit」が生まれたと聞きました。そして、その続編を書いて欲しいという依頼に応え、あの「Lord of the Rings」三部作が誕生したそうです。

 実は、スターウォーズといい、ロード・オブ・ザ・リングといい、ハリー・ポッターといい、完結までの道のりが長い映画というのは苦手で、ロード・オブ・ザ・リングも最初の1本は見たような気がするのですが、残念ながらストーリーに関する記憶が残っていません。

 それでも、冒険物というイメージが強かったので、この本の出だしでは、勝手に作り上げたイメージがことごとく壊されてしまいました。

 主人公のHobbitの名前はBilbo Baggins。Bilboは、意外にも、年齢が50歳代で、堅実な親が残してくれた家(本の表紙にある緑の丸いドアの奥にある横穴形式の家)で快適に暮らし、パーティを開くことが好き。パーティといっても、飲めや歌えやの大騒ぎではなく、お茶のパーティといった風情です。しかも、行き当たりばったりではなくきちんと予定を立てて行動したり、汚れたお皿はきれいに洗ってから食事を作るということを好む几帳面さ。

 冴えないけど、無難な人生を歩む中年男。なんとなく、そういう感じがしませんか。

 それなのに、Gandalfという名前のWizard(魔法使いや賢人という意味)が突然、13人のDwarf(こびとという意味ですが、この本ではHobbitよりは体格的には大きいという設定)とやってきて、一緒に旅に出ようと言われるのです。しかも、Hobbitの役目はBurglar(強盗)。旅の目的はDwarfの先祖がSmaugというDragon(ドラゴン、竜)に奪われた財産・財宝を取り戻しにいくというもの。

 冒険の主人公が奥さんの居ない50歳というだけでも驚きですが、よりによって、規則正しく平穏に暮らしている中年男を強盗役に任命しなくても、と不自然に思っている間に、Bilboはいやいやながらも旅に加わることになってしまいます。危ない仕事を指示されても、あまり役に立てずに旅を続けるうち、Bilboは不思議な指輪を拾います。嵌めると、姿が見えなくなるというもの。その指輪のおかげで、次々とBilboは活躍し、その中で、彼自身の考え方が行動力が変わってきます。

 意外性に満ちていて、「ありえない」と思ってしまうのですが、それが物語をおもしろくする方向にうまく働いています。

 完結までの長い道のりを、映画では越えられませんでしたが、本では越えられるかもしれない、と思わせるくらいのおもしろさです。機会があれば、「The Lord of the Rings」も読んでみたいと思うくらい、大人も楽しめる本でした。

 ちなみに、この本は「ホビットの冒険」というタイトルなどで和訳があります。
posted by 作楽 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

「Manhattan Is My Beat」

20070416[ManhattanIsMyBeat].jpg

Jeffery Deaver 著
Bantam Books 出版

 すでに読んだ人から、主人公のRuneに感情移入できるかどうかが、おもしろさの分かれ目と聞いていました。まさしく、その通りでした。

 主人公のRuneは、ニューヨークのレンタルビデオショップでアルバイトする20歳の女の子。映画が好きで、おとぎ話をどこか信じていて、定職に就いていなことを気にすることもなく、家賃を払わずに空いている建物に勝手に住んでしまうような子なのです。もし、私が彼女の立場なら、学校に行ってスキルを身につけようかとか、ちゃんとした部屋に引っ越さないといけないとか、次から次へと心配ばかりが湧き起こり、余裕のかけらもないと思うのですが、彼女は全然そんなことは思わず、エンジョイしています。

 自分と正反対の性格のRuneを羨ましく思う気持ちがどこかにあるのでしょう。私はRuneが好きになってしまい、どんどん物語にのめり込んでしまいました。

 物語は、Runeがレンタルビデオショップの客のひとりの殺人現場に居合わせてしまうところから始まります。その客は、「Manhattan Is My Beat」という映画ばかり何度も何度も繰り返し借りている70歳代の男性。Runeはそれを見かねて、許されることではないのですが、店のオーナーに内緒でその映画をコピーしてあげると、その男性に言います。そこで、その男性はそのお礼にと、Runeをランチに誘います。男性が殺されたのはその後。コピーした映画を渡す前です。

 ランチを共にしたときの会話、同じ映画ばかりを繰り返し借りるという男性の不思議な行動、そして映画の内容が、銀行強盗のお金が横取りされ行方不明になったままという実話を元になっていることなどから、Runeは、その殺された男性が、昔、銀行から消えたお金を追っていて殺されたのではないかと推測し、動き回ります。

 話は緩やかに展開し、登場人物もそのキャラクターも揃ったところ、物語の最後の最後で、パタパタと音を立てるようにすべてが露見したり、伏線と結びついたり、急展開を見せます。

 もちろんヒヤヒヤする場面も、意外な人物の意外な正体に驚くこともあるのですが、最後の最後に見せるRuneの優しい一面や、その行いがステキな贈り物を運んでくるあたり、やっぱりニューヨークらしいサクセスストーリーというか、ハッピーエンドです。

 日常生活でハメを外せない、仕事をすっぽかすなんて考えられない私が、はちゃめちゃなRuneを楽しんだ1冊でした。
posted by 作楽 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする