2017年02月26日

「海外ドラマDVD英語学習法」

20170226「海外ドラマDVD英語学習法」.png

南谷 三世 著
CCCメディアハウス 出版

 タイトルのとおり、海外ドラマをDVDで鑑賞して英語を学ぼうというコンセプトです。することは至って簡単。自分が英語を使う場面や興味に基づきドラマを選び、DVDの字幕(英語・日本語)と音声(英語・日本語)を切り替えつつ見るというもの。

 DVDのシーンごとに(エピソードごとではなく)次を繰り返すそうです。
1回目:英語音声・字幕なし
2回目:日本語音声・日本語字幕
3回目:英語音声・英語字幕

 1回目は、一般的にネイティブがドラマを見るのと同じ条件(内容についてまったく知らない状態)で見て、どの程度聞き取れるのか、つまり、聞き取れなかったのは、どういうところなのか、自らの弱点を分析します。著者はこのパートを、テストと読んでいます。

 2回目は、1回目がテストなら、その答え合わせにあたる部分です。ドラマの内容を把握し、自らの理解が間違っていたのなら、なぜ(どのように)間違っていたのか考えます。

 3回目は、自分がわからないと思ったところは都度、再生を一時停止して、意味を調べたりしながら、理解を深め、自分なりの言葉のデータベースを構築します。著者がお勧めしているデータベースは、次のような項目で成り立っています。

−作品のタイトル(ドラマならばシーズン番号とエピソード番号を含む)
−DVDでそのセリフが出てきた時間
−セリフの発言者(誰のセリフか)
−セリフを言われた相手(聞き手)
−英語のセリフ
−DVDの日本語訳
ー英語の直訳

 わたしは、串刺し検索できる辞書ツールを使っていて、そこに自分で作ったユーザー辞書も加えています。その経験から、これらの項目は、著者がデータベース作成後、実際に使いながら、これらの項目をカスタマイズされたのが、なんとなくわかるので、貴重な情報だと思います。

 わたしなら、刑事ドラマかミステリで、この方法を試してみたいです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

「翻訳夜話」

20170224「翻訳夜話」.jpg

村上 春樹/柴田 元幸 著
文藝春秋 出版

 柴田氏が大学で開いている翻訳の授業に村上氏を招き、学生の質問に答えながら対談したことをきっかけにできた本だそうです。そのほか、翻訳家を志望する人たちや若手翻訳家を前に対談した内容も収められています。

 それらの対談以上に面白かったのは、村上氏が翻訳して出版された短篇(レイモンド・カーヴァーの「収集」。原題は「Collectors」)を柴田氏も新たに翻訳して比べられるようにしてある章です。逆バージョンもあって、柴田氏の既訳(ポール・オースターの「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」。原題は「Auggie Wren's Christmas Story」)と村上氏の訳しおろしも比べられます。しかも、両氏がそれぞれの違いに驚きつつ、それぞれの訳にコメントなさっている部分が対談中にあって、読んでいて贅沢な試みだなと思いました。

 しかも、それらの短篇が作品としておもしろく読めるものなので、行きつ戻りつしながら、英文、村上氏訳、柴田氏訳と何度も目を通しても飽きませんでした。村上氏の訳もそれだけで読むと、何の違和感もなく楽しく読めるのですが、重箱の隅をつつくように細かく柴田氏訳と比べて読むと、柴田氏訳のほうがわたしの好みにあう部分がわずかに多かった気がします。たぶん、カタカナ英語の取り入れ方など、些細なことでありながら馴染まない箇所が村上氏訳にあったのだと思います。そういう自分の好みの発見もあって、これだけ読者を楽しませてくれる試みもそうはないのではないかと思いました。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

「日本人の英語」

20170211「日本人の英語」.png

マーク・ピーターセン 著
岩波書店 出版

 1988年初版のこの本は、ロングセラーと呼べると思います。わたしが読んだのも、20年以上も前のことです。当時、英語のことを何も理解できていなかったと思うほど驚いたことを覚えています。

 再読して思ったのは、かなり細かく覚えていた内容は、当時どころか現在も苦手とする分野でした。それは、この本の最初に登場する冠詞です。中盤以降の前置詞や時制・相については、説明されている内容がすんなりと理解できる部分も多いのですが、それでも身につかず忘れてしまっていた部分もありました。

 冠詞で、いまもそこまで読めていないと思った例文は、次のようなものです。

<<<<<
In April, I introduced the coach of my tennis club to an ex-wife of my brother, and by June the two were already married. (4月に、私のテニス・クラブのコーチを、弟の離婚した妻に紹介したが、6月になったら、二人はもう結婚していた。)
>>>>>

 この文の冠詞を見て、(1) 私のテニス・クラブには、コーチがひとりしかいないこと、(2) 弟は少なくとも二回は離婚していること、この2点がわかります。ただ、問われると考えてわかりますが、さらっと読んで、そう認識することはできません。

 また、定冠詞の使い方では、He is interested in the painting pictures. は、誤りとあります。単に "the" をとるか、He is interested in the painting of pictures. とすれば良いそうです。つまり、painting of pictures と painting pictures には明確な違いがあることになります。前者は、of があるから、painting と pictures は修飾関係にあり、house painting (家のペンキ塗り) ではなく、picture painting (絵を描くこと) だと、painting の意味の範囲が限定されている、そう著者は説明しています。いっぽう後者は、pictures が painting の「目的語」にすぎず、修飾関係ではないので、十分な限定にならないそうです。このあたりの『限定』されているかいないかの判断は、わたしにとって難題です。

 上記で要となっている of のような前置詞は、大きな役割があるにもかかわらず、わたしは意外と見過ごしてしまいます。

<<<<<
He is out of it today. (今日、彼はどうかしている。)
He is off of it today. (今日、彼は調子が出ない。)
>>>>>

 off は、out に比べ、相対的に位置が近いというか、距離が短いというか、そういうニュアンスがありますは、こうして並べられると意識しますが、普段はできていません。

 日常的に英語を使っているだけに、情けないかぎりです。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

「できる翻訳者になるために プロフェッショナル 4 人が本気で教える 翻訳のレッスン」

20170207「翻訳のレッスン」.png

高橋 さきの/深井 裕美子/井口 耕二/高橋 聡 著
講談社 出版

 ダン・ブラウンなどの翻訳で有名な越前敏弥氏が、ある書店のトークイベントに登壇されたとき、(あくまでわたしの物差しで)鋭いご指摘(質問)をなさった方がいらっしゃいました。それが、座談会形式のこの本に登場する 4 人のうちのひとり、井口氏です。

 そのトークイベントが記憶に残っていたので、この本に興味を覚え、読んでみました。4 人は各々、受注する仕事の内容が違うそうです。そのせいかどうかわかりませんが、本書は、特定の分野に限らず、翻訳という業務のあらゆる方面に通用する話題が中心となっています。それはそれで魅力的なのですが、掘り下げられた内容とは言い難いと思います。

 ただ、翻訳に付きものの調べ物に役立つリファレンスの情報が期待以上に掲載されていて、役立ちました。また、井口氏ほどの方でも翻訳スキルをブラッシュアップするために、仕事をする際、決めたテーマ(たとえば、助詞の「は」を極力減らす、読点を極力減らすなど)に意識を集中させ、日本語の使い分けの感覚を習得するといったことを実践されているという話を読み、まだまだ先は長いという実感がわいたことは収穫でした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

「日本人の9割に英語はいらない」

20160714「日本人の9割に英語はいらない」.jpg

成毛 眞 著
祥伝社 出版

 少しばかり言葉遣いは乱暴に感じられますし、9割という数字の根拠がやや弱い気もしますが、著者がここで主張していることは、ごくごく一般的なことだと思います。この本に書かれてあるとおり、必要のない英語を学ぶことに貴重な時間を費やすくらいなら、本を読んで教養を身につけ、人格を磨くことに労力を割くべきだと思います。英語は、道具でしかなく、道具が立派でも本人が空虚なら意味がありません。

 ただ、この当たり前過ぎる主張のみで適度な厚さの本にするのは苦しかったとみえ、後半にお勧めの本を並べていたりするのは、本のタイトルから離れ過ぎている気がしました。それに、英語を苦手としながら、もし英語が必要になったらどうしよう……という不安に囚われている方々を説得するだけの力強さは感じられませんでした。
posted by 作楽 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする