2024年04月14日

「語彙力こそが教養である」

20240414「語彙力こそが教養である」.png

齋藤 孝 著
KADOKAWA 出版

 教養は、ないよりもあったほうがいいでしょう。ただ、教養を明確に定義する術もありませんし、教養を身につけるためにはどうしたらいいか、わたしを含め、わからないひとも多いと思います。それに対し著者は、語彙を増やせばよいと指南しています。

 しかも、『本書で言うところの「語彙力」とは、単にたくさんのインプットによって言葉を覚え、知識をつけることだけではありません。それを「臨機応変に使いこなせる力」を含めての「語彙力」です』と、わたしのもつ『教養』のイメージに近いことを著者は目指しています。

 語彙力を高める方法に、エンターテイメントに分類される本やテレビ番組が勧められていて、取り組みやすく感じられました。たとえば、ミステリー関連の『ドートマンダー・シリーズ』(ハヤカワ・ミステリ文庫) や『ミステリーの書き方』(幻冬舎)など、テレビ番組の『100 分 de 名著』や『(新) 美の巨人たち』などがあげられています。

 もちろん、そのあとには太宰治、谷崎潤一郎、夏目漱石などの紹介が続くのですが、著者は、夏目漱石を特に高く評価していて、『漱石以前と漱石以後では、日本語の豊かさはまったく違ったものになりました』とまで書き、彼の作品を音読することを薦めています。

 蘊蓄も多く紹介されているのですが、そのなかでもっともおもしろいと思ったのは、ドイツにおいて夏目漱石と似たような役割と果たしたルターとゲーテです。彼らの以前と以後では、ドイツ語の充実度がまったく違うと著者は言います。ルターは、聖書のドイツ語翻訳に挑戦するなか、聖書のことばにぴったりフィットするドイツ語が見つからなければ、新しいことばを作り、結果的にドイツ語の語彙を豊かにしたということです。1534 年にドイツ語訳の聖書が出版されて以降、それまでラテン語で占められていた出版の世界で、ドイツ語の本も多く作られるようになりました。

 18 世紀半ばに生まれたゲーテは、数々の作品をとおして、『ドイツ語に深みをもたらし』、『そこから、ニーチェ、フッサール、ハイデッガー、といった人物が頭角を現し、語彙的にも思想的にもドイツ語はさらに上質なものになった』と著者は語っています。漢語を借用したり、和製漢語と呼ばれることばを作ったりして語彙を増やしてきた日本語の歴史にルターの逸話が、そのあと、明治に数々の文豪が登場したことにゲーテの功績が重なって見えました。

 教養を身につけるというのは難しそうに聞こえますが、語彙力は具体的にイメージできます。これからは、語彙力を増やせているか、自分に問うていきたいと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

「「超」文章法―伝えたいことをどう書くか」

20240222「「超」文章法」.png

野口 悠紀雄 著
中央公論新社 出版

 著者が『「ためになり、面白く、わかりやすい」文章』を書くために学んだことをまとめたこの本を読み、わたしは、メッセージや長さといった、文章に欠かせない要素に注意を払わずにきたことに気づきました。

 著者は、『文章が成功するかどうかは、八割方メッセージの内容に依存している』と書いています。そして、メッセージの要件は『ためになるか、あるいは面白い』ことだとも書いています。ためになるとは、有用な情報を含むことであり、面白いとは、好奇心を呼び起し、それを満たすものです。そんなメッセージを見つけられないときは、考え抜くしかないそうです。

 わたしはこれまで、書くよう指示されたから、ともかく書くところから始め、そこから『わかりやすい』文章にしようとあがいてきました。あがく前に、書こうとしている文章がためになるか、面白いか、あるいはその両方かをチェックせずにすませていたわけです。

 さらに、文章の骨組みをつくる際に意識すべき『長さ』についても、認識していませんでした。著者は、次のように分類しています。

(1) パラグラフ… 150 字程度
(2) 通常「短文」といわれるもの… 1,500 字程度
(3) 本格的な論文などの「長文」… 15,000 字程度
(4) 「本」… 150,000 字程度

『文章にはさまざまな長さのものがある』わけではなく、『論述文には、1,500 字と 15,000 字という 2 種類のものしかない』というのが著者の主張です。つまり、叙述や描写や会話に魅せられる小説などとは違って、メッセージを伝えるための文章には、短文と長文しかなく、複数の論点がそれぞれ長文で記されているのが本ということのようです。

 文章を練習するとは、ためになるあるいは面白いメッセージを短文か長文でわかりやすく書くということのようです。これまで、文章のパーツの組み立て方といった枝葉末節ばかり気にしていて、太く頑丈な幹があるかを確かめずにいたことに気づけました。
posted by 作楽 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月26日

「辞書にない「ことばと漢字」3000」

20231226「辞書にない「ことばと漢字」3000」.png

パキラハウス 著
講談社 出版

 いわゆる雑学が詰まった本です。わたしには、巻頭の『そこんところを何と呼んでいるのか』と名づけられた口絵が大いに役立ちました。さまざまな分野の名称が図解されていて、小説などで見かたとき、調べる手間を省いてきたことがわかり、すっきりしました。

 たとえば、屋根。『切妻屋根』とあっても、どんな屋根か調べもせずに読み流していましたが、ごくごく一般的な屋根だとわかりました。そのほか、陸屋根、寄棟、方形、入母屋、片流れ、招き、腰折 (マンサード) など、図で示されると違いが一目瞭然です。

 そのほか、牛肉の部位名の違いもひと目でわかります。日本と西洋では、部位の分け方がこんなに違うとは知りませんでした。バラ、ロース、ヒレなどの部位名は日常的に見かけます。この『ヒレ』は、『フィレ』とも呼ばれます。表記の揺れのように捉えていましたが、同じ部位でもフランス語風に呼べば『フィレ』、日本語風に呼べば『ヒレ』となるようです。日本では『(背) ロース』と読んでいる部分も、西洋ではもう少し細かく分けられているようです。

 雑多な知識の集まりだと、興味をもてるものもあれば、そうでないものもあり、全体を読んだ満足感は低めでしたが、口絵部分はリファレンスとして価値があるかもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月23日

「美人の日本語」

20230523「美人の日本語」.png

山下 景子 著
幻冬舎 出版

 一年の暦に沿って毎日ひとつずつ、その日にふさわしいことばが紹介されています。わたしが惹かれたことばの多くは、四季の移り変わりが感じられる、自然に関係することばでした。

 わたしの場合、一番自然に目が向くのは、桜の季節です。これまでのお花見では、木の幹から直接咲いている桜が気になっていましたが、今回初めてそれが『胴吹き桜』と呼ばれると知りました。老木がエネルギーの不足を補うために幹から直接芽を出すそうです。

 この本の 4 月 3 日に『蘖 (ひこばえ)』ということばが載っています。切り株や根元から出てきた新芽のことを指しています。曾孫を意味する『ひこ』から、新芽を曾孫に見立て、ひこばえと呼ぶようになったそうです。根元からの新芽は、ひこばえ、幹や枝の途中からの新芽は、胴吹きというのだと、ひこばえを調べていて知りました。

 桜の季節の少し前、2 月 28 日には『春告草 (はるつげぐさ)』ということばが紹介されています。梅を指すことばです。梅はほかにも、晋の武帝が学問に親しむと花が開き、怠ると開かなかったという故事から『好文木 (こうぶんぼく)』と呼ばれたり、春風を待つことから『風待草 (かぜまちぐさ)』と呼ばれたり、その香りから『匂草 (においくさ)』や『香栄草 (かばえくさ)』と呼ばれたりしています。その異名の多さに、現代に比べ、より春が待ち遠く感じられた時代の名残りを感じます。

 春を代表する鳥のひとつ、目白は、3 月 6 日に『目白押し』として、紹介されています。目白は、身体が鶯色で、その名のとおり目の周りが白い鳥です。巣立ったばかりのころは、枝にとまる時、何羽もが身体をくっつけて押し合うようにとまるため、そこから目白押しということばができたそうです。目白を見る機会は滅多にないので、インターネットで検索してみたところ、おしくらまんじゅうということばを思い出させる、身体をくっつけている目白の画像が見つかりました。

 自然に関係することばを、もっと知りたいと思わせられた本でした。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月02日

「三行で撃つ <善く、生きる> ための文章塾」

20230502「三行で撃つ」.png

近藤 康太郎 著
CCC メディアハウス 出版

 わたしは、常々『わかりやすい文章』を書きたいと思っています。ソフトウェアユーザーに使い方を伝えたり、同僚と情報を共有したりする際、ストレスを与えることなく意図したことが伝わる文章を目指しています。

 そんな目標を遥かに超える文章、人をいい心持ちにしたり、落ち着かせたり、世の中を住みいいものにしたり、そういったことのできる、風通しのいい文章や徳のある文章を書くためにはどうするかを 25 の視点から説明しているのがこの本です。

 『うまい文章』ではなく、読み手を中心に据えた、読者の心を揺らす『いい文章』 を書くということは、途轍もなく難しいことです。著者は、『表現者に、ワーク・ライフ・バランスなどあるわけがない。「ワーク・イズ・ライフ」だ』と書いています。書くことが頭から離れない状態を維持しなければ、『いい文章』は書けないのでしょう。

 この本の 14 番目の項によれば、作家の場合、自分にしか書けない『企画』を常に考えています。それは、自分が得意なことを書けといっているわけではありません。読みたいと思っている読者が大勢いるところを探し、読者の半歩先を書くのです。読者が今いるところでも読者の一歩先でもなく、半歩先を見極めるのです。

『半歩』は、わかるようでわからない距離です。こんな指南が 25 も連なっているのですから、本気で書きたいと思っている方には最良の書だと思います。しかし、本を読み終えたあとの自分の文章が少しわかりやすくなっていることを期待していたわたしが学べたことは、書くことの厳しさでした。

 その厳しさを知りながら、著者が『いい』と認める文章をわたしが今から目指すことは現実的ではありません。ただ、著者の文章をもっと読んでみたいと思いました。著者は、『文章を書くとは、品格のある人間になること』だと書いています。そう考えている人が何を書くのか知りたいのです。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする