2022年10月24日

「日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉」

20221024「日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉」.png

 国語学者で、「日本国語大辞典」初版の編集長を務めた著者が「日本国語大辞典」第 2 版を参考に書いた本です。ほぼ半月で仕上げたと言い訳めいた説明が最初にあるとおり、不備な点が散見されますが、わたしにとっては、これまで意識したことのない日本語に触れる機会になりました。

 それは、洒落言葉です。現代において、言葉は短くされるいっぽうのような気がします。たとえば、ダイレクトメッセージなどでは、『り』は『了解』を意味するそうです。

 しかし、言葉を付け足した洒落言葉が、かつては数多くあったようです。この本で紹介されているのは、地名に絡んだものです。『その手は桑名の焼き蛤』、『恐れ入谷の鬼子母神』、『嘘を築地の御門跡』、『堪忍信濃の善光寺』、『なんだ (涙) は目にある神田は東京』などです。

『その手は桑名の焼き蛤』の場合、『その手は食わない』と言えば済むところを『桑名』にひっかけて、その地の名物『焼き蛤 (蛤を殻つきのまま火で焼いたり、蛤のむき身を串に刺してつけ焼きにしたりした料理)』を付け足しています。『恐れ入谷の鬼子母神』の場合、『恐れ入る』の『入る』に地名『入谷』をひっかけて、その地にある有名な『鬼子母神』を付け足しています。

 別になくてもいいことを付け足すことにより、おどけている様子や皮肉めいた印象が加わります。遊び心が感じられ、無駄なものを徹底的に排除する流れとは逆の余裕があるように、わたしには思われました。

『嘘をつく』と築地を掛け、さらに、その地にある本願寺とつなげている『嘘を築地の御門跡』(門跡は、幕府が制定したもので、出家した皇族が住職を務める格式の高い寺院) などは、真っ向から『嘘をつくな』というより、当たりが柔らかく、好ましく思えました。同様に、『堪忍しなさい』というより、『堪忍信濃の善光寺』のほうが、言われるほうも仕方がないと思える気がします。

 ときには、言葉に何か付け足すことも大切なのかもしれません。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

「これを大和言葉で言えますか?」

20220926「これを大和言葉で言えますか?」.png

知的生活研究所 著
青春出版社 出版

 日本語に注目した書籍なのに、誤字 (『需要』とすべきところが『重要』、『カタカナ』とすべきところが『カナカナ』と表記されたりしています)、読みの誤り (『女丈夫』を『じょじょうふ』ではなく『おんなじょうぶ』と説明されたりしています) や語源の誤り (『つつがない』の語源が、その語より新しい『ツツガムシ』にあるとされています) が見つかったのは、少し残念です。

 ただ、大和言葉を意識する良い機会になりました。一番印象に残っているのは、月の呼び名です。こんなにあったのかと驚きました。

 月齢ごとに、これだけの呼び名があるそうです。

1 日……『新月』『朔 (さく)』
2 日……『二日月 (ふつかづき)』『既朔 (きさく)』
3 日……『三日月』『眉月 (まゆづき・びげつ)』
7 日〜 8 日頃……『上弦の月』(『上弦の月』や『下弦の月』の月は、『半月 (はんげつ)』や『弓張月 (ゆみはりづき)』とも呼ばれます)
13 日……『十三夜月 (じゅうさんやづき)』
14 日……『小望月 (こもちづき)』『幾望 (きぼう)』
15 日……『十五夜の月』『望 (ぼう)』『三五の月 (さんごのつき)』
16 日……『十六夜の月 (いざよいのつき)』
17 日……『立待月 (たちまちづき)』
18 日……『居待月 (いまちづき)』
19 日……『臥待月 (ふしまちづき)』『寝待月 (ねまちづき)』
20 日……『更待月 (ふけまちづき)』『亥中の月 (いなかのつき)』
22 日〜 23 日頃……『下弦の月』
26 日……『有明月 (ありあけづき)』
30 日頃……『三十日月 (みそかづき)』『晦日 (つごもり)』

 月を待つという習慣をもたない日常を送っているので、これらの呼び名から、空を見上げて月を待っていた頃の暮らしを少しばかり想像することができました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

「いまどきのニホン語 和英辞典」

20220925「いまどきのニホン語 和英辞典」.png

デイヴィッド・P・ダッチャー (David P. Dutcher) 著
研究社辞書編集部 編
研究社 出版

 研究社の「新和英大辞典 第 5 版」とそのオンライン版から、くだけた表現、俗語、流行語、芸能やスポーツの業界用語が集められたのが本書です。通読してみたら、日本語と英語の相違点や類似点に気づくことができました。

 日本語と英語の相違点として一番印象に残ったのが、日本語は、擬音語・擬態語が多い点です。本書では、漫画の英訳を例に、日本語の擬音語・擬態語のニュアンスを英語で伝えるための工夫が 3 種類紹介されています。

 ひとつめは、擬音語・擬態語を無視あるいは簡略化する方法です。たとえば、「のだめカンタービレ」の『ぴぎゃーっ』という悲鳴は英訳版では単に『aaah!』や『eeek!』(きゃーっ、ひゃーっ) となっているそうです。

 ふたつめは、擬音語・擬態語を動詞で代用する方法です。たとえば、抜き足差し足で歩くシーンの『ソ〜』という擬態語は、『こっそり歩く』という意味の動詞を用いて『sneak』、放心状態のシーンの『ぼーっ』は、『ぼんやりする』という動詞『daze』、あざ笑うシーンの『ニヤリ』は、『にやにや笑う』を意味する『sneer』とするそうです。おもしろいのは、『glomp』という新和英大辞典に掲載されていない単語です。人に飛びついて抱きしめる『ぎゅむっ』『ヒシ』のような擬態語が使われたときに使うことができるそうです。

 みっつめは、日本語のドカン→ドッカーンのような強調形は『ker-』や『ka-』のような接頭辞で示すことがあるそうです。たとえば、『boom』(ドーン、ズーン) に対し、『ker-boom』(ドッカーン、ズドーン) のようなバリエーションをつくるそうです。

 日英翻訳における、擬音語・擬態語の扱いの難しさを垣間見ることができました。

 いっぽう、日本語と英語の類似点で印象に残っているのは、隠語表記です。『氏ね』などインターネット上で使われている隠語は、日本語でもいろいろあるようですが、英語では leet (speak) という、アルファベットを数字や記号に、数字をアルファベットや記号に置き換える表記があるようです。

 インターネットで調べてみたところ、leetspeak 情報を多く見つけることができました。leetspeak は、検索性を低めるため、つまり、自分たちの発言が広範囲に見られることがないよう、ハッカーなどが 1990 年代に使い始めたと言われています。ただ、同音異字を使えば、検索性が一気に落ちる日本語とは違って、leetspeak を使いこなすのは難しそうに感じられました。leetspeak に変換するための一覧表やアプリが数多く見つかったからです。

 相違点や類似点の発見以外にも、ニュアンスを伝えるのが難しいと感じる用語を再認識することもできました。たとえば、『あいつちょっと天然入ってるよね』などと使われる『天然』は、癒しの雰囲気というか、少なくとも見下したニュアンスはないように思います。『何が悲しくてこんな本を買っちゃったのやら』の『何が悲しくて』というのは、もちろん何かを悲しんでいるわけではないので、説明に窮する表現です。『まだ宿題を提出していない不届き者が約一名いるようだ』の『約一名』は、一名という数に対して『約』をつけて、何をどう和らげようとしているのか説明が難しく感じられます。

 読みものとしても、おもしろい辞典だと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月10日

「語り継ぎたい日本語」

20220910「語り継ぎたい日本語」.png

齋藤 孝 監修
ぶんか社 出版

 監修者が『語り継ぎたい』と思っているのは、『いきな日本語』だそうです。『いきな日本語』なのかと疑問に思われる表現も数多ありましたが、人を励ますときに使ってみたいと思える表現や初めて知った自然にまつわる表現もありました。

 使うタイミングが難しいかもしれませんが、『瑠璃も玻璃も照らせば光る』は、そのリズムの良さもあって、使ってみたいと思いました。違った体質を持ち、違った環境にいても、優れた素質を持つ者は、どこにいようと、光を当てれば光り輝くものという意味だそうです。『瑠璃』も『玻璃』も仏教用語の七宝 (しちほう:金、銀、瑠璃 (るり)、玻璃 (はり)、硨磲(しゃこ)、珊瑚 (さんご)、瑪瑙 (めのう)) です。『瑠璃』は、ラピスラズリを指すことが多く、古くはガラスのことをこう呼んだそうです。『玻璃』は、水晶を指しますが、ガラスの別称としても使われます。美しい石に譬えられれば、落ち込んでいる人も元気になるかもしれません。

 自然の移り変わりに気づかないような暮らしをしていますが、そのいっぽうで、自然にまつわる表現を覚えたいとも思っています。気になった表現がみっつあります。まず、ネガティブなことを思うにしても、柔らかに感じられて気に入った表現が、『石が流れて木の葉が沈む』です。重い石が流れてしまうのに、軽い木の葉が沈んでしまうように、物事が通常の原理原則とは逆になること、つまり理不尽なことを言います。

 次は、『花散らし』ということばです。『花散らしの雨』や『花散らしの風』は、桜の花が咲くころに降る無情の雨や花を散らす風を指しています。著者は、同じ花が落ちる表現でも、花によって使い分けていることも、併せて紹介しています。具体的には、桜の花が落ちることは『散る』と表現しますが、梅の花が落ちることは『零れる (こぼれる)』と表現するとのことです。

 最後は、俳句の季語のうち、山の四季を簡潔にあらわした表現です。春は『山笑う』、夏は『山滴る (したたる)』、秋は『山装う』、冬は『山眠る』です。新緑が芽吹き、花が咲き、山全体が燃えるような明るさに満ちている春の山は、まさしく笑っているようですし、紅葉した木々をまとった秋の山は、装いあらたに夏とはまったく違う姿を見せてくれます。四季それぞれにぴったりの表現に思えますが、いずれも漢詩の『臥遊鹿 (がゆうろく)』からきた表現だそうです。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月18日

「日本・日本語・日本人」

20220818「日本・日本語・日本人」.png

大野 晋/森本 哲郎/鈴木 孝夫 著
新潮社 出版

 著者たちの鼎談とそれぞれの執筆文から構成され、日本・日本語・日本人について論じられています。言われてみればそのとおりと思ったのは、文明と言語の関係です。

 大野氏は、言語は文明とともにあると鼎談で語っています。つまり、「文明力を持てば、その言語は生き残るが、衰えれば別の文明に巻き込まれる。オランダ語がそうでした。江戸時代、日本人はオランダ語を学んできたが、オランダの国力が衰えた途端、それを習う日本人はいなくなった」のです。

 同様に、明治時代になって英語を学ぶことになった背景について、鈴木氏が「明治新政府は西洋文明を取り入れる手段として、最初は英独仏の三言語による英学、独学そして仏学という三本立ての体制で、日本の近代化 (西洋化) をはかるつもりだった。だが数年たらずして、これら三つもの西洋語の習得に乏しい予算と少ない人材を分散させることの非を悟った。当時世界最強の国力をもつ大英帝国の言語である英語に集中するほうが、全体として得策であることが判ったから」だと書いています。

 ただ、英語だけに絞ったわけでもなく、「優秀なドイツの医学や化学、そしてフランスの生理学や優れた軍事技術などの、イギリスよりも進んでいる分野を学ぶためには、ドイツ語とフランス語も全くは無視できなかった。このような事情を考慮して、結局英語を中心に置き (英学本位制)、それにこの二言語を補助的に位置づける」ことになったのです。これらの方針の根本にあったのは、のちに脱亜入欧と呼ばれることになった、日本を『西洋流の文明富強国』(福沢諭吉) とするための政策です。

 そののち、日本が戦争に負けて以降、政府は漢字を制し、日本人の漢字による造語能力が低下するという結果を招いたと大野氏は語っています。これは、いわゆる『和製漢語』(日本で日本人がつくった漢語で、『経済』や『資本』など数多あり、中国語にも外来語として取り入れられています) のことを指していると思われます。その影響もあってか、現代においては、外国の概念をあらわすことばをカタカナ表記でそのまま取り入れるようになり、漢字による造語は見られなくなりました。つまり、中国の国力が衰えたことを見てとり、漢字を積極的に使わなくなったということでしょうか。

 戦後、先進国に追いつこうとし、基本的に海外のものを手本としててきた日本のことを、鈴木氏は、先進国を「追い越した途端に目標が視界から消え失せ、迷走を始めた」と書き、日本が「こんな経済大国になったのが間違いかもしれない。資源をはじめ、あらゆる面でくらべものにならないアメリカに追随し肩を並べていきたいという発想からそろそろ脱却して、身の丈にあった国を目指さなければだめなのでは……」と語っています。

 鈴木氏の考えに心底共感するものの、法律にせよ文化にせよ、海外に存在する何かを持ってくるだけで間に合わせてきた日本に自らの目標を自らつくりあげることができるとは、わたしには思えませんでした。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする