2021年10月20日

「使ってみたい 武士の日本語」

20211020「使ってみたい 武士の日本語」.png

野火 迅 著
朝日新聞出版 出版

 著者は、興津 (おきつ) 弥五右衛門の遺書を序文で紹介し、『ここで使われている日本語は、まさに死語を超えた遺物である。日常語よりは一段と堅苦しい手紙文とはいえ、これが 1.5 世紀前まで同じ日本に生きていた人間の言葉かと思うと、なおさら妙な心地にさせられる』と書いています。

 江戸時代が終わったのが、1868 年です。たとえば、「完訳 ナンセンスの絵本」に収録されている詩が 1861 年と 1871 年に出版されたものだということを考えると、なおさら妙な心地になります。現代の英語を覚えると、シェークスピア (1564-1616) の作品でもそれなりに読めますが、現代の日本語を覚えても、それとは別にかなりの労力をかけなければ江戸時代の日本語を理解できるようにはなりません。

 しかし、そんな昔の日本語が部分的に活用されている分野があります。現代の時代小説です。著者は、『時代小説は、いわゆる一般大衆向けの娯楽を志すいっぽうで、読者の国語力などはいっさい気にせず、好きなように古い日本語を駆使している。現代の日本語とは大きく隔たった侍言葉を、気分にまかせて現代語に織り交ぜながら、時代物テイストの決め手となる素材や調味料のように使いこなしてきた』としています。そんな侍言葉のテイストだけでなく、意味も知ってもらいたいという意図が著者にあるのか、この本で引用されている侍言葉は、時代小説から引用されています。

 わたしは、時代小説を読んだ経験がありながら、現代国語のなかに散りばめられた古い日本語が、その時代らしさを醸しているなどと気にしたこともありませんでした。当たり前過ぎて見過ごしてきたのだと思いますが、いったん気づいてみれば、形式にこだわらない自由な発想が生んだ工夫だと感嘆すると同時に、どのようにしてこれが当たり前のスタイルになったのか、気になりました。

 また、著者は、ここで侍言葉を取りあげると同時に、武士そのものを『一口にいえば、本音を型のなかに閉じこめた人々だった。じつに窮屈な生き方にはちがいないが、その窮屈さが武士を武士らしく見せていたことは間違いない』とし、『武士の外面を装っていた型は、武士の本質にほかならない』と語っています。

 そんな武士は、現代のわたしとは遠くかけ離れた存在に感じられます。しかし、著者が選んだ数々の『武士の日本語』をひとつひとつ追っていくうち、意外なことに、小さな歯車ですらない、わたしのような会社員と似た武士もいたのだと実感しました。

 たとえば、現代語『平社員』のもとになっていると著者が推測する『平侍 (ひらざむらい)』は、将軍や藩主に会うこと (会う資格のことを『目見え (めみえ)』といいます) も叶わない武士社会の底辺にいます。江戸時代の重職は、徳川幕府の創業期における貢献度によって定められた家格によって決まったもので、平侍は、よほど目覚ましい功績をあげないかぎり、『目見え以上』に仕える立場に甘んじつづけ、主君に会うこともなく終わりました。

 平侍は、『下士 (かし)』とも呼ばれ、そのうえには『中士 (ちゅうし)』、さらにうえには『上士 (じょうし)』がいて、下士と上士の年俸差は、驚くほどです。上士の禄高千石は、下士の禄高およそ五十石の 20 倍にあたり、現代の年収約 1680 万円に該当します。1680 万円の年俸は大したことがないように見えるかもしれませんが、下士の年俸が現代の 84 万円と考えると、いまの平社員が恵まれている気さえしてきます。

 さらに、財政危機に陥った藩の場合、藩士から禄の一部を借りる『借上げ』を行ないます。この借金が返済されることは、基本的になく、事実上の給与カットです。下級武士の俸禄は、米の現物支給で、この禄米は、春・夏・冬の三期に区切って支給されたため、『切米 (きりまい)』と呼ばれ、そのことから『借上げ』は、『切米取り』とも呼ばれました。下士の切米取りは、わたしにとって身につまされる話でした。

 そのいっぽうで、『素志 (そし) を貫く』(素志とは、つね日ごろから変わらずに抱いている志のこと)、『天稟 (てんびん)』(天性の才のこと。同類語に『才華 (さいか)』があります)、『外柔内剛 (がいじゅうないごう)』(外見の柔らかさに反して、内側に芯の強さを持っていること)、『洒々落々 (しゃしゃらくらく)』(度量が大きくて物事にこだわらない様子) など、良き人柄をあらわすことばも目につきました。品格ある行ないが求められた武士にふさわしい表現が数多くあったのかもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

「文章は接続詞で決まる」

20210530「文章は接続詞で決まる」.png

石黒 圭 著
光文社 出版

 接続詞について深く考えたことがありませんでしたが、わかりやすい説明に『確かに……』と納得させられ、学ぶことが多かった 1 冊です。

 納得の根底を成すのは、著者による『接続詞の定義』です。一般的には、『接続詞とは、文頭にあって、直前の文と、接続詞を含む文を論理的につなぐ表現である』とされていますが、著者は接続詞の役割に注目し、『接続詞とは、独立した先行文脈の内容を受けなおし、後続文脈の展開の方向性を示す表現である』と定義していて、その考え方が合理的に思えました。

 著者の定義では、一般的な定義では含まれない接続詞が 2 種類加わることになります。ひとつは、文と文以外をつなぐ接続詞です。具体的には、文より小さい単位の『語と語』、『句と句』、『節と節』をつなぐ接続詞、それから文より大きい単位の『段落と段落』をつなぐ接続詞が加わります。

 もうひとつは、文頭ではなく文末にくる接続詞です。著者は『文末に述語が来る日本語の場合、文頭と文末の両方で前後の文脈との関係を明確にするメカニズムが整って』いると言います。

 接続詞が文末にくると言われても、すぐにはピンときませんでしたが、『〜だけではない』という例は、わかりやすいと思います。『外国人横綱は曙だけではない。』とあれば、それ以降に曙以外の横綱が登場することが予測されます。つまり、著者の接続詞の定義にある『後続文脈の展開の方向性』が示されていることになります。

 この文末の接続詞を著者は、次のように分類しています。
1.『否定の文末接続詞』……読み手の心に疑問を生む「のではない」系と、ほかにもあることを予告する「だけではない」系
2.『疑問の文末接続詞』……疑問の終助詞「か」
3.『説明の文末接続詞』……文章の流れにタメをつくる「のだ」系と、理由をはっきり示す「からだ」系
4.『意見の文末接続詞』……『私』の判断に必然感を加える「と思われる」系と、慎重に控えめに提示する「のではないか」系と、根拠を示したうえで判断に至る「必要がある」系

 意外にも多くの文末接続詞があることに気づかされました。

 やや例外的に感じられる接続詞を先に書きましたが、一般的な定義に含まれる接続詞についても、以下のように、わかりやすく分類されています。一番上のレベルをローマ数字、次のレベルを算用数字、一番下のレベルをアルファベットで転載しました。

T.論理の接続詞
1.順接の接続詞
a.「だから」系
b.「それなら」系

2.逆説の接続詞
a.「しかし」系
b.「ところが」系

U.整理の接続詞
1.並列の接続詞
a.「そして」系
b.「それに」系
c.「かつ」系

2.対比の接続詞
a.「一方」系
b.「または」系

3.列挙の接続詞
a.「第一に」系
b.「最初に」系
c.「まず」系

V.理解の接続詞
1.換言の接続詞
a.「つまり」系
b.「むしろ」系

2.例示の接続詞
a.「たとえば」系
b.「とくに」系

3.補足の接続詞
a.「なぜなら」系
b.「ただし」系

W.展開の接続詞
1.転換の接続詞
a.「さて」系
b.「では」系

2.結論の接続詞
a.「このように」系
b.「とにかく」系

 こうして分類されたものを見ると壮観です。

 この本の最後に、接続詞を極力使わないほうがいいケースがあげられています。それは、『できるだけ事実に忠実に客観的に書きたいとき、前後の関係を限定したくないとき』です。接続詞の役割を網羅したあとでは、納得できる指摘です。

 この 1 冊を読めば、接続詞の足し算と引き算がそれまでよりもじょうずになる気がします。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

「ことば選び実用辞典」

20210308「ことば選び実用辞典」.png

 ビジネスで堅い感じの文章にしたいときなどに重宝しています。たとえば『起こる』ということばを引くと、喚起、起因、起業、偶発、継起、興起、興業、興隆、再燃、再発、散発、惹起、出来、触発、振興、新興、生起、続発、台頭、多発、突発、発祥、発生、発動、頻発、復興、併発、発起、勃興、勃発、連発などの熟語が並んでいます。

 もちろん、まったく同じ意味をもつ熟語が並んでいるわけではありませんが、ちょっと小難しく見せたいときなどに、これらの候補から最適なものを選ぶことができます。

 ただ、こういった類義語を見比べていると、やはり適切な単語を選ぶことは、意味のあることだと再認識させられます。普段英語で生活しているわたしの知人は、いちおう日本語が母語ですが、このなかの『惹起』が何度見ても読めず、いつも読み方を尋ねられます。

 もちろん誰もが知っている単語を使うことが大切なときもあります。しかし、『起こる』と『惹起する』から受ける印象は明らかに違います。後者は、何かきっかけがあることがイメージされ、その文脈では『惹起する』のほうが適切だと思えることも往々にしてあるのです。

 よりぴったりすることばを見つけたり、提案書など堅い表現が似つかわしいと思える場面で使える、タイトルどおり実用的なポケット辞書だと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

「失礼な日本語」

20200924「失礼な日本語」.png

岩佐 義樹 著
ポプラ社 出版

 これまでわたし自身が明確に疑問を提示できないものの、どうすればいいのか迷ってきた問題が取りあげられていて、読み甲斐がありました。

 ひとつは『いただく』の多用です。以下の@とAは、どちらが正しいでしょうか。

@ 本日ご来店くださったかたにはもれなく記念品をさしあげます。
A 本日ご来店いただいたかたにはもれなく記念品をさしあげます。

 答えは、@です。『〜くださる』は尊敬語で、『〜いただく』は謙譲語です。この文章は、店側から客へのメッセージで、文中の『かた』は、客と考えられます。客が主体になっているのに謙譲語を使っているため、誤りだそうです。

 ただ、客に向かって『ご来店くださり、ありがとうございます』と言っても、『ご来店いただき、ありがとうございます』と言っても、正しい敬語です。そこから、『ご来店いただいたかた』という誤りが生まれるのではないかと著者は推測し、さらに、相手が主語の『してくださる』ではなく自分が『していただく』という言葉を使うのは、無意識に自分中心になっているのかもしれないという見解を述べています。

 この無意識に自分中心になっているという指摘は、わたしにとって納得のいくものでした。相手を敬う気持ちは薄れ、自分がへりくだっていれば無難という流れがあるのかもしれません。

 もうひとつは、『です・ます体』では形容詞の扱いが難しいことです。この『難しい』も形容詞ですが、これを『です・ます体』で丁寧にするとき思い浮かぶのは『難しいです』や『難しかったです』などですが、稚拙な感じが否めません。

 ではどう書けばいいのでしょうか。正しくは『難しゅうございます』ですが、現代では若い人を中心に違和感を抱かせる表現かもしれません。『難しいのです』と、『の』を入れる手もありますが、ニュアンスが微妙に変わり、素直な気持ちを表現した印象は薄れます。

 著者は、別の工夫を提案しています。たとえば、目上の方に久しぶりにお会いしてうれしいと思ったときは、『久しぶりにお会いできてうれしい一日となりました』と表現することができます。

 形容詞を『です・ます体』に取り入れる際、ああでもないこうでもないと迷うのは自分だけではないと知ることができたことは収穫でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

「超・箇条書き」

20200310「超・箇条書き」.png

杉野 幹人 著
ダイヤモンド社 出版

 以下は、本書籍の紹介です。この本に書かれた内容が実践された箇条書きだと思います。著者によると、箇条書きのメリットは、書き手が箇条書きでまとめることにより、読み手がすべき情報処理(理解するプロセス)の負担が減り、より正確に伝わることだそうです。

20200310「超・箇条書き」a.png

 箇条書きについて、自己評価してみたところ、上記の MECE (ミーシー) 崩しができていないことに気づきました。MECE は、Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive の略で、ダブりもなく、漏れもないことを指しています。

 重複せず網羅できていることはいいことだと思っていたのですが、著者は、MECE により、伝えたい相手に引っかかるフック、山場がなくなってしまうと言っています。たしかに、伝えたい相手に伝えたい内容が伝わることが大切なのであって、網羅することを最重要事項のように考えるのは間違っているような気がしてきました。

 箇条書きの道のりはまだまだ先がありそうです。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする