2021年05月01日

「熱源」

20210501「熱源」.png

川越 宗一 著
文藝春秋 出版

 舞台となっているのは、日本が樺太、ロシアがサハリンと呼ぶ島で、時代は、19 世紀末から第二次世界大戦の終わり頃までです。物語は、流刑囚として島にやってきたポーランド人ブロニスワフ・ピョトル・ピウスツキの視点で進むこともあれば、先住民であるアイヌ、ヤヨマネクフの視点で進むこともあり、アイヌの言語や文化に魅せられて研究を重ねる和人 (金田一京助) や、『東洋の優秀民族たる日本人に同化し、未開な蛮習を捨て、文明に参加するべく』アイヌの人々に説く和人も、登場します。

 文明とは何か、民族を形成する大きな要素である文化とは何か、民族が滅びるとはどういうことか、いろいろ考えさせられました。

 タイトルの「熱源」は、20 歳のときの軽率な行動がもとで 15 年もの懲役刑が下され、それを終えてもなお流刑入植囚として 10 年間樺太に縛られると決まったブロニスワフが、現地のアイヌやギリヤークの人々の言語、伝統、文化に触れたことによって湧きおこった、それらを深く知りたいという衝動、つまり (情) 熱の源を指しています。

 同時に、和人が押し寄せて様変わりした樺太ではなく、自らの本当の故郷に帰り、アイヌとして生きたいと渇望するヤヨマネクフを突き動かす熱の源も意味するのかもしれません。

 ロシアに支配されたポーランドから来たブロニスワフ。先住民でありながら、あとからやってきた和人に同化を迫られ、アイヌは滅びると言われ続けるヤヨマネクフ。この両者には、共通するものがあります。それは、力を有する者が勝つ弱肉強食の世界で、弱者が、強者の言語を話し、強者の価値観に染まり、その支配下に置かれてしまう流れに抗おうとすることです。

 ブロニスワフは、樺太の地でアイヌの妻を娶り、子を授かったにもかかわらず、ポーランドの独立闘争に加わるべく単身故郷に帰ります。ヤヨマネクフは、アイヌがアイヌとして生きているうちにアイヌとして南極点到達を成し遂げたいと橇を引く樺太の犬たちと一緒に南極探検隊に加わります。

 正直なところ、ブロニスワフが樺太を自らの第二の故郷とせずに生まれた地を故郷としてその独立を願う気持ちやヤヨマネクフがそこまでして守りたいものなどが、わたしにはよくわかりませんでした。

 たとえば、アイヌがアイヌ語を話さなくなったら、草皮衣を身に着けなくなったら、滅びたことになるのでしょうか。日本語を話す人がいる限り、日本民族は滅びたことにならないのでしょうか。『民族』というのが何か、自分がわかっていないことに改めて気づかされました。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

「クリスマスのフロスト」

20210412「クリスマスのフロスト」.png

R・D・ウィングフィールド (R.D. Wingfield) 著
芹澤 恵 訳
東京創元社 出版

 原書 (「Frost at Christmas」) を読んだことがあるのですが、原書の遊び心をそのまま映すことに成功した翻訳も気に入っているので、こちらも読みました。

 たった 4 ページしかない訳者あとがきは、首を上下に振り過ぎて痛くなるのではないかと思うほど、共感できました。主人公フロストのことをこう分析しています。
++++++++++
普通はそういう不器用な生き方を貫く主人公が描かれている場合、逆の意味で恰好良く思えてくるものだ。ところが、フロストには、"恰好の悪さ" を "恰好の良さ" に変える要素、"己れの生き方を貫く" 覚悟が欠落している。もちろん、フロストも自分の規範に照らして自分のペースで行動するのだが、そこには "己れの生き方を貫く" というような力強い原動力は微塵もない。なにごとも "結果オーライ"、徹底的に力が抜けているのである。
++++++++++

 さすが鋭い分析です。フロストは続編のなかで、証拠を捏造してしまうのですが、それもこの "結果オーライ" のなせるわざかと妙に納得してしまいました。犯人を野放しにするより『自分の規範』にもとづき、証拠を捏造する選択をしてしまったのでしょう。

 また、訳者は『モジュラー型警察小説』ということばを紹介しています。
++++++++++
 いくつもの事件が、時間差攻撃のようにほぼ同時に発生し、それを刑事が追いかけていく小説をモジュラー型警察小説と呼ぶそうだが、本書はその典型のような作品で、『オックスフォード・タイムズ』紙の書評にも『……巧みに配された謎、たるみのない筋運び』と紹介されたように、複数の事件が彩りよく盛り込まれていて、その謎解きの過程をたっぷりと堪能できるようになっている。
++++++++++

 わたしが気に入っている伏線は、散らかり放題のフロストの部屋から小銭がなくなっている、しかも 45 ペンスという何の足しになるのかわからないような額のお金がなくなっているとフロストが主張するくだりです。

 書類の山のどこかに紛れているのだろうと思わせられるフロストのデスクの描写があり、気にも留めずにいると、先でその犯人が見つかり、その犯人から意外な自供が得られ、ある事件の解決に至ります。それも、押し込み強盗の常習犯という大物とその手引をした男をまとめて逮捕するという大手柄です。それなのにフロストは、その手柄を人に譲ってしまいます。またその陰で、過ちを犯した同僚が罪に問われないよう犯人を脅します。フロストのキャラクターがよくあらわれている解決の仕方だと思います。これも、"結果オーライ" をよしとするフロストらしさといえるかもしれません。

 とにかく癖の強いジャック・フロストは、いつ読んでも飽きないキャラクターです。
posted by 作楽 at 19:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

「オビー」

20210124「オビー」.png

キム・ヘジン 著
カン・バンファ/ユン・ブンミ 訳
書肆侃侃房 出版

 以下の 9 篇が収められています。

−オビー
−アウトフォーカス
−真夜中の山道
−チキン・ラン
−カンフー・ファイティング
−広場近く
−なわとび
−ドア・オブ・ワワ
−シャボン玉吹き

 著者プロフィールによると、このなかの「チキン・ラン」が 2012 年に東亜日報の新春文芸に選ばれたことをきっかけにデビューした作家で、「オビー」が 2016 年に『今年の問題小説』に選ばれたそうです。

 周囲から肯定的な評価を得ることが少ないであろう人たちが数多く登場する短篇集です。「チキン・ラン」では、チキンのデリバリーをする男性と自殺しようとする男性のあいだで、悲壮感があるものの同時に滑稽にも聞こえるやりとりが繰り広げられます。

 「オビー」では、人との関わりが苦手なオビーが、Amazon の配送センターのような場所で非正規労働者として働き始め、陰日向なく勤めたにもかかわらず、職場で居場所を失っていくさまが描かれています。

 社会に必要とされてはいても低賃金で働く人々の暮らしは韓国も日本も似たような状況にあるように見えるいっぽう、まったく理解できない作品もありました。

「広場近く」は、見ず知らずの男から 6 歳の子供を預かった男の話です。そんな幼い子を他人に預けて仕事に行く無茶な設定が韓国ではリアリティをもって受け入れられるのかと驚きました。

「真夜中の山道」にいたっては、訳者あとがきの状況説明を読まなければ、どういった場面か理解できませんでした。説明によると、再開発が進む地域の強制撤去部隊として雇われた男たちと、籠城闘争を決起した人たちの側にアルバイトの市民運動家として参加する女が戦っているそうです。対価と交換に暴力をふるっている人々だということはわかりましたが、市民運動を生活の糧にして暴力をふるうといったことが、本当に世の中に起こっていると受けとめていいのか迷いました。

 韓国という国を垣間見ることができる短篇集でした。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

「狭き門」

20201215「狭き門」.png

アンドレ・ジッド (André Gide) 著
山内 義雄 訳
新潮社 出版

愛と同じくらい孤独」でジッドの名があげられているのを見て、そういえば……と思い出して引っ張り出してきた本です。

 タイトルは、主人公ジェロームが牧師に読み聞かされたルカ伝第 13 章 24 節から来ています。『力を尽くして狭き門より入れ。滅びにいたる門は大きく、その路 (みち) は広く、之より入る者おおし、生命 (いのち) にいたる門は狭く、その路は細く、之を見いだす者すくなし』。

 このひたすら精進することを求めるようなことばを受けてジェロームがその思いを向けたのは 2 歳年上の従妹アリサで、アリサに相応しい自分であるべく最大限努めると決めます。当のアリサもジェロームに好意を寄せ、より一層自分を高めようと決めますが、ふたりはハッピーエンドを迎えませんでした。

 アリサが考える愛や幸福は、当時の女性が思い描くようなものでもなく、ジェロームが期待するようなものでもなく、神とともにあるものでした。彼女は、日記にこう書いています。
++++++++++
 いかに幸福なことであっても、わたしには進歩のない状態を望むわけにはいかない。わたしには、神聖な喜びとは、神と融合することではなく、無限にして不断の神への接近であるように思われる……もし言葉を弄することを恐れないなら、わたしは《進歩的》でないような喜びを軽蔑する、と言ってもいいだろう。
++++++++++

 神への道を進もうとするアリサは、こうも書いています。
++++++++++
 主よ、ジェロームとわたくしと二人で、たがいに助けあいながら、二人ともあなたさまのほうへ近づいていくことができますように。人生の路にそって、ちょうど二人の巡礼のように、一人はおりおり他の一人に向かって、《くたびれたら、わたしにおもたれになってね》と言えば、他の一人は《君がそばにいるという実感があれば、それでぼくには十分なのだ》と答えながら。ところがだめなのです。主よ、あなたが示したもうその路は狭いのです――二人ならんでは通れないほど狭いのです。
++++++++++

 アリサは、そう結論を出して、ひとり神のもとへ旅立ちました。宗教をもたないわたしは、そんなアリサに共感できませんでしたが、ジッドがアリサという登場人物に羨望にも似た優しいまなざしを向けていたように思えました。

 巻末の解説によると、ジッドの妻マドレーヌがアリサのモデル的存在だったそうです。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

「グッド・ドーター」

20201025「グッド・ドーター」.png

カリン・スローター (Karin Slaughter) 著
田辺 千幸 訳
ハーパーコリンズ・ ジャパン 出版

 いわゆるページターナーであることは間違いありません。真実は別にあるという匂わせが数多く埋めこまれてあり、隠されている何がか気になって、どんどん読み進めてしまいます。

 クイン一家は、弁護士の父親、天才級の科学者の母親、ふたりの娘の四人家族でした。それがある日、母親が殺害されるという凄惨な事件に見舞われます。

 残された家族が何とか前を向いて生きていけるようになり、28 年という長い年月が過ぎてから、中学校で起こった銃乱射事件を機に 28 年前の事件の真相が明らかになります。その過程で、父親、長女、次女、それぞれが秘密を隠し続けてきたことが匂わされ、いずれも最後の最後に明らかになります。

 ふたりの娘が父親と同じ弁護士という職業に就き、弁護士一家となったクイン家の視点で見る銃乱射事件が物語のひとつの軸になっているいっぽう、クイン一家の家族としての再生がもうひとつの軸になっています。

 構成としては一般的ですが、わたしの好みとしては少し物足りないように感じました。理由は、ふたつあります。ひとつは、クイン一家以外で事件に大きく関わった登場人物の描写が少なすぎた点です。もうひとつは、最後の最後ですべての謎を明らかにするということにこだわったせいか、それまでの語りに隠蔽があったことです。

 そうなった理由を推測するに、すべてを最後の最後に明らかにするのと引き換えに、犯罪を隠蔽する動機を窺い知ることができるような描写が一切書かれなかったことにあるようです。

 わたしの好みとしては、クイン一家以外の登場人物にも厚みのある人物像が描けるような工夫が欲しかったところです。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする