2021年11月08日

「一生使える 見やすい資料のデザイン入門」

20211108「一生使える 見やすい資料のデザイン入門」.jpg

森重 湧太 著
インプレス 出版

 プレゼンテーションに限ったことではありませんが、資料を作成する際、いつもフォントで悩んできましたが、その問題に対処する基本がこの本に載っていました。

 基本は次のとおりです。

@ くすんだ文字色……スライドの場合、文字が真っ黒だときつい印象になりがちなので、文字色を少しくすませることが推奨されています。(紙資料はこの限りではありません。)

A 少し広めの行間…… 1.1 から 1.3 がお勧めだそうですが、細かく設定するためには、PowerPoint の [ホーム]→[段落] で表示されるポップアップウィンドウの [間隔]→[行間] で設定する必要があります。

B 自然な区切りでの改行……ことばのかたまりを意識して改行し、極端に短い行をつくらないようにすると読みやすくなります。

C 文字数が少ないときは広めの文字間……見出しや表の項目名など、2〜4 文字くらいの短いことばの場合、文字間を広げると見やすくなります。

D 強調の基本は太字、次に下線……文字の強調には太字を使い、例外的に長文に限って下線で強調し、斜体は英文以外では使いません。

E 数字を強調しても単位は小さめ……重要な数字は大きくしますが、その単位は小さくしてジャンプ率 (大小差) を高めます。

 フォントのようには悩まず、いつも使っていた PowerPoint のテンプレートについて、著者は、余計な装飾が多いので使わないことを勧めています。スライドマスターを使い、配色とフォントを事前に設定することを推奨しています。配色については、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの 3 種類を決めておくと良いそうです。

 フォントの件がすっきりしたので、もう少しデザイン関係の本も読んでみたくなりました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(データ活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

「くまとやまねこ」

20211107「くまとやまねこ」.png

湯本 香樹実 文
酒井 駒子 絵
河出書房新社 出版

 表紙になっているくまの物静かな雰囲気に惹かれて手に取ってしまいました。くまの肩にいることりは、くまとなかよしで、とても大切な存在でした。でも、タイトルに登場するのは、ことりではなく、やまねこです。

 これは、ことりがいなくなったとき、くまに寄り添うやまねこと一緒に歩きだしたくまの物語なのです。『寄り添う』と言うのは簡単でも、行動に移すのは難しいことです。

 やまねこの持っていた古いタンバリンは、やまねこもまた、くまと同じように悲しい思いをして、立ちどまってしまった過去を暗示しています。やまねこはそのとき、どのようにして再び旅に出たのでしょうか。旅に出たとき、前より強くなり、前より相手に優しくできるようになったのかもしれません。

 少し立ち止まる時間を自分と共有してくれるひとがそばにいるとき、ひとは再び歩きだせるのかもしれません。くまの再生物語の結末に描かれているのは、くまとやまねこのうしろ姿です。そのときのくまの表情がないだけに、自分なりのくまの笑顔を思い描くことができました。
posted by 作楽 at 00:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月23日

「夜ふけに読みたい 植物たちのグリム童話」

20211021「夜ふけに読みたい 植物たちのグリム童話」.png

グリム兄弟 著
井口 富美子 監訳
吉澤 康子/和爾 桃子 編訳
アーサー・ラッカム (Arthur Rackham) 挿絵
平凡社 出版

 タイトルのグリム童話とは、兄ヤーコプ (Jacob Ludwig Carl) と弟ヴィルヘルム (Wilhelm Carl) のグリム (Grimm) 兄弟がドイツ各地で民衆の口から丹念に収集して出版した「Kinder- und Hausmärchen (子どもと家庭のメルヒェン集)」のことです。グリム兄弟が存命中に初版から第 7 版まで出版されました。

 このシリーズは、第 7 版 (1857 年刊) がもとになっているようです。第 7 版では 200 を超えるメルヒェン (この本では、物語のことを「童話」だけでなく「メルヒェン」という、原語のカタカナ表記でも呼んでいます) が収められていますが、ここでは植物が関係する 22 篇が集められています。

 一般的には、第 7 版は、初版に比べ、残酷さがやわらいでいると言われています。たとえば、子供にひどい仕打ちをするのが初版では実の母親だったのが第 7 版では継母に書き換えられたりしたようです。そういったこともあってか、この本は、子供が読んでもいいよう、ルビが振られていたり、解説役を務める二匹の猫が登場したり、工夫されています。

 その猫たちの解説が意外にも簡潔で奥が深く、これらメルヒェンが生まれた背景を理解するきっかけになり、おとなでも楽しめました。たとえば、キッチンクロスや夏服で重宝すると常々思っているリネン。亜麻という植物の皮をはいで、きれいにしてから糸につむいで織るため、手間がかかるそうます。でも、丈夫で美しいため、ドイツでは高級リネンは輸出品の売れ筋で、亜麻糸つむぎはドイツのいいお嫁さんの条件だったそうです。

 亜麻が登場する 3 話のうち、2 話に糸つむぎが登場し、かつ対照的な展開になっています。「三人の糸つむぎおばさん」では、糸つむぎが大嫌いな怠け者の娘が、貧乏な家庭の出にもかかわらず苦労せずに世継ぎの王子と結婚し、糸つむぎから解放される話です。いっぽう「くず亜麻のお返し」は、同じく糸つむぎが大嫌いな怠け者の娘が登場しますが、こちらで結婚するのは、糸つむぎが嫌いな娘ではなく、彼女の女中です。亜麻にちょっとでもふしがあったら、雑にごっそり抜いてそばの床に捨ててしまう娘の亜麻をていねいに掃除して、きれいな糸につむいだあとで織りに出して、できた布ですてきな晴れ着を自分のために仕立てた女中の心がけを見そめた娘の婚約者が、娘に見切りをつけ、かわりに女中と結婚するという結末になっています。

 後者が勤勉を是とする寓話だとすれば、前者は棚から牡丹餅といった夢物語です (もちろん、前者の怠け者の娘にも良いところはあって、自分を助けてくれた人たちとの約束をきちんと守っています)。そして、これらの話に登場する花婿は、社会階級が異なります。おそらく、後者は中流階級で、前者は上流階級でしょう。だから、前者では、怠け者の娘が糸つむぎをせずに済むようになるわけです。口伝だけあって、なんとなく理にかなっていて、当時の暮らしが目に浮かぶようです。

 この亜麻の章のほか、草花の章、麦と野菜の章、果物の章、樹木と霊草の章があります。こういった分類の試みは個人的には好きです。もし、わたしが分類するなら、主人公が困ったときに助けてくれる者たちで分類してみたい気がします。そう思ったきっかけは、果物の章の「黄金の鳥」です。助けても助けても助言に従わない愚かな 3 人兄弟の王子たちを最後の最後まで見捨てない狐が登場するのですが、結末で意外なことを知り、珍しいパターンだと少し驚きました。そのほかの分類法を考えてみるのも、おもしろいかもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(海外の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月22日

「精神科医が教える ストレスフリー超大全」

20211022「精神科医が教える ストレスフリー超大全」.jpg

樺沢 紫苑 著
ダイヤモンド社 出版

 在宅勤務疲れを感じていたこともあり、ベストセラーになっていた本書を読んでみました。『超大全』と謳っているだけあって、人間関係、プライベート、仕事、健康、メンタル、生き方など幅広いジャンルが取りあげられ、それぞれの分野でストレスになりそうな原因ごとに対処法がアドバイスされています。

 頭の片隅というか、心のどこかで、そうしたほうがいいと思っていた対処法が多く、わたしにとっては、納得できるものでした。たとえば、『コンフォートゾーン (快適領域)』を出るべきという考え方です。いつも行く場所、いつも会う人、いつも食べるものではなく、初めての場所、人、イベント、お店などに出かけ、人生を楽しむべきかもしれないと思えました。

 ただ、わたしにとって馴染みのない考え方もありました。それは、幸せには種類があり、著者は、次の@からBの順序で実現することを勧めています。

@『セロトニン』的幸福
『やすらぎ』『癒やし』『気分』の幸福感のことで、『健康』を実感する幸福と言い換えることができます。ポジティブで前向きな気分に包まれるなら、セロトニンが分泌されていて、逆に分泌されていないと、『不安』『心配』『イライラ』といった状態に陥ります。(心や体の病気になると、セロトニンは低下します。)
 朝に散歩したり、マインドフルネスや腹式呼吸を実践したり、笑顔になると、セロトニン的幸福を手に入れることができるそうです。

A『オキシトシン』的幸福
『つながり』の幸福感のことです。
 スキンシップ、コミュニケーション、ペットとの触れ合いなどを体験したり、人に親切にしたり、親切にされたときにもオキシトシンは分泌されます。

B『ドーパミン』的幸福
『やる気』による幸福感です。達成感や高揚感に関連しています。
 社会的成功を手に入れたり、設定した目標を達成したり、運動したり、笑顔や瞑想によっても、ドーパミン的幸福を手に入れることができます。

 著者は、Bドーパミン的幸福に囚われ過ぎると不幸になりかねないと注意を促しています。このように理論的に優先順位を考えたことはありませんでしたが、健康だからこそ、周囲に優しくすることもできるし、仕事なども頑張れることを考えると、こういった順位づけは大切かもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月21日

「IPO セカンダリー株投資」

20211021「IPO セカンダリー株投資」.png

柳橋 著
すばる舎 出版

 タイトルを見て、意味が理解できませんでした。IPO (Initial Public Offereing:新規公開株式) であっても、セカンダリー (Secondary Market:流通市場) に入ってしまえば、ほかの株式と同じではないかと思ったからです。しかし、IPO から半年くらいは、ボラティリティが大きいなど IPO 株としての性質が意識され、このような呼ばれ方をするそうです。勉強になりました。

 ついでに、デイトレーダーの方々が IPO 株のどういったところを見ているのか、少し理解できました。著者の場合、次の 10 項目をもとに IPO 株が値上がりしやすいか判断されているようです。

@ 創業から 20 年以内の IPO か……これに該当すると、会社の勢いが評価され、人気株になる可能性が高くなります。逆に、上場廃止後の再上場や IPO 直前の社名変更などは、ネガティブな要素になります。

A 公募株比率が高く、売出株比率が低いか……その会社の経営者などが保有していた株が売り出される売出株比率が高いと、企業に資金が入らず成長が見込みづらいので、公募株比率が高いほうが評価されます。

B 上場市場がマザーズかジャスダックか……あくまで IPO 株の値上がりという観点からの評価項目です。新興市場のほうが、小規模な IPO が行われやすく、需要に対する供給が追いつかず、価格が高騰しやすくなります。ただ、誰もが知っている企業の場合は例外で、東証 1 部上場でも価格高騰が見込まれます。

C 業績が良好か……上場前数年間にわたって増収増益を続けている企業のほうが、当然ながら価格が高騰しやすくなります。

D 公募売出数が少ないか……著者の見解によると、マザーズやジャスダックの場合、需給バランスから 50 万株以下が望ましい規模です。

E 事業内容に新規性があるか……類似の企業が市場に存在しない場合、参考となる企業がなく、新たな適正価格を探ることになり、株価がオーバーシュートする可能性が高くなります。

F 市場からの資金吸収額が少ないか……需給バランスから、マザーズなら 30 億円以下、ジャスダックなら 20 億円以下の資金吸収額が著者のお勧めだそうです。

G 公開時時価総額が小さいか……需給バランスから、マザーズなら 200 億円以下、ジャスダックなら 100 億円以下の時価総額が著者のお勧めだそうです。

H ストックオプションリスクが小さいか……ストップオプションの付与数が多いと、上場後に大量に売却されることが見込まれ、上値が限定的になるためです。

I ベンチャーキャピタルリスクが小さいか……これもHと同じ理由です。ただ、ベンチャーキャピタルの場合、『ロックアップ』と呼ばれる、上場後一定期間あるいは一定の株価になるまでは売却できない制限があります。ロックアップとベンチャーキャピタルの持ち株比率を勘案し、どのくらい上値の重しになるかを見る必要があります。

 今のところ、こういう株式投資に興味はありませんが、これまでと毛色の異なる本に触れてみると、全然知らない世界を垣間見ることができ、良い頭の体操になりました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(経済・金融・会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

「使ってみたい 武士の日本語」

20211020「使ってみたい 武士の日本語」.png

野火 迅 著
朝日新聞出版 出版

 著者は、興津 (おきつ) 弥五右衛門の遺書を序文で紹介し、『ここで使われている日本語は、まさに死語を超えた遺物である。日常語よりは一段と堅苦しい手紙文とはいえ、これが 1.5 世紀前まで同じ日本に生きていた人間の言葉かと思うと、なおさら妙な心地にさせられる』と書いています。

 江戸時代が終わったのが、1868 年です。たとえば、「完訳 ナンセンスの絵本」に収録されている詩が 1861 年と 1871 年に出版されたものだということを考えると、なおさら妙な心地になります。現代の英語を覚えると、シェークスピア (1564-1616) の作品でもそれなりに読めますが、現代の日本語を覚えても、それとは別にかなりの労力をかけなければ江戸時代の日本語を理解できるようにはなりません。

 しかし、そんな昔の日本語が部分的に活用されている分野があります。現代の時代小説です。著者は、『時代小説は、いわゆる一般大衆向けの娯楽を志すいっぽうで、読者の国語力などはいっさい気にせず、好きなように古い日本語を駆使している。現代の日本語とは大きく隔たった侍言葉を、気分にまかせて現代語に織り交ぜながら、時代物テイストの決め手となる素材や調味料のように使いこなしてきた』としています。そんな侍言葉のテイストだけでなく、意味も知ってもらいたいという意図が著者にあるのか、この本で引用されている侍言葉は、時代小説から引用されています。

 わたしは、時代小説を読んだ経験がありながら、現代国語のなかに散りばめられた古い日本語が、その時代らしさを醸しているなどと気にしたこともありませんでした。当たり前過ぎて見過ごしてきたのだと思いますが、いったん気づいてみれば、形式にこだわらない自由な発想が生んだ工夫だと感嘆すると同時に、どのようにしてこれが当たり前のスタイルになったのか、気になりました。

 また、著者は、ここで侍言葉を取りあげると同時に、武士そのものを『一口にいえば、本音を型のなかに閉じこめた人々だった。じつに窮屈な生き方にはちがいないが、その窮屈さが武士を武士らしく見せていたことは間違いない』とし、『武士の外面を装っていた型は、武士の本質にほかならない』と語っています。

 そんな武士は、現代のわたしとは遠くかけ離れた存在に感じられます。しかし、著者が選んだ数々の『武士の日本語』をひとつひとつ追っていくうち、意外なことに、小さな歯車ですらない、わたしのような会社員と似た武士もいたのだと実感しました。

 たとえば、現代語『平社員』のもとになっていると著者が推測する『平侍 (ひらざむらい)』は、将軍や藩主に会うこと (会う資格のことを『目見え (めみえ)』といいます) も叶わない武士社会の底辺にいます。江戸時代の重職は、徳川幕府の創業期における貢献度によって定められた家格によって決まったもので、平侍は、よほど目覚ましい功績をあげないかぎり、『目見え以上』に仕える立場に甘んじつづけ、主君に会うこともなく終わりました。

 平侍は、『下士 (かし)』とも呼ばれ、そのうえには『中士 (ちゅうし)』、さらにうえには『上士 (じょうし)』がいて、下士と上士の年俸差は、驚くほどです。上士の禄高千石は、下士の禄高およそ五十石の 20 倍にあたり、現代の年収約 1680 万円に該当します。1680 万円の年俸は大したことがないように見えるかもしれませんが、下士の年俸が現代の 84 万円と考えると、いまの平社員が恵まれている気さえしてきます。

 さらに、財政危機に陥った藩の場合、藩士から禄の一部を借りる『借上げ』を行ないます。この借金が返済されることは、基本的になく、事実上の給与カットです。下級武士の俸禄は、米の現物支給で、この禄米は、春・夏・冬の三期に区切って支給されたため、『切米 (きりまい)』と呼ばれ、そのことから『借上げ』は、『切米取り』とも呼ばれました。下士の切米取りは、わたしにとって身につまされる話でした。

 そのいっぽうで、『素志 (そし) を貫く』(素志とは、つね日ごろから変わらずに抱いている志のこと)、『天稟 (てんびん)』(天性の才のこと。同類語に『才華 (さいか)』があります)、『外柔内剛 (がいじゅうないごう)』(外見の柔らかさに反して、内側に芯の強さを持っていること)、『洒々落々 (しゃしゃらくらく)』(度量が大きくて物事にこだわらない様子) など、良き人柄をあらわすことばも目につきました。品格ある行ないが求められた武士にふさわしい表現が数多くあったのかもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本語/文章) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月19日

「世界国勢図絵 2021/22」

20211019「世界国勢図絵 2021/22」.png

公益財団法人 矢野恒太 記念会 編集/出版

 毎年発行され、2021 年の出版行で第 32 版になります。わたしの目を惹いた特徴がふたつありました。ひとつは、サブタイトルとして「世界がわかるデータブック」と謳っているだけあって、世界のデータが網羅されていることです。もうひとつは、出所が明確になっていて、例外事項もある程度脚注で説明されている点です。

 それぞれの具体例を紹介すると、前者の網羅性の場合、巻頭にある世界の『独立国の国名と首都』一覧では、国名が日本語と英語が併記されていて、それぞれの正式名称を調べる手間を考えただけでも全世界が網羅されている価値があると感じました。

 後者の出所については、わたしが現在もっとも興味をもっている金融関連データを取りあげてみます。『主な国の公定歩合、政策金利』が 2016 年、2017 年、2018 年、2019 年、2020 年の各年末と 2021 年 3 月末で表になっています。脚注には、次の記載があります。
++++++++++
IMF Data "International Financial Statistics" (2021 年 6 月 1 日閲覧) により作成。同資料で Financial Interest Rates、Discount あるいは Financial Interest Rates、Monetary Policy-Related Interest Rate と記されているもの。# 印が Monetary Policy-Related Interest Rate。ほか、日本銀行「金融経済統計月報」(同年 6 月 1 日閲覧) により作成。日本は基準割引率および基準貸付利率 (従来「公定歩合」と記載)。中国には香港、マカオを含まず。ユーロエリアはリファイナンシング・オペレート。アメリカ合衆国は FF (フェデラルファンド) 誘導目標金利。
++++++++++

 これだけの情報が詰まっていると、どこでデータを取得できるか、該当データのフィールド名は何かが瞬時にわかるだけでなく、事前に知識がなくても、市場金利を誘導するための金利の名前が国によって違うことに気づくことができます。また、自国については日銀の情報も参考になること、そのなかのどこに着目すべきかも知ることができます。

 急にリサーチを依頼されたとき、対象を知らずとも、まずどこから当たればいいか、さっと見当をつけることができる便利な本だと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(データ活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

「図解作成の基本」

20211003「図解作成の基本」.jpg

吉澤 準特 著
すばる舎 出版

 図解作成の基本を伝授する本だけに、図解作成に必要な考え方が、ひとつの図にまとめられていて、それを見るとすべてが伝わるようになっています。

20211003「図解作成の基本」1.png

 最初に、キューブに注目します。ここでは、図解で押さえるべきポイント、(1) フォーム、(2) カラー、(3) ポジションそれぞれにおいて、基本のプロセス@からBを先に検討し、最後に必要に応じてCを加えることが勧められています。たとえば、(2) カラーの場合、白黒ベースの無彩色を基本とします。もし強調したい部分がある場合は、1 色だけベースカラーを選び、さらに複数を強調したい場合は、そのベースカラーに濃淡をつけて対応するというものです。もし、ベースカラーだけでは充分にアピールできない場合に初めて、ベースカラーと反対色にあたるアクセントカラーを用いる手順が登場します。

 必要最小限でスッキリさせるという、基本的な流れが (1) フォーム、(2) カラー、(3) ポジションで統一されていて、わかりやすいと思いました。

 次に、キューブの外側にある図形の使い方に注目します。図形ごとに何をあらわすかルールを定めることが勧められています。図形ごとに次のような意味づけが提案されています。(a) から (e) の範囲では、標準的な図形を使っていますし、意味づけの参考になると思います。

【a:情報や概念】
・四角形……具体性のある考え方、事実
・三角形……増加/減少、集中/拡大、上下関係、目標点
・丸四角形……抽象的な概念、主観的な意見、推測
・円・扇形……抽象度が最も高い概念、未確定な情報、割合

【b:つながる向きと強弱】
・線・矢印全般……順序、矢印方向への働きかけ、詳細、まとめ
・円弧・アーチ……線・矢印と同じ (円周に沿って配置)

【c:集合関係】
・かっこ全般……カサ内側の要素のまとめ、外側の包含関係

【d:時間の流れや変化】
・矢羽・ブロック吹き出し全般……時間の単位・流れ、結果

【e:理由や説明】
・吹き出し全般……理由や追加情報、憶測、心理的情報

 そのほか、図全体としてのパターンの使い分けについても、わかりやすく図になっていて、図解の要点が伝わってきます。

20211003「図解作成の基本」2.png

 いずれの図も、伝える力を見せつけるような力作だと思います。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(データ活用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

「世界の日本人ジョーク集」

20211002「世界の日本人ジョーク集」.png

早坂 隆 著
中央公論新社 出版

 著者は、『日本人ジョークは日本に対するイメージの発露であり、日本人独特の普遍性を含む結晶なようなもの』と、まえがきで語っています。的を射た意見だと思います。

 自分を含む日本人がどう見られているかに注意を払ってジョークを読み進めたなかで、わたしたちも、そろそろ変わるべきだと思ったのは、集団行動に関するものでした。
++++++++++
 ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。船長は乗客たちに速やかに船から脱出して海に飛び込むように、指示しなければならなかった。
 船長は、それぞれの外国人乗客にこう言った。
 アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄ですよ」
 イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」
 ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」
 イタリア人には「飛び込むと女性にもてますよ」
 フランス人には「飛び込まないでください」
 日本人には「みんな飛び込んでますよ」
++++++++++

 ダイバーシティやインクルージョンを目指すなら、もうひとつ変わる必要があると思ったのは、議論をしていく姿勢だと思います。
++++++++++
 国際会議において有能な議長とはどういう者か。
 それはインド人を黙らせ、日本人を喋らせる者である。
++++++++++

 働きすぎを揶揄される次のようなジョークも身に沁みました。
++++++++++
 イソップ寓話のアリとキリギリス。世界の国々ではこんな話になるだろう。
 アメリカの場合。
 ヴァイオリンばかり弾いていたキリギリスだが、その腕前がテレビプロデューサーの目に止まり、一躍スターに。キリギリスは大金持ちとなった。
 旧ソ連の場合。
 アリは玄関先で倒れていたキリギリスを助け、食べ物を分け合う。しかし、結局は食糧が足りなくなり、アリもキリギリスも死んでしまう。
 日本の場合。
 アリもキリギリスもカロウシする。
++++++++++

 わたしが一番気に入っているというか、揶揄されても一向に暗い気持ちにならなかったのは、ベストセラーに関するジョークです。
++++++++++
 それぞれの国で最も読まれている書物とは?
 アメリカ……新約聖書
 イスラエル……旧約聖書
 イスラム諸国……コーラン
 日本……マンガ
 中国……毛沢東語録

<結論>世界で読まれているのはファンタジーばかりである。
++++++++++
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(欧米文化) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

「プロフェッショナルの言葉」

20211001「プロフェッショナルの言葉」.png

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』制作班 著
幻冬舎 出版

 番組制作班によってまとめられた 81 の仕事訓が載っています。知人から譲り受けたことをきっかけに読んだのですが、人によって響くことばは違うのだと実感しました。その知人はわたしと違って、自己肯定感がとても強く、常に人と接する仕事をしているからか基本的に人の助言には耳を貸しません。

 そんな知人に響いたことばのひとつは、企業再生弁護士の村松謙一氏のことば『情けは人のためならずってね。それは依頼者に教えてもらったんだよ』です。経済合理性が叫ばれる今でも、小さな思いやりが世の中を巡っていくと信じる村松氏の信念に共感したようです。

 また、『批評家になるな。いつも批判される側でいろ』ということばを伝えた脳神経外科医の上山 (かみやま) 博康氏の『こと患者さんに関わる問題となると、自らが正しいと信じる意見を絶対に曲げ』ない姿勢にも感銘したようです。

 翻って、わたしが共感できたのは、『やんなきゃいけないところに自分を追い込んで、どれだけ粘れるか。理由や言い訳は幾らでもある。ヘボが作る映画は、ヘボなんだよ』という宮崎駿監督のことばや、『私にできることは、最後の最後まであきらめないことだけだから』という海獣医師、勝俣悦子氏のことばです。諦めそうになったその先で差がつくと普段から思っているから、響いたのかもしれません。

 また、『結果が出なくなったときには、今まで思い続けてきたことを、どれだけ思い続けられるかが大事です』ということばは、品格を失ったら、それはもう仕事ではないのではないかと疑問に思うことの多いわたしに『思い続けてきたこと』を思い出させてくれました。このことばを発した祖母井 (うばがい) 秀隆氏は、サッカークラブでジェネラル・マネージャーを務めながら、プレーに表れる選手たちの「人となり」が与える感動を観客は望んでいると考えていました。そして、チーム成績が振るわなかったある時期、いわくつきの選手を獲得するかどうか迷っていました。その選手は、フランスでは知らぬ者のいないトップクラスでしたが、以前移籍を打診した際に、陰で別のクラブとも交渉し、天秤にかけていたひとです。結果的に交渉を打ち切った祖母井氏は、組織の居住まいを正したのです。

 そして、石橋を叩いて割ってしまい渡れなくなると揶揄されたわたしは、左官の挟土 (はさど) 秀平氏のことば『臆病な奴が勇気を出すからいいんです。臆病な奴が勇気を出してチャレンジするから、成功するんです』ということばにも励まされました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする