2021年09月17日

「金融読本 第 31 版」

20210917「金融読本」.png

島村 嘉/中島 真志 著
東洋経済新報社 出版

 初版が出版された 1950 年から、70 年にわたって改訂されつつ読み継がれてきたことに納得できる内容でした。金融業務、金融市場、金融機関、金融政策など基本的分野を俯瞰できるだけでなく、デリバティブや証券化といった比較的新しい金融手法やフィンテック・仮想通貨 (ブロックチェーン) といったテクノロジー関連の話題も盛り込まれています。また、過去の変遷を振り返る『補論』というセクションがあり、知らなかった経緯を理解したことにより、現状に納得できた部分もありました。

 体系的に金融について学んだことがないので、この本を読むことにより、自らの視野の内と外を知ることができたのは有益でした。こういう本を一冊読んでから、必要な分野のみ深掘りするといった勉強をすれば良かったと、今更ながら自らの手際の悪さに気づけました。

 わたしはこれまで、政府・政策にかかわるものに縁がなかったように思います。たとえば、量的緩和で問題になるマネーストック (マネーサプライ) が次のように分類されているなどと思いもしませんでした。

20210917「金融読本」1.png

 それぞれ、次のように定義されています。

M1……最も容易に決済手段として用いることができる現金通貨と預金通貨とから構成されており、最も狭義の指標となります。

M3……M1 に準通貨 (定期性預金) と CD (譲渡性預金) を加えた、より広義の指標となっています (M1 と M3 は、いずれも全金融機関を対象としています)。

M2……M3 と金融商品の対象は同じですが、金融機関の範囲が限定されています (集計に時間を要するゆうちょ銀行と系統金融機関の預貯金が除かれています)。

広義流動性……M3 に比較的流動性が高い金融商品 (国債、外債、金銭の信託、投資信託、金融債など) を加えた最広義の指標です。金融商品を幅広く集計しているため、金融商品間のシフト (預金から投資信託へなど) の影響を受けにくいという特徴があります。

 日本銀行の Web サイトでは、最新の情報を見られるようになっていて、マネーストックが積みあがっていることを確認できます。

 また、通貨供給量だけでなく、貸出ファシリティ (中央銀行が金融機関からの申込みに応じて、あらかじめ決められた金利で受動的に貸付を行なう機能) と預金ファシリティ (中央銀行が金融機関からあらかじめ決められた金利で受動的に預金の受入れを行なう機能) を使って、その範囲内でのみ市場金利が動くよう誘導していることも初めて知りました。

20210917「金融読本」2.png

 仕事柄、法規制にばかり目が行っていましたが、全体に目を配ることも大切に思えました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(経済・金融・会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

「自動翻訳大全」

20210916「自動翻訳大全」.jpg

城西 優/山田 優 著
三才ブックス 出版

 ニューラルマシントランスレーション (NMT) が登場してから、機械翻訳が巷に浸透している印象を受けますし、『ポストエディット』という仕事も頻繁に見かけるようになりました。

 ただ、わたしは、NMT を見よう見まねで使っているレベルで、押さえるべきポイントを押さえれば、もっとパフォーマンスをあげられるのではないかと常々疑問に思っていました。

 その疑問の一部に答えてくれたのが、この本です。英日翻訳の『ポストエディット』にばかり目が行ってましたが、英日にしろ日英にしろ、『プリエディット』が大切なのだと気づくことができましたし、その注意点もある程度把握できたので、便利な本だと思います。

 たとえば、英日翻訳を NMT に任せる前に、文の区切りを明確にすること (文末にピリオドがないときはピリオドをつける、主節と従属節を分ける位置に改行を挿入する、またカンマのあと and が続くときはカンマの前で改行を挿入して並列節も分けるなど) が有効です。

 逆に日英翻訳の場合は、固有名詞を最初からアルファベット表記にしておくと翻訳の精度があがる傾向があります。また、英語と日本語の違いを意識して、英語文の構造で日本語を書いておくことも有効です。たとえば、日本語では主語を省く傾向がありますが、都度主語を明記することにより、誤訳が減ります。

 さらに、自動翻訳というより、ツールの組み合わせの妙にも気づかされました。音声を翻訳する場合、音声翻訳ソフトを使うことを考えがちですが、接客ではなく会議の場面では、Google ドキュメントの音声入力を使って文字起こしをしてから、Google 翻訳を使う方法をすすめています。文体や文の長さから想像して、そのほうが良さそうな気がします。

 こうして書籍としてまとめられてあると効率的にコツを吸収できるので、好都合です。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(英語/翻訳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

「洗脳 スピリチュアルと妄言の精神防衛テクニック」

20210915「洗脳」.png

米地 英人 著
三才ブックス 出版

 2021 年 1 月 6 日、米国議会議事堂が襲撃される事件が起こり、その映像を見てから、『洗脳』というものが気になっています。その人なりの信念や事情があって違法行為に手を染めたとしても、証拠を残したくないという心理が働くと想像していましたが、彼らは自らの襲撃をスマホで記録し、SNS に投稿すらしていました。そんなことをしたのは、洗脳状態だったからだろうかという疑問をもったのです。

 脳機能学者、計算言語学者、分析哲学者などの肩書をもつ著者は、脱洗脳の専門家としてオウム事件の捜査に貢献した実績があり、軍や政府関係者がテロリストらに洗脳されることを防ぐ洗脳プログラムを開発した経験もあります。

 著者によると、洗脳では、3 つの概念、@変性意識、A内部表現の書き換え、Bアンカーとトリガーの埋め込みが重要になるそうです。

 わたしがイメージしていた『洗脳』は、この『内部表現の書き換え』に該当するようです。これは、自らつくり上げたイメージを、洗脳したい相手の心に植え付ける、要は相手にも自分が見ているイメージを見させて、なおかつそれを操作することだと著者は説明しています。

 そしてその『内部表現の書き換え』を行なうには、『変性意識』状態が必須になるそうです。『変性意識』とは、いわゆるトランス状態のことを指し、臨場感 (=リアリティ) を感じている世界が物理的な現実世界ではなく、仮想世界にある状態のことだといいます。

 『変性意識』状態で、『内部表現の書き換え』を行なう際、鍵となるのは、ホメオスタシスです。辞書では『生物体の体内諸器官が、外部環境 (気温・湿度など) の変化や主体的条件の変化 (姿勢・運動など) に応じて、統一的・合目的的に体内環境 (体温・血流量・血液成分など) を、ある一定範囲に保っている状態、および機能。哺乳類では、自律神経と内分泌腺が主体となって行われる。のち、精神内部のバランスについてもいうようになった。』とあります。洗脳者が被洗脳者のホメオスタシスに同調させることにより、『内部表現の書き換え』を実現させやすくなるそうです。

 ただ、洗脳者がいなくなると、ホメオスタシスは『正常な状態』に戻ろうとし、『内部表現の書き換え』が持続しません。それを阻止し、被洗脳者のホメオスタシスの働きそのものを書き換えるのがアンカー (記憶すること) とトリガー (引き金となること) だそうです。

 オウム真理教の場合、LSD を使って信者に至福体験を施し、その間ずっと教祖が唱えるマントラのテープを流し続けたり、教祖の顔写真を壁に貼り付けたりしてました。すると、信者はマントラを聞いたり、教祖の顔を見たりすると、LSD で得た快楽体験が蘇ってきます。この場合、教祖の声や顔が『トリガー』で、快楽体験が『アンカー』です。

 アンカーとトリガーの効果を持続させるために、トリガーを日常生活のなかで繰り返す出来事 (シャワーを浴びるなど) に設定しておき、何度もアンカーを発動させて、トリガーとアンカーの結びつきを強化させていくそうです。

 米国議会議事堂を襲撃した人たちが洗脳状態にあったと仮定すると、SNS などインターネット越しに『変性意識』状態に陥ったということなのでしょうか。あるいは、そもそも洗脳ではなかったのでしょうか。疑問は残りますが、こうした洗脳のメカニズムを知って、自分自身が洗脳されないようにすることのほうが大切かもしれません。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

「一人称単数」

20210914「一人称単数」.png

 以下を収録しているこの本のタイトルが、どのようにして決まったのか想像してみました。短篇集にまとめようと思った作品のなかの 1 篇のタイトルを本のタイトルとしたのではなく、(『ぼく』という表記を含めて) どれも『僕』が語っている七篇を集め、「一人称単数」という短篇を書き下ろして加え、それを本のタイトルにしたのではないかと思います。

- 石のまくらに
- クリーム
- チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ
- ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles
- 「ヤクルト・スワローズ詩集」
- 謝肉祭 (Carnaval)
- 品川猿の告白
- 一人称単数

「一人称単数」は、このなかで唯一『僕』ではなく『私』が語っています。どの主人公も村上春樹氏の声が語っているようにわたしには聞こえますが、「一人称単数」だけ、読者を前にして、公的ともいえる作家という立場で語っているから『私』であり、残りの作品は、個人的な部分を身内に語っているから『僕』ではないかと想像しています。

 「品川猿の告白」では人間のことばを流暢に操る猿が登場しますし、もちろん分類としてはすべてフィクション作品なのでしょう。それでも、どの作品にも作家の声が強く響いているようにしか感じられません。「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」にある架空のレコード批評など、氏が 20 代で書いていそうに見えます。

 ただ、これら八篇のうち、文中で『村上春樹』と明記され、氏が語っていると明らかになっているのは、「ヤクルト・スワローズ詩集」だけです。これは、1982 年に氏が世に出した詩集 (東京ヤクルトスワローズの公式サイトに掲載された『村上春樹さん応援メッセージ』において、野球観戦時に書き綴った詩を『半分くらいは冗談で』詩集にまとめたと書かれている自費出版の詩集のこと) のことが書かれていて、エッセイのようにも読めます。

 わたしが一番気になった作品は、「クリーム」です。18 歳の『ぼく』が奇妙なできごとをきっかけに老人と出会い、『中心がいくつもあって、しかも外周を持たない円のこと』について考えるよう促されます。外周を持たない時点でそれはもう円ではないと思うのですが、老人は、その難題に知恵で立ち向かうよう言ったあと『時間をかけて手間を掛けて、そのむずかしいことを成し遂げたときにな、それがそのまま人生のクリームになる』と語ります。

『ぼく』は、その難題を抱えたまま長い年月を過ごし、答えに辿り着かないものの、ひとつの推論に達します。『それはおそらく具体的な図形としての円ではなく、人の意識の中にのみ存在する円なのだろう。ぼくはそう思う。たとえば心から人を愛したり、何かに深い憐れみを感じたり、この世界のあり方についての理想を抱いたり、信仰 (あるいは信仰に似たもの) を見いだしたりするとき、ぼくらはとても当たり前にその円のありようを理解し、受け容れることになるのではないか』と。

 老人の考えも『ぼく』の考えも、クリアに理解できたという実感はないのですが、『クリーム』という、泡立てる手間も時間も必要とするものの喩えに惹かれました。

 わたしが結果的に多くの村上作品を読むことになったのは、こういった想像やちょっとした感想が自然と湧いてきて楽しいからだと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本の小説・村上春樹) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月30日

「ちょっとフレンチなおうち仕事」

20210830「ちょっとフレンチなおうち仕事」.png

タサン 志麻 著
ワニブックス 出版

『予約がとれない伝説の家政婦』として有名な著者が、自身の暮らしぶり、フランスの家庭料理、重宝している料理道具や調味料など幅広く紹介しています。

 今回初めて知ったのですが、レストランでよばれるコース料理と違って、フランスの家庭料理は意外にも手軽な (やや時間はかかるものの手間はそうでもない) レシピが多いそうで、そのことには驚きました。『大根と牛肉のブレゼ』のレシピなどは試してみたいと思えるほどでした。

 また、伝説の家政婦さんは、わたしが知らないような特別なものを使っているに違いないと思い込んでいましたが、限られた料理道具と調味料を最大限活用されていると知り、自分の想像が理屈に合っていなかったことに気づけました。料理をしないわたしが一番使う道具、サラダスピナーさえ、著者は使われていないとか。サラダを作るときは、野菜をざるに入れて、ボウルでふたをして上下に振るそうです。

 料理人と家政婦という、異なる考え方が求められる役割をそれぞれにこなされてきた著者の柔軟性を素晴らしいと思うと同時に、著者は、制約のあるなかで結果を出す家政婦というお仕事に挑戦する楽しさを見いだされたのかもしれないとも思いました。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

「女は三角 男は四角」

20210829「女は三角 男は四角」.png

内館 牧子 著
小学館 出版

 この著者のエッセイを見かけるとつい読んでしまうのは、彼女の考え方に共感できるだけでなく、話にちゃんとオチがあったり、自虐ネタがあったり、なんとなく関西での暮らしを思い出させてくれるからかもしれません。

 この本の自虐ネタで大いに笑わせていただいたのは、化石を作ろうとした彼女の体験談です。小学校 4 年生か 5 年生のころ、石のかけらにくっきりと葉っぱの模様がうつった化石を見て羨ましく思い、平べったい石を家の裏庭に並べ、その上に葉っぱを乗せ、飛ばないように別の石でおさえておいたそうです。

 それらの石が化石になっていないか頻繁にチェックしながら、周囲に「今、化石作ってんの。もう少し待っててねッ。今、毎日水かけてるから早くできると思うよ」と、言っていたそうです。中年になって、そのことを蒸し返されても、エッセイに活用し、そのうえ子供たちのいじめ論議に発展させる手腕は、あっぱれです。

 転んでもただでは起きぬ姿勢を見習いたいものです。
posted by 作楽 at 20:00| Comment(0) | 和書(エッセイ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月28日

「ちいさなちいさなえほんばこ」

20210828「ちいさなちいさなえほんばこ」1.png20210828「ちいさなちいさなえほんばこ」2.png
20210828「ちいさなちいさなえほんばこ」「アメリカワニです、こんにちは」.png20210828「ちいさなちいさなえほんばこ」「ジョニーのかぞえうた」.png20210828「ちいさなちいさなえほんばこ」「チキンスープ・ライスいり」.png20210828「ちいさなちいさなえほんばこ」「ピエールとライオン」.png


モーリス・センダック (Maurice Sendak) 作
神宮 輝夫 訳
冨山房 出版

 ベストセラー中のベストセラーと言っても過言ではない「かいじゅうたちのいるところ」の作家が描いた 9.5cm × 7cm の絵本が 4 冊、子供だけでなくライオンやワニも読書にいそしむイラストの箱に入っていて、絵本箱になっています。

 4 冊の 1 冊目「アメリカワニです、こんにちは」は、かるたのように A から Z までのイラストとそれに添えられたひと言があります。A の alligator で始まり、Z は、Zippity Zound です。Z に添えられたことばは『"ほんとにびっくり"、このかぞく。/「アメリカワニです、こんにちは。」』というもので、このなかの "ほんとにびっくり" が Zippity Zound です。Zippity Zound なんてことば、初めて知りました。

 アルファベットごとのことばが変わっていて、Y には yackety-yacking (『だって、これだもんね。おとなのくせして、"べちゃくちゃおしゃべり"。』) が選ばれています。これは、子供ワニが父母ワニにうんざりしている場面ですが、子供ワニのやっかいなところも結構選ばれています。D の dish では『ちえっ、"さら"ふき。』と、皿ふきをさせられた子供が愚痴り、F の fool では『いつまで "ふざける"つもりかねえ。』と、ポニーに乗るように父ワニに乗っている子ワニが描かれ、T の tantrum では、『ほうら、また、"かんしゃく"。』と、父ワニが子ワニのかんしゃくに耳を塞いでいます。

 2 冊目の「ジョニーのかぞえうた」は、『1(いち) にんまえの ジョニーくん、/ ひとりぐらしを していると、』で始まり、『2(に) げこんできた こねずみが、/ たなのうえに とびのって、』と、呼ばれもしない客が 10 の音まで増えるさまが描かれ、そこから数は減少に転じ、1 に戻るという数え歌です。

 3 冊目の「チキンスープ・ライスいり」は、January から December までの各月にライス入りチキンスープが登場する歌 (詩) が描かれています。チキンスープは『ユダヤ人のペニシリン』 (薬膳料理といった位置づけなのでしょう) とも呼ばれる料理で、ユダヤ系移民であるセンダックにとって特別な意味をもつ味だから、この作品が生まれたのかもしれません。

 スープを避けたくなりそうな時季 8 月もチキンスープへの愛が語られています。『AUGUST は 8 がつ。/ かんかんでりだね、このつきは。/ ぼくらは みんな、/ まるで おなべさ あつくって、/ なんの おなべって そりゃ もちろん、/ チキンスープ・ライスいり。/ 1 かい ぐつぐつ / 2 かい ぐつぐつ / ぐつぐつと によう / チキンスープ・ライスいり。』

 4冊目の「ピエールとライオン」は、何を言われても『ぼく、しらない!』しか言わないピエールがライオンに食べられる話です。この作品の副題は『ためになるおはなし』です。センダックも子供には手を焼き、こんな結末を夢見たのだろうかと思わずにはいられない結末です。

 どの作品も、ステレオタイプではないところが好きですが、一番のお気に入りは、「ジョニーのかぞえうた」が『1(いち) にんまえの ジョニーくん、ひとりぐらしに もどって、/ やっぱり ひとりが / いちばんだあい!』と結ばれているところです。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月27日

「1 日誰とも話さなくても大丈夫」

20210827「1日誰とも話さなくても大丈夫」.png

鹿目 将至 (かのめ まさゆき) 著
双葉社 出版

 完全在宅勤務も 1 年半を過ぎ、この先もこれが続くと思うと、さすがに気が滅入ることもあり、ほかの人たちは、どのように在宅勤務をやり過ごしているのか気になって、この本を手にとりました。

 著者は、メンタルヘルスケアの専門家 (精神科医) ですが、難しい話はなく、そんなに簡単なことなら試してみようかと思うレベルのことが載っています。

 たとえば人は、肉を食べると幸せを感じるようにできているという話があります。肉は、中枢神経系において快楽に関する役割を担っている『アナンダマイド』という物質に変化することがわかっています。また、心の安定をもたらす『セロトニン』の材料になるトリプトファンという必須アミノ酸は、牛や豚などの赤身肉やレバーに多く含まれていることも理由としてあげられています。食事に肉を取り入れるのは、気軽に実践できそうです。

 著者のおすすめで一番わたしが意外に思ったのは、『ひとりごと』です。ひとりのときに思わず何かつぶやいてしまうと、なんとなく自分が危ない人に思えてくるのですが、そうでもないようです。たとえば、月や星などを見て、綺麗だとかすごいとかつぶやけば、本人に好影響を及ぼすらしいのです。脳科学では『人間の脳は主語を理解できない』説があり、美しい星に向かってつぶやいたことばも自分に向けたポジティブワードとして脳が受け取るというわけです。少なくとも、前向きなことばについては、ひとりごとも危なくないわけです。

 在宅勤務という習慣が続くと決まったいま、できることから取り入れたいと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

「乱心タウン」

20210807「乱心タウン」.png

山田 宗樹 著
幻冬舎 出版

 日本ではあまり聞かないゲーテッド・コミュニティが舞台になっています。『マナトキオ』と名付けられたこのゲーテッド・コミュニティは、総面積が 50 万平米で、区画あたりの面積は最低 200 坪、周囲に高さ 3 メートルの壁を張り巡らし、出入り用のゲートに警備員を常駐させ、セキュリティに万全の体制を敷くという、本格的な仕様です。

 郊外の『マナトキオ』から都心までヘリコプターで行き来する住人も多いのですが、そんな超高級住宅街が日本にあったとして、どんな人たちが住むのか、わたしには具体的に想像することはできません。でもライトというかシンプルなこの小説は、『マナトキオ』のなかは奇矯で、そとは真っ当という構図で対照的に描いています。

 マナトキオの人々は、権力や金銭や異性などに極度に執着し妄想に走っているいっぽう、そとの人々は家族や正義など大切なものを失わないよう踏ん張っていて、両者のあいだで揺れて行き来する人々もいれば、一見そとの人に見えたのに実はなかの人というケースもあります。群像劇のように見えなくもありません。

 多くの読者が共感するであろうそとの人々に、さまざまな困難が降りかかりますが、最悪の事態は起こらず、普通の暮らしを肯定しているといっていいと思います。

 伏線が張られていたり、意外な結末があったり、楽しめる要素もいろいろありましたが、全体としては物足りない印象でした。理由は、この小説のなかにある単純な社会のドタバタ劇にリアリティを求めてしまったことだと思います。展開のテンポも良く、ドタバタを純粋に楽しめるよう工夫された作品なので、これはわたしの性分の問題だと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 和書(日本の小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月06日

静穏の祈り

20210806「それはあくまで偶然です」.png

 わたしにとって当たり前すぎることが延々と続き、途中で読むことを投げ出してしまった本に「それはあくまで偶然です」があります。トロント大学で統計学を専門にしているジェフリー・S・ローゼンタール教授が、何か行動を起こしたからといって、宝くじに当たる確率は変わらないといった、理論的には当然だと思えることを説明してくれる本です。

 最後まで読めなかったのですが、著者が深い感銘を受けてきたという『静穏の祈り』が最初のほうで紹介されていて、それには衝撃を受けました。『自分に変えられないことを静穏に受け入れる力と、変えられることを変える勇気と、両者の違いを知る知恵をお与えください』と神に願うものです。

 このみっつのものが手に入るのなら、わたしも神を信じるかもしれません。この祈りは、1932 年にラインホルド・二ーバーが書いたとされているそうです。この本で参照しているのは、The Chronicle of Higher Education の記事 Who Wrote the Serenity Prayer? です。

 この記事の著者 Fred R. Shapiro によると、『静穏の祈り』は、1932 年から 1933 年にわたって 5 つのバージョンが存在し、そのもっとも古いと著者が考えるバージョンから、ラインホルド・二ーバーが最初だったと立証されたようです。

 そうありたいと願う、心にしみる祈りだと思います。
posted by 作楽 at 21:00| Comment(0) | 本で興味をもったことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする